2017年06月26日

ドキドキお兄

今日は、ポコだけ連れて大学病院に行ってきました病院


前回の診察は3月四葉
次回は9月の予定だったのですが紅葉


最近ちょっと気になることがあって、循環器科の診察をお願いしましたひらめき


気温が上がってきてから、呼吸数が早くなることがあって
いわゆる「息が上がる」状況が増えてきましたグッド(上向き矢印)


「パンティング」といって、犬はお散歩の時や
また特に理由が無くてもたまに口を開けてハアハアする事があるのですがキスマーク
問題の無いパンティングであれば、放っておいてもじきに治まります猫(足)


先日、車でちょっと長い外出をした時に車(セダン)
車中でハアハアしだして落ち着きが無くなり
携帯ボンベの酸素を吸わせてもニトロスプレーを使っても治まらず犬(泣)
「まさか肺水腫かexclamation&question」と心配する場面がありました顔(汗)

その時は、車を止めて休ませて、持参していた吐き気止めを使って
しばらくしたら落ち着いたのですが・・・くすり


お散歩も、最近は早朝の気温20℃くらいの時に行っているのですが
今までは歩行中はハアハアしても犬(足)
帰宅してハーネスを外したりしている間に落ち着いていましたが
このところ、治まるまでの時間がちょっと長くなった様な・・・あせあせ(飛び散る汗)


大学病院に行くのもバスや電車で移動するのでバス電車
本格的に暑くなる前に心臓病が進行していないか確認していただきました目


結果は、心臓に関しては3月から大きな変化は無いとういうことでした手(チョキ)
良かった〜揺れるハート


ただ、以前から高めだった腎臓の数値が上昇していてグッド(上向き矢印)
今回はCREも2.0を超えていたので要注意
ポコは、両腎に結石が有るんです爆弾
飲水量やオシッコの回数と量にも気を付けたいと思いますたらーっ(汗)


それにしても月曜日の大学病院は混んでますあせあせ(飛び散る汗)
9時の予約で行って、予診に呼ばれるまで30分以上
犬を預けての検査に1時間以上かかって
主治医の先生の結果報告まで更に30分以上・・・ふらふら
朝一番で行って、帰宅したら昼過ぎでしたダッシュ(走り出すさま)


3772.jpg


良くがんばって偉かったね四葉


3773.jpg


ツキスミもお留守番ご苦労様家


梅雨時もみんなでがんばっていこうね顔(笑)




ニックネーム 雨 at 16:23| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

老犬力

先日、夕方お散歩に行こうとしたら犬(足)


3769.jpg


準備万端のツキスミが大騒ぎしてるのに、ポコが来ない失恋


いや、お散歩に消極的なのはいつものことなんですがあせあせ(飛び散る汗)

どうやら寝ていて気付かなかったらしい眠い(睡眠)


3767.jpg


お目覚めですか?


3768.jpg


具合が悪い訳ではなさそうです猫(足)



お散歩に行きますと・・・犬(足)





例によって往路は省エネな歩き方ですがカメ





復路は別犬の様に軽快な歩みるんるん



ポコが若い頃は、いつも飼い主を引っ張る位にずんずん進んだものですがダッシュ(走り出すさま)

年を取るにつれて、無駄な力を使わなくなってきたというか犬(怒)



「老人力」ってご存じですかひらめき


20年位前に、「路上観察学会」の赤瀬川原平が提唱して、ちょっとブームになりました本


年を取ることで起こる「もの忘れ」などの変化を紅葉

「衰え」としてネガティブにとらえるのではなくてバッド(下向き矢印)

「老人力がついた」と逆転の発想で明るくポジティブに表現した名言だと思いますぴかぴか(新しい)



ポコも13歳半で、かなり老犬力がついてきました王冠


先日、親戚会でツキスミと飼い主が外出した時のことバス

帰宅途中で雨が降り始め、最寄りの駅についたらザーザー降り雨

雷もドンガラ鳴って嵐みたいでした雷

雷が少し治まるまで駅で待ってましたが、留守番のポコが心配であせあせ(飛び散る汗)

