2016年03月16日

不屈

P1003751.jpg


皆様、ツキスミがご心配をおかけしておりますm(__)m


先週の血液検査で肝臓系の数値が4倍位に上がって

恐らく肝臓の細胞に炎症が起きて血管の圧力も上昇
その影響で胃の動きが悪くなり、吐き気と消化不良

…という様な状態ではないかと思いました


毎日の点滴を二回にして循環の改善を図りながら
薬やサプリを微調整して数日様子を見まして
昨日、お腹のエコーと再度の血液検査をお願いしました

お腹のエコーでは、腹水の貯流が無い事を確認
膵臓のひどい腫れなども無さそうでしたが
やはり胃の動きが悪い事がわかりました

血液検査では、ALPはまだ高めなものの、ASTとALTは基準値に下がりました

食事のたんぱく質を制限しているツキスミは
低アルブミンになるのが心配なのですが
小さな肝臓が頑張ってくれている様で
アルブミン値も基準内に収まっていました

まだ吐き気やだるさはある様ですが
検査結果と臨床的な症状とには時差が有る事も多いので
今のケアを続けながらもう少し様子を見る事になりました

お腹が少しゆるくなって消化不良が見られたので
増やしていた薬を減らして抗生剤も変更されました

先生は2年前の手術の時に実際にツキスミの肝臓を見ているので
毎回「ツキちゃんの肝臓は頑張っていてすごいです」
と言って下さいます
あまり「すごい」と言われるので
「ツキスミの肝臓はそんなにヤバいのか」という気もしますが
(「お前はもうすでに死んでいる」レベル?)(^^;

きっとツキスミにとっての1日は
私の何倍ものがんばりで出来ているんだろうなと思います

偉いぞ、ツキスミp(^-^)q