ひとりぼっちで震えているだろうと思って雨の中帰宅してみれば・・・ダッシュ(走り出すさま)

飼い主の帰宅にも気づかずに爆睡してました〜眠い(睡眠) 顔(なに〜)




ポコの老犬力


 ●耳が遠くなった 右 雷や玄関のピンポンに動じなくなった

 ●足腰が弱くなった右 無理に走ったりせず省エネ歩行ができる

 ●目が悪くなった 右 飼い主がスッピンでも世界一の美女に見える
             ・・・か、どうかはさておき顔(ペロッ)



犬は人間よりも早く年を取りますが犬(足)

「あれも出来なくなった」「これも無理になってしまった」と嘆くよりももうやだ〜(悲しい顔)


「ウチの子も立派な老犬力がついてきたな紅葉」と思って


笑って一緒に歩いて行けたらいいな〜と思います犬(笑)



だって、そもそも飼い主の方が最近もの忘れがひどくて失恋

私、しっかり老人力がついてます手(グー)





ニックネーム 雨 at 12:00| Comment(2) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

気象病

東京に大雨が降った翌日雨

この日は晴れて気温が急上昇しました晴れ


ツキスミは寝起きから妙にテンションが高めグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

こういう時は怪しいな〜あせあせ(飛び散る汗)と思いつつお散歩に出ると犬(足)

いきなり左側の肢がもつれた様にギクシャク猫(足)

どうやら神経発作が起きた様です爆弾


3343.jpg


幸い発作は数分で治まり、その後元気に散歩してしっかりウンチも出ましたがフン

帰宅後も何となく変な感じなのか、急におとなしくなりましたバッド(下向き矢印)


この日、飼い主は人間ドック病院

ツキスミが気になりつつ、数時間留守にして帰宅すると・・・家


いつもなら、玄関のカギを開く音に反応して騒ぐツキスミの声がしないパスワード


3544.jpg


リビングに入って行っても、ポコしかいない失恋


ツキスミを呼びながら探すと、バリケンの中に入ってじっとしてました目

まだ何となく気分が悪かったのかもしれません犬(泣)



人間でも最近は「気象病」なんて言ってひらめき

気象の変化によって症状が出たり、病状が変化したりする事があると言われてますよねグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)


どうやら気圧や気温、湿度の変化が体に影響を及ぼすらしく晴れ雨

飼い主も低気圧が来ると頭痛がしたり、急に晴れて気圧が上がるとめまいがしたりしますふらふら

特に持病が無くてもそうなんですから、持病の有るポコツキスミには要注意手(パー)

そういえばシオンも、大雨や台風の後に急に晴れた日には
発作を起こす事が多かった気がします爆弾

心臓病の子も、天気の変化の大きい時に発作を起こす事があるとか失恋



これからは夏場にかけては台風など気候の大きな変化が多い季節台風

お天気の変化は避けられないけど、犬の体調や様子に気を付けたいですね四葉




ニックネーム 雨 at 13:03| Comment(0) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

追っかけ

家事を終えた飼い主がちょっと休憩しようとすると・・・いす





寝ていたはずの兄妹が必ず追っかけて来ます犬(足)



と言っても、我が家は都心の狭小住宅家

犬が日中を過ごすリビングとダイニングを合わせても
ほんとーにチワワの額ほどの面積しかありませんあせあせ(飛び散る汗)

わざわざ追っかけて来なくても、犬のベッドからでも
飼い主の動向は常に目に入る距離です目


こーちゃんが居る頃は、飼い主の追っかけはこーちゃんの専売特許で犬(笑)
いつでも必ずそばにくっついて歩いていたんですがダッシュ(走り出すさま)
当時のポコとツキスミはこんなに後追いはしなかったと思うんですよね


病気の子だと思うものだから、ついつい飼い主が気にして
常に様子を見たり声を掛けたりする内に演劇
段々追っかけがひどくなってる気がします顔(汗)


分離不安にさせるのは本犬の為に良くないとは思うのですが・・・犬(怒)


でも、もしかして・・・


4匹だった家族が3匹になり2匹に減っていく中で犬(足)

「一緒に暮らしていても、いつか突然いなくなってしまうかもしれない」犬(泣)

と心配しているのかな、なんて思ったりして失恋



心配しなくていいよ手(パー)

飼い主は絶対にキミ達を置いて行ったりしないからね手(グー)


3766.jpg



ニックネーム 雨 at 16:02| Comment(2) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

おばあちゃんのオムライス

超久しぶりに美容院に行った飼い主美容院

シャンプー無しのカットのみはさみ
犬のトリミングよりお安い飼い主です¥


そこの美容師さんとランチの話をしていてレストラン

近くに美味しいお弁当屋さんがあると聞いて行ってみましたダッシュ(走り出すさま)


細い路地を入って少し行ったところにある小さなお店家
カウンターの向こうの厨房には、おばさんとおばあちゃんの2人手(チョキ)
近所の会社で働いているらしい人たちが入れ替わり来て買って行きますハートたち(複数ハート)


「チキン南蛮」「生姜焼き」「麻婆丼」など8種類位あるメニューから目
オムライスをお願いしてみました犬(笑)


おばさんが「おばあちゃん、オムライス」と言うとひらめき
おばあちゃんはやおらフライパンに油をしいて卵を焼き満月
ジャーに入ったチキンライスをオムライス型に詰めて手(パー)
くるっと卵でくるっと包んだら、お弁当容器にひっくり返して入れますバッド(下向き矢印)
最期にケチャップをかけて、たくあんを2切れ乗せたら出来上がりかわいい


3764.jpg


これで400円るんるん
出来立てアツアツですよいい気分(温泉)


チキンライスはちょっと柔らかめでコーンがアクセントムード
パリッと焼き上げた卵にケチャップが合いますね〜顔(メロメロ)


このお店、2人だけでやってるみたいなんですが
オムライスはおばあちゃんの担当らしいです紅葉
オーダーが入る度に、おばさんが「おばあちゃん、オムライス」と言って焼いてもらいます演劇


でも、この2人の関係は一体なんなんでしょう?

だって、もしも自分の母親だったら「おばあちゃん」でなく「お母さん」て言いそうだし四葉
本当のおばあちゃんだとすると、孫があのおばさんだったら
おばあちゃんは相当な高齢ということになりそうです紅葉紅葉

もしかして、「嫁」だったりするんでしょうかひらめき


そんな私の想像をよそに、2人は抜群のコンビネーションでテキパキと働いていますダッシュ(走り出すさま)
安くて美味しいと評判になり、余りに人気になり過ぎてあせあせ(飛び散る汗)
最近は午後2時で閉店してしまうのだとか失恋


おばちゃん、おばあちゃん、体に気を付けて元気にがんばってください黒ハート



今日は暑かったので、リビングのエアコンを入れておいたら・・・


3763.jpg


ツキスミが魂の抜けた様なアホ面で寝ていました眠い(睡眠)




ニックネーム 雨 at 13:56| Comment(0) | YUMYUMYUMMY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

母子の再会

梅雨入り前のことですが・・・四葉


ツキスミを連れておでかけして来ました電車


3685.jpg


レオンくんのおうちにお邪魔しました家


3686.jpg


可愛くて優しいお兄ちゃんですね揺れるハート


3692.jpg


ツキスミのママ、レイチェルちゃんも来てくれましたかわいい


3693.jpg


相変わらずいいキャラだ・・・顔(イヒヒ)


3690.jpg


娘・ツキスミがソファでドヤ顔している頃グッド(上向き矢印)


3687.jpg


弟のバニラくんは何故か秘密基地に潜伏中バッド(下向き矢印)

バニたーん、どうしたの?


3699.jpg


やっとおでましですね揺れるハート



レオンママさんがステキなランチを用意してくださってレストラン


IMG_3698.JPG


IMG_3719.JPG


楽しくおしゃべりしながら美味しくいただきました黒ハート


3701.jpg


3702.jpg


ママに抱っこされた可愛いバニたんぴかぴか(新しい)


そしてレオンお兄ちゃんは・・・


3703.jpg


黙ってじーっとナデナデしてもらうのを待ってました手(パー)

う〜可愛すぎる〜顔(メロメロ)



その頃ツキスミは・・・


3700.jpg


mojecaばあばに抱かれてスヤスヤ眠い(睡眠)

ツキスミがこの世に生まれてきた時に、最初に触れた優しい手だよムード



集合写真にも挑戦しましたカメラ



3706.jpg


バニたんが脱走〜ダッシュ(走り出すさま)



3710.jpg


レオンくん絶叫〜演劇


3711.jpg


バニたんぺろ〜んちょキスマーク



そしてどうにかあせあせ(飛び散る汗)


3707.jpg


全員集合exclamation×2



3717.jpg


姉弟写真も撮れました犬(笑)


一緒に元気に7歳になろうね犬(足)



とっても久しぶりに親戚さんに会えて、本当にうれしかったですもうやだ〜(悲しい顔)


mojecaさん、レオンママさん、どうもありがとうございました黒ハート









ニックネーム 雨 at 12:00| Comment(2) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

釜の利用法

どこのご家庭にも一個は有ったりする・・・家


IMG_3676.JPG


釜めしの空き容器電車


皆さんはどうなさってますか?


ウチでは、犬のごはん容器の台に使ったりしてましてエサ
高さ的にもちょうど良くて助かってるんですが
でも、そうごはん台はそう何個も要る訳じゃないし
たまる一方の釜の使い道をどうしようかと思っていましたあせあせ(飛び散る汗)


すると、こんな物を発見目


IMG_3677.JPG


空き釜専用の漬物キットですと四葉


IMG_3678.JPG


中には、朝漬けの素と重しが入ってました


さっそく漬けてみましょう手(チョキ)


切ったキュウリに朝漬けの素をまぶして、重しをして2時間


IMG_3679.JPG


あっさりさっぱり美味しい朝漬けができました顔(笑)




ニックネーム 雨 at 12:00| Comment(0) | YUMYUMYUMMY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

ホリホリの奥義

例によってホリホリに余念がないツキスミ猫(足)





何がそんなに楽しいのだ?


4マル家でそんなことするのは、あんただけだよ顔(汗)


・・・と、思ったら


3746.jpg


実は巣穴の中でホリホリしていました〜


3747.jpg


飼い主が気づかないと思ったか?


3750.jpg


しかも・・・


3748.jpg


コイツにもバレバレだしねひらめき



飼い主のお気に入り
ニックネーム 雨 at 14:00| Comment(0) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

むずかしい年頃

IMG_3752.JPG


ごはんにヘルマンのレバーフィットを混ぜる様になってからエサ


3753.jpg


ツキスミが匂いにつられてキッチンに催促にくる様になりましたムード

美味しそうに完食してくれてうれしいです犬(笑)





お兄も何やら訴えていますが演劇


いざごはんの用意ができて目の前に出すと・・・





ちゃんと食べてるみたいですが、ポコはトッピングのボーロだけ食べてストップ犬(怒)


この後、更にトッピングを替えてあれこれやって、やっと完食しますあせあせ(飛び散る汗)


それでも、全然食べない時期も有ったので時間掛かっても食べてくれるだけ嬉しい揺れるハート


男13歳、むずかしい年頃ですな紅葉





ニックネーム 雨 at 19:31| Comment(2) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

獣医学概論「獣医学におけるガン診療とは?」

4月から聴講している日獣の講義も半分を過ぎました病院

大学の1年生対象の講義なので、獣医学や獣医師とは何かという基本的なテーマに沿って
様々な分野の専門の先生がお話をしてくださいますカラオケ
毎回色々な話が聞けるので、とっても興味深く勉強になります本

若かったら本気に獣医大に入って勉強してみたい揺れるハート

いや・・・高校時代に物理が100点満点中15点だった私には無理だ・・・ふらふら失恋

それはさておき・・・あせあせ(飛び散る汗)



今回の講義は「獣医学におけるガン診療とは?」

講師は、日獣大の付属医療センター院長の藤田道郎先生病院
医療センターでは腫瘍内科、呼吸器科、放射線科などを担当されています

実は、私はこの講義を聴きたくて今回の講座を受講しました手(チョキ)


もし、大切なペットがガンと診断されたら・・・犬(泣)猫(泣)
飼い主は言葉にならない程のショックを受けますよねどんっ(衝撃)


私も、11年前にこーちゃんの膝にできたしこりが「軟部組織肉腫」という
ガンだと診断されたことがあります
その時のことは、今思い出しても胸がぎゅっと苦しくなる位にショックでしたもうやだ〜(悲しい顔)

診断から手術、放射線治療をしましたが、幸いなことに
こーちゃんは16歳で卒業するまでガンが再発することはありませんでした犬(足)


06112820004.jpg


こーちゃんの軟部組織肉腫の発見・診断から治療の記事はコチラです

ガン治療に興味の有る方は、時系列が逆になってますので
画面をスクロールして一番下の記事からご覧くださいパソコン


こーちゃんの時は、当時の掛かりつけ病院でしこりを摘出して病理検査に出して
悪性腫瘍だと言う結果が出たところで日獣の腫瘍科に相談に行き
その後の放射線治療を行う事を決めました雷
比較的早期に診断から治療に進めたのも、幸運だったと思っています


藤田先生のお話では、大学に診察に来るガンのペット達は
かなり病状が進行した状態で初めて受診するケースが少なくないそうです


それには様々な理由があって、例えば


飼い主が日頃、ペットのことを良く見ていなかったり
何か有っても「これくらい大したことはないだろう」と楽観的だったり
最初に診てもらった開業医が経験や知識不足で正しい診断を出来なかったり
開業医から大学病院などに行く事を勧められても、飼い主が忙しかったり
経済的な理由から大学病院への受診をためらったり


ペットは自分の言葉で症状を訴えることはできませんから
飼い主が大学などの二次診療施設に連れて来る頃には
腫瘍が大きくなったり体調が悪くなったりしてしまっている事もバッド(下向き矢印)


人間と同じ様に、ペットのガンも早期に診断出来れば
治療の選択肢が増えたり、完治の可能性が高くなる場合があります四葉
完治が難しい場合でも、なるべくQOLを保つために
早期から治療を考えていくことは重要なのではないでしょうか


ただ、この「早期発見」素人にはちょっとわかりにくい事もあるそうです

「最近食欲が落ちた」「なんとなく元気がない」「お腹をこわしやすい」
こういった症状は、他の病気が原因でも起こり得るものですし
皮膚にできるおできやしこりなどの中にも
ほうっておいても大丈夫なものもあります

飼い主としては、最悪の予想はなるべく避けたいものですから
「きっと大丈夫だろう」なんて勝手に思い込んだり
開業医の「ちょっと様子をみましょう」なんていう言葉に
すっかり安心してしまったりする事もあると思うんです

でも、それは危険かもしれません爆弾


以前に勉強会に来てくださった腫瘍外科の呰上先生が
「犬や猫のガンは、油断しているとあっという間に進行する」とおっしゃっていました


藤田先生も、ガンがすごく大きくなって
食事や歩行などの日常生活が困難になった犬猫の症例を沢山紹介していました
(ちょっとショッキングな画像も多かったです)犬(泣)猫(泣)


ガンの怖いところは

「腫瘍随伴症候群」といって、ガンそのものが大きくなるだけではなく
血液系、消化器系、内分泌系、神経系といった体のあちこちを
悪化させていくところにあります爆弾


体の表面に見えないガンであっても、「ちょっと様子を見て」いる間に
全身に悪影響を及ぼしていって、死に至ることもあるんですバッド(下向き矢印)



もしも体に腫瘤(しこり)が見つかったら
虫刺されや傷と紛らわしい場合は一応その治療をしてみて
数日後に再診しても治っていなければ
針を刺して細胞診断をすること注射

何も調べないで様子を見るということは絶対にしてはいけないという事でした手(パー)


ガンの診断には、針を使った細胞診の他に
しこりの形状を見たり周囲との固着を確認したり
更に大きめの組織を取って生検したり
MRIやCTでの画像検査や血液検査などもあります

そういった検査の結果を総合して、ガンの種類や転移の有無を調べ
治療の計画を立てていくのだそうですくすり


診断するだけでも大変な手間がかかる作業ですが

更に重要なのが飼い主とのインフォームドコンセントですひらめき


藤田先生は、飼い主に対して十分な情報の提供を心掛けているそうです演劇


例えば、ガンと診断がついた時に、そのガンについての説明や
今後考えられる予後、治療の選択肢などを全てまとめた書類を作り
飼い主に渡して自宅でじっくり読んで理解したらサインしてもらい
再診の時にもう一度お互いに確認しあって先生自身もサインをして
その書類を飼い主と一部ずつコピーを取って保存するのだとか

飼い主はガンと診断されたショックでその場では色々な事が頭に入らなかったり
重要な治療の決断ができなかったりすることが多いと思いますがく〜(落胆した顔)
その為に、きちんと理解できる様に説明書を作って
それをゆっくり読んで考えてから治療の決断をできる様にという配慮です四葉


ただでさえ忙しい大学の先生が、ひとりひとりの患者にこれを行うのは
並大抵のことではないと思いますあせあせ(飛び散る汗)


それでも藤田先生は「オーナー(飼い主)が納得できる治療法」を目指して

ガン治療を行う上で大切なことは


獣医師の考えを押し付けてはいけない

しかし、過去の治療経験(時には画像をまじえて)や
文献や情報を正確に伝えることは重要

これらの情報をもとに、飼い主のコンセント(同意)を得て
治療法を決定すること


ということを日々心がけていらっしゃるそうです犬(足)


だから、飼い主も「先生にお任せします」というのではなく
しっかり目の前の事実と向き合って
獣医師としっかり話し合いながらきちんと理解して
最終的には自分で考えて決断してもらいたいということも
先生はおっしゃっていました猫(足)



授業に出ていた一年生の獣医師の卵さん達にも
「すごく面倒くさいことが多いと感じると思うけど、これが大切なことなんだ」
と熱意を持って語っておられました手(グー)



「ドクターG」みたいぴかぴか(新しい)

途中から感激して泣きそうになってしまいました〜もうやだ〜(悲しい顔)


藤田先生は、ガンの治療はどれだけ手を尽くしても助けられないケースも有って
常に反省と勉強の繰り返しだとおっしゃっていましたが
例えそのペットが亡くなってしまったとしても
飼い主からの「先生に治療をしてもらって良かった」という言葉を励みに
日々努力を続けていけるのだという話を聞いて


20100511zion5-a49e0-thumbnail2.jpg


以前にシオンが生死を賭けた手術を受けた時
呰上先生の「こんな事で死なせてたまるか」という言葉を聞いて
「この先生に手術してもらって死んでも後悔はしない」と
思った事を思い出しました

信念と熱意を持って誠実に努力する獣医師の先生に出会えることで
飼い主は愛するペットの死を乗り越えることができるのかもしれないと思います犬(笑)



長々と読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m





ニックネーム 雨 at 14:36| Comment(2) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする