2016年11月29日

流せない日

昨日の早朝に発覚した排水ポンプの故障は爆弾


業者さんの懸命の努力により、夜9時過ぎに何とか復旧しました手(チョキ)


家から出る排水を下水に流せない状態だったので手(パー)

トイレはご近所やコンビニで借りてコンビニ
犬の流動食の調理などに使った水はバケツにためて外に捨てに行きましたたらーっ(汗)

水が流せないのって本当に不便ですねふらふら
被災地では水そのものが出ない生活が続いたかと思うと
どんなに大変だったことかと思います・・・


実は今日は飼い主の誕生日バースデー

危うく「トイレの流せない誕生日」になるところでした顔(なに〜)


日本の職人魂に感謝ぴかぴか(新しい)
海外だったら絶対に1日じゃ終わらないと思う〜あせあせ(飛び散る汗)



今日はついでに駐車場のライトの設置をお願いしたので
朝からその工事に来てもらっています車(セダン)



昨日は一日中落ち着かなかった犬たち犬(怒)


今日も工事が入って興奮するといけないので爆弾


2347.jpg


ツキスミはエプロンキャリーに収納カバン

飼い主と密着してるので落ち着くみたいです
飼い主も両手が使えるのでとっても便利手(チョキ)


お兄はと言えば・・・


2348.jpg


業者さんが来てるのも気づかずに熟睡眠い(睡眠)


年を取って耳が遠くなると、こういう時には助かりますね顔(ペロッ)




ニックネーム 雨 at 10:28| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

悲しいとき〜その2

悲しいとき〜もうやだ〜(悲しい顔)


洗濯機から洗濯物を取り出そうとしたら・・・


IMG_2341.JPG


相方の万歩計が洗われていたとき台風



ちょっとうれしいとき〜揺れるハート


壊れたかと思って電源を入れてみたら目


カウンターが1600歩くらい進んでいたとき犬(足)

洗濯槽の中でぐるぐる回りながらカウントしてたんですね・・・




もっと悲しいとき〜犬(泣)


朝5時過ぎに、相方が「停電したexclamation」と起こしに来たときダッシュ(走り出すさま)


配電盤を見たら「漏電ブレーカー」が落ちていてバッド(下向き矢印)
家のどこかで漏電が発生しているらしい雷


東京電力さんに聞いたら修理は自分で業者に頼む様に言われたので失恋
早朝から来てくれる業者を探しましたパソコン


幸い8時に電気屋さんが来てくれて調べた結果位置情報
漏電が発生しいるのはお風呂場&洗面所エリアらしくいい気分(温泉)
地下に有る生活排水を下水道に汲み上げる為のポンプが壊れていることが判明爆弾


現在、電気屋さんが新しいポンプを神奈川県まで取りに行って
夕方以降に工事をしてくれることになっています車(セダン)


ただ、排水ポンプが動かないと家から出る生活排水が処理できず
地下に埋めてあるタンクがいっぱいになるとあふれて逆流するかもグッド(上向き矢印)


極力水を流さない様にしながら新しいポンプが来るのを待ってますふらふら


2343.jpg


ガスも電子レンジも使えるから大丈夫ですよエサ


2344.jpg


キミ達がしたウ●チを持って飼い主がご近所のトイレを借りに行きますフン


早くポンプが直りますよーにexclamation×2









ニックネーム 雨 at 12:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

悲しいとき〜♪

悲しいとき〜るんるん


朝起きて晴れ

リビングの床に・・・家


誰かに踏まれたウン●を見つけたとき〜フン



・・・朝から家中拭き掃除&除菌祭りですわあせあせ(飛び散る汗)




うれしいとき〜かわいい


ツキスミの元気が・・・犬(足)







復活したときグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)




キミ達が元気でいてくれるなら犬(笑)


飼い主はどんなウン●でも喜んで拾うよフン





・・・ってか、この元ネタのギャグってもう死語exclamation&question






まだ食欲は余り戻っていなくて疲れやすさもありますがバッド(下向き矢印)
ぐったりと寝てばかりだった時よりは動きが出てきましたダッシュ(走り出すさま)


今回の体調不良に対してはこんなことを実施してみましたひらめき


●毎日1回だった皮下補液を2回に
●下部消化管の動きをサポートする薬を増量
●吐き気の状態に合わせて制酸剤と制吐剤を投与
●胃酸の逆流で起きた炎症を抑える為に抗生物質を投与
●食事を消化しやすい流動食中心にし、1回分を少なくして回数を増やす



その他に、なるべく体を冷やさない様にしたり
お腹を軽くマッサージしたり
鼻と喉の炎症対策で吸入を行ったりしました


どれも簡単に自宅で行えることですが
ツキスミの肝臓ががんばる助けになればと思ってやってみました手(グー)


飼い主の力は小さいけれど揺れるハート

愛情だけは宇宙よりも大きいぞぴかぴか(新しい)






2016年11月24日

バザーのお知らせ

都内でも雪が降っています雪


IMG_2330.JPG


23区内は積もるほどではないみたいですが、交通機関に影響が出ている様で電車

通勤通学の皆さまが怪我などされませんように手(パー)


こんな日は家でひっそりしている兄妹眠い(睡眠)


2331.jpg


2332.jpg


寒さに弱いツキスミはエアコンの温風の真下で寝てます下



2333.jpg


お兄はあんかを入れてもらったベッドにお籠もり家

雪の日に限らずいつもここに籠ってますけどねあせあせ(飛び散る汗)



4マルがお世話になっているリトルピース動物病院病院
毎年年末に開いているチャリティバザーイベント
今年も開催日が近づいてきました犬(笑)


第4回保護動物たちのためのクリスマスチャリティバザー2016


ちょっと字が小さくて読みづらいですがポスターです目


image.jpg


今年は12月4日(日)11時〜15時半の予定です

(昨年までと開催時間が変わりますのでご注意ください)


以前のバザーの様子はこちら下

2014年
2015年




現在、リトルピース先生の号令の下演劇
ボランティアスタッフによる準備が進められていますダッシュ(走り出すさま)


ワンコグッズはもちろん、お洋服や食器などの生活雑貨ブティック
これからの季節に使えそうなギフトアイテムも多数ありますのでプレゼント
お時間の有る方はぜひバザーに遊びにいらしてくださいるんるん


バザーの売り上げと皆さまからの募金は
すべて動物愛護団体さんに寄付させていただきます犬猫



寄付品の募集は一応今月末までですが・・・

ちなみに売れ筋な商品はかわいい
手芸自慢さんのオシャレな手作り雑貨や
新品の靴下やタイツ
お中元でもらった新品の箱入りのタオル類など

逆にちょっと人気がないのが失恋
化粧品や雑誌のオマケについてくるポーチや
粗品でもらった社名入りの小物やノベルティグッズ
夏物の衣料品などです(開催が寒い時期なので)



ちなみに今年の目玉商品はひらめき


あのお洒落ブランド、COかわいいCHのバッグカバン

状態も良くきれいで、お出かけにも通勤にもすぐに使えそうですNEW


また、今年は食器の寄付が多かったので
大特価陶器市も開催します喫茶店


良いものは早い者勝ちですので、ご希望の方はお早めにいらしてくださいね手(チョキ)


アクセスはコチラ


皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしておりますm(_ _)m






ニックネーム 雨 at 11:53| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

長い影

今朝の地震はびっくりしましたねあせあせ(飛び散る汗)

私は飛び起きましたが、揺れがゆっくりだったせいか
兄妹は気づきもせずに寝てました眠い(睡眠)

午前中は心配だったので、ツキスミをエプロンキャリーに入れて
何か有ればポコも一緒に入れてすぐに逃げられる様にしましたダッシュ(走り出すさま)

二匹が飲んでる薬と流動食を数日分入れたバッグを用意してあるので
これだけは絶対に持って逃げなくては手(グー)


病気の子がいると、災害の時は本当に不安ですね爆弾

平穏な日々が続いてほしいです四葉



ツキスミはまだ体調が戻っていませんがバッド(下向き矢印)

余り辛気臭い画像ばかりでは寂しいので失恋
しばらく前の元気だった日のお出かけの様子です犬(笑)


この日は元気に歩いて・・・犬(足)




2308.jpg


ご近所の犬OKのカフェに行きました喫茶店


IMG_2312.JPG


以前に行った時とメニューが変わったなと思ったらレストラン

お店はそのままで経営者が変わったそうです家


2307.jpg


IMG_2311.JPG


犬のお水も出してくれて、ハンバーガーも美味しかったですかわいい


2310.jpg


元気になったらまた一緒に行こうね揺れるハート


2304.jpg

影が長くなってきましたね晴れ

飼い主の影の隣に犬の影が伸びている風景が大好きですムード




ニックネーム 雨 at 23:31| Comment(3) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

Optimistic・Pessimistic


昨日は秋晴れの中お散歩したのですが紅葉


2325.jpg


2326.jpg


お天気の良くない日は何となくブルーです曇り


2320.jpg


犬もおとなしいですね犬


2323.jpg


ツキスミは不調が続いていてバッド(下向き矢印)

食べると痛みか吐き気が出てしまうらしく爆弾
ごはんもおやつも食べなくなってしまいました犬(怒)

爆食女子の根性が戻って欲しいエサ


2322.jpg


ポコは涼しい気候の方が心臓の負担が少ないのか揺れるハート
比較的落ち着いています四葉


何故かツキスミが調子悪くなる時はポコは調子が安定する様な・・・
お兄なりに飼い主に気を使ってがんばってくれてるんでしょうか猫(足)



元気な時にはあまり考えないものですが

2321.jpg


具合の悪い状態が続くと、余命の事が気になったりしますね失恋



お医者さんもそれぞれ性格によるのか病院

やたらと最悪のケースを列挙して脅かすタイプの先生と爆弾
飼い主が拍子抜けしちゃう位にのんきそうな先生がいますねムード


前者は若くて真面目な先生に多い気がしますが四葉
後者は年配の先生に多い様な気がします紅葉


どちらであっても、ペットが元気になってくれればいい訳ですが
飼い主にとっては
「悲観的」な先生と「楽観的」な先生と、どっちがいいんでしょうねひらめき


「悲観的」な先生は色んな最悪のケースを想定するので
飼い主がちょっとドキドキする様な言葉が出てきますし顔(汗)

なるべく最悪のケースでない事を証明する為に検査項目が増えたり注射
症状を早めに抑える為に薬が増えたりするかもしれませんくすり


「楽観的」な先生だと、時には飼い主が拍子抜けする位に
検査も薬も無しに「大丈夫」と言われたり手(チョキ)
少し位症状があっても「経過観察」と言われて
「本当に大丈夫なのかしら」と不安になる事もあるかもしれません目


「悲観的」な先生が色々検査をして重い病気でない事を証明したら
「必要の無い検査ばかりしてお金がかかった」と言う人がいたり¥


「楽観的」な先生が「大丈夫」と言ったから安心して放っておいたら
急に悪化して大変な事になったという人がいたり犬(泣)


お医者さんとのコミュニケーションは本当に難しいと思いますあせあせ(飛び散る汗)




実際はそんなに単純に二分される訳ではなくて病院

ペットの病気をなるべく早く正確に診断して必要な治療を行うために
飼い主に余りストレスを与えない様に配慮しながら
インフォームドコンセントに努力してくださっている先生が多いと思いますが演劇


飼い主の理解力や精神的な状態で先生の意図が正しく伝わらない事もあるだろうし顔(なに〜)
お医者さんというのは本当に大変な仕事だと思いますね病院



病人や家族というのは、楽観と悲観の間をジェットコースターみたいに
日々激しい勢いで揺れ動くことも多いですダッシュ(走り出すさま)

先生のことばで天国に行ったりグッド(上向き矢印)地獄に落ちたりバッド(下向き矢印)
診察室で先生の話を良く理解できずに取り乱してしまう事もあるかもしれませんもうやだ〜(悲しい顔)


2329.jpg


それでも、患者の心の寄り添ってくれる医療者の存在を信じられれば
私たちは何とか立ち上がって歩き出す事ができるのではないかなと思います犬(足)






2016年11月19日

うれしいお客様

ツキスミは昨日の調子が10段階の1だとするとバッド(下向き矢印)
今日は2くらいに元気になりましたグッド(上向き矢印)

まだ気分悪そうに寝ている事が多いですが犬(泣)
昨日は全く食べなかったお菓子をちょっぴり食べましたよホネ

一緒にがんばっていこうね犬(足)



ツキスミが元気だった日のこと・・・犬(笑)


2241.jpg


4マル家にうれしいお客様が来てくれました家


ライカ女王様の時代から4マルを可愛がって下さってるAndymamaさんですかわいい


2242.jpg


早速抱っこをGETしたポコちん揺れるハート


普段、飼い主にはほとんど抱っこされたがらないのですが犬(怒)
Andymamaさんには抱っこされたまま動こうとしませんムード



どうやら・・・


2235.jpg

と、思っているらしいあせあせ(飛び散る汗)


しかもツキスミまで演劇


2237.jpg


キミ達、優しい人をちゃんとわかってるねひらめき


冷たい雨の降るとっても寒い日でしたが雨



2233.jpg


2240.jpg


ランチをしながら久しぶりにいっぱいおしゃべりキスマーク

飼い主もすごーく楽しかったでするんるん



ツキスミ、早く元気になってまたAndymamaさんに遊んでもらおうね四葉




ニックネーム 雨 at 12:00| Comment(0) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

右や左の旦那さま・・・

この間、相方が「マッチ買ってくださーい」とか言うので見たら目


2245.jpg


ツキスミがこんなにされていました顔(イヒヒ)



2247.jpg


「そこのおやぢ、マッチ買えちゃexclamation×2


2246.jpg


「誰も買ってくれないのちゃ・・・犬(泣)



今時マッチは売れないよね失恋

喫茶店とかにも置いてないだろうし喫茶店


代わりに飼い主が壺とか印鑑を高額で売ってツキスミの医療費を稼ごうがしら手(グー)



その頃お兄は・・・


2249.jpg


2260.jpg


ひとり爆睡中眠い(睡眠)



2258.jpg


2256.jpg



みんな元気な明日になあれかわいい



ニックネーム 雨 at 14:00| Comment(0) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

がんばれツキスミ


2314.jpg

ドキドキしているお兄がいるのは病院です病院


大丈夫、今日はキミは定期診察してお薬もらうだけだからくすり


それよりこっちがちょっと心配失恋


2315.jpg

ツキスミ、先週トリミングに行ってから不調が続いていますバッド(下向き矢印)


ちょっと元気な日も有ったりするのですがグッド(上向き矢印)

今週になってからは吐き気が出て食欲も落ちてます犬(泣)


体重は2.44kgで熱は平熱手(パー)


2316.jpg


2317.jpg


3カ月ぶりに肝臓関連と電解質などの血液検査をしてもらいました注射


IMG_2318.JPG

左が前回で右が今回です目

特に大きな問題点は無さそうなんですが・・・


一旦帰宅後、飼い主は来月のチャリティバザーの準備に再び病院へダッシュ(走り出すさま)


2時ごろに戻るとちょっと様子がおかしいあせあせ(飛び散る汗)

震えて抱っこをせがんだかと思うと、しばらくして体がこわばってきました

床に降ろすと、神経発作が出ている様子爆弾


こんな感じです下




過去にも2〜3回同じような発作が出たのですが
5分程度で治まって普通に歩ける様になります犬(足)



原因は定かではありませんが、門脈の低形成とシャントの有るツキスミは
肝臓で食物の毒素を解毒する事が出来ない状態なのでエサ
検査数値には反映されない老廃物などが体を巡る内に
脳神経に影響を及ぼしているのではないかと思います犬(怒)

肝性脳症の症状の一部なのかもしれません


今後、この様な症状の程度や頻度が進行していくのかどうか
慎重に観察していく必要があると思っています



2244.jpg


胆嚢摘出の手術後「余命は1年くらい」と言われてから2年半
ツキスミは本当に良くがんばっていると思います犬(足)


2243.jpg


ツキスミ、飼い主がいつでもそばにいるから
一緒にがんばっていこうね手(チョキ)







2016年11月15日

トリミング

前回のトリミングから2カ月・・・


2204.jpg


ご覧の通りにモケ倒しておりました兄妹ヤギ



先週、トリミングに行ってきました美容院



2218400.jpg


すっきりポコちん四葉


2220300.jpg


顔も小さくなりましたね〜


前回のトリミングの時、トリマーのお姉さんに会ってはしゃぎ過ぎたのか
サロンの床を走り回って足を痛めてしまったのでダッシュ(走り出すさま)

今回はトリミング中以外はフリーにせずにケージに入れて頂きました家


2221400.jpg


そのせいか、今回は問題なく可愛くしてもらえましたよ犬(笑)


2222300.jpg


ツキスミもがんばった様ですがかわいい


2223300.jpg


今回はトリミング中に2回吐いてしまった模様爆弾


午前中のトリミングだったので、興奮した拍子に
未消化の朝ごはんが逆流したのかもあせあせ(飛び散る汗)


胃酸の逆流で鼻と喉の奥が炎症を起こしたのかどんっ(衝撃)
トリミングの後は数日間、鼻かぜみたいな症状で元気無かったですバッド(下向き矢印)


2224400.jpg


吸入をしたり抗生剤を少しだけ飲ませたりして復活しましたグッド(上向き矢印)




2232400.jpg


シニアや持病の有る子のトリミングは色々心配ですがはさみ
トリマーさんに正直にお話して、なるべく負担にならない様にやってもらってます手(パー)


2228400.jpg

細かい配慮をしてもらえるサロンはありがたいですねムード


2225400.jpg


ふたりとも可愛くしてもらったね揺れるハート




緑のお宝!
ニックネーム 雨 at 11:25| Comment(0) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

幸せのおすそわけ

身内が入院したり手術が必要になったりとバタバタしていて病院

しばらくお休みしてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

開店休業中もご訪問くださった皆様、すみませんでしたm(_ _)m



そんなあわただしい日々ではありますがダッシュ(走り出すさま)

とっても嬉しい幸せのおすそわけをいただきました揺れるハート



それはある日の午後のこと・・・晴れ


2155.jpg


珍しく・・・っていうか、はっきり言って今年3回目位に化粧をした飼い主キスマーク



秋の日差しの中出かけて行ったのは・・・紅葉


2156.jpg


こんな鳥居の有る場所です


2158.jpg


中に入ると、立派な池の向こうには老舗の結婚式場魚

東郷記念館って、初めて行きました
人でごった返す竹下通りのすぐ裏手にこんな静かな空間があるなんて四葉


2159.jpg

お姫様みたいに可愛くおしゃれしたLily姫も一緒かわいい


2201.jpg


午前中まで診察をしてから美容院に駆け込んでセットしてきたLitte Peace先生美容院

素敵な髪型に仕上がっていましたリボン



この日は前の病院で看護師をしていたLISAちゃんの結婚式だったんですぴかぴか(新しい)


LISAちゃんにはこーちゃんやシオンもお世話になりましたし注射
ポコやツキスミの事もすごく可愛がってもらいました犬(笑)


LISAちゃんの記事「お誕生日のお客様


動物病院で看護師として働いた後、他の業界でしばらく仕事をしていたLISAちゃんビル

そのLISAちゃんから結婚すると連絡をもらったのが数か月前の事でした携帯電話

大切なお友達の結婚式、うれしいな〜犬(笑)



2160.jpg


お式は敷地内の神社で厳かに執り行われましたひらめき

白無垢姿の花嫁に紋付き袴の花婿さん
参列していると気持ちが引き締まりますね手(グー)



そして披露宴が始まると・・・イベント


2172.jpg


一転して華やかな色打掛かわいい

写真だと黄色に見えますが、実際は金色に近く見えました
とっても似合っててきれいでした〜顔(メロメロ)


2174.jpg


初めての共同作業は鏡割り
ふたりの息もぴったりでした手(チョキ)



2179.jpg


披露宴のごちそうをいただいていますとレストラン


2183.jpg


お色直しを済ませたLISAちゃんがお父さんと入場してきました
ウエディングドレス姿もすっごくキレイリボン


そしてここでびっくりしたのがひらめき


2184.jpg


新郎のこの凛々しい制服姿ぴかぴか(新しい)

新郎は悪い人を取り締まる関係のお仕事をされているんですパンチ

一緒に参列していた友達の話によると、制服系のお仕事の方というのは
結婚式には正装として式典用の制服を着る慣例があるんだそうです


2186.jpg


敬礼のポーズも決まっていて、まるで「愛と青春の旅立ち」みたい映画

LISAちゃんより少しだけ年下だという旦那様、とっても頼もしく見えましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



来賓の方もそちらの業界の方が多くて、いかつい肩書が並んでいましたが目

ご挨拶に立った皆さんはフレンドリーでユーモアの有る方ばかりで
何も悪いことをしていないのに何故かドキドキしていた私はほっとしましたあせあせ(飛び散る汗)



First Biteでは、新婦から無理やり口に押し込まれたケーキに
さらに自分で何個もケーキを頬ばってリスみたいになっちゃった新郎が
なんだかすごく可愛かったです顔(イヒヒ)


2200.jpg


ケーキは野菜を使ったヘルシーなものだそうですバースデー



締めの挨拶で、せっかく用意してきた原稿を読まずに
むちゃくちゃになりながらも一生懸命挨拶していた新郎と
隣で突っ込みいれながらもずっと笑顔だったLISAちゃん
本当に本当に幸せがいっぱいあふれていましたハートたち(複数ハート)



2197.jpg


LISAちゃん、ほんとうにおめでとうございますぴかぴか(新しい)



帰宅して兄妹にも報告しましたよ犬(笑)



2205.jpg




ニックネーム 雨 at 13:27| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

秋空散歩

やっと秋らしい穏やかな晴天に恵まれた週末晴れ

兄妹と散歩に出かけました犬(足)





白線を真っすぐ歩くお兄と右

ぐるぐる蛇行しまくる妹台風


2146.jpg


ちょっと足を延ばして・・・


2147.jpg


神社に行ってみましたぴかぴか(新しい)

初詣以来かな〜あせあせ(飛び散る汗)



2149.jpg


七五三が近いので、境内には晴着を着たお子さんと家族がいっぱいハートたち(複数ハート)

嬉しそうだったり恥ずかしそうだったりの笑顔があふれていました犬(笑)


2148.jpg


絵馬も沢山奉納されてますね


私は今月、大切なお友達が手術をするので無事成功をお願いしてきましたClap


2150.jpg


境内では菊の展示もされてましたよ


2151.jpg


ツキスミの頭よりも大きそうな立派な菊かわいい


2152.jpg


ホント、丸かじりしたいくらい立派だったねキスマーク



久しぶりに穏やかな秋の一日でした紅葉






ニックネーム 雨 at 11:25| Comment(0) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

初対面!

天使になったルナちゃんの妹としてやってきたチワワの花ちゃんかわいい


2130.jpg


ちょっと緊張しています揺れるハート


2134.jpg


ママとどこに来たのかな?


2135.jpg


2136.jpg


花ちゃん、病院デビューです病院

予防接種は済んでいるので、身体検査にやってきました犬(足)

ツキスミは花ちゃんと初対面です犬(笑)


花ちゃん、先生が呼んでますよ演劇


2142.jpg



2141.jpg


初めての診察台にドッキリ爆弾


2143.jpg>

その後、歯磨き指導もあってちょっとブルーな花ちゃん犬(泣)


2144.jpg


先生に写真撮影される花ちゃん四葉



2139.jpg


緊張し過ぎてテンションも尻尾も下げ下げバッド(下向き矢印)


ツキスミ、お姉さんなんだから花ちゃんを励ましてあげてグッド(上向き矢印)


2138.jpg


2人ともドキドキしていて落ち着かなくてあせあせ(飛び散る汗)

感動の対面とはいきませんでしたが失恋


2137.jpg


可愛い2ショットが撮れましたカメラ


これからゆっくり仲良しになろうね揺れるハート






青森から美味しいものが届きましたプレゼント


IMG_2128.JPG


豪快なパッケージに入ったねぶた漬かわいい
海鮮や野菜がぎっしりで白いごはんが進みます


IMG_2129.JPG


のんのママさん、ありがとうございました黒ハート







ニックネーム 雨 at 13:00| Comment(0) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

フォーラム 心臓病を手術で治す方法(2)

昨日の記事の続きです犬(笑)


coat 001400.jpg


心臓病のステージ



愛犬が心臓病だと診断された時に病院で
「この子は4段階の2ですね」とか言われる事がありますが家

そのステージってどういうものなのか、皆さん説明を受けてますか?

意外と内容の説明を受けずに「4段階の2だからまだ安心」とか
何となく思っていたりしていないでしょうか


上地先生から、簡単なステージの目安について説明がありましたので
私なりにまとめてみたいと思います演劇


ステージA
キャバリア、チワワ等、将来僧房弁閉鎖不全症を発症しやすい因子を持っていると思われる犬種で
心雑音も心肥大も無い状態

ステージB1
聴診で心雑音が認められるものの、心肥大等の症状は出ていない状態

ステージB2
心雑音に加えて心肥大が認められるが、まだ肺水腫には至っていない状態

ステージC
肺水腫や呼吸困難を起こしている状態

ステージD
投薬治療などを行っても肺水腫や呼吸困難が制御できない状態
    

つまり、心臓の大きさと肺水腫など心不全の兆候によって
ステージは分かれているということになり
それによって治療を始めるかどうかを決めているわけですね


ちょっとショッキングですが
各ステージ毎の平均生存率についてのお話もありました爆弾


統計によると

ステージB1の場合・・・40カ月以内に半数が心不全の症状が出たり
            急激に進行して亡くなったりする

ステージB2の場合・・・40カ月以内に90%が悪化する

ステージC の場合・・・6〜8カ月以内に半数が亡くなる

という事ですが、症状が出てきたところで血管を拡げるACE阻害剤や
強心剤のピモペンダンを使う事で悪化のペースを下げる事が期待されますくすり


ただ、病気自体の進行を止める事はできないのでバッド(下向き矢印)

平均してB1の期間が2〜3年、B2の期間が1〜2年
症状が出始めてから末期の状態になるまでが1年半程度なのだそうです

薬で治療をおこなったとしても、心不全の症状が出てからは
1年半〜2年の間に90%が亡くなってしまうという事でした犬(泣)


これまで、各ステージの状態については知っていましたが
具体的にその期間の平均値を聞くと
タイムリミットに向けて戻らない道を進んでいるのだと実感します犬(足)



poco1st300.jpg


僧房弁閉鎖不全症の手術



僧房弁閉鎖不全症は、弁が閉じにくくなったり弁を支える筋が切れたり
伸びてしまったりする病気なので
薬でそういった状態を物理的に治すことはできません
臨床症状を改善したとしても、やがては重度の心不全になる訳です


そこで、手術によって弁の状態を修復するのが手術です病院


上地先生は10年ほど前から僧房弁閉鎖不全症の手術をなさっていて
現在までに650例以上の執刀経験があるそうです
1.3kgのチワワから50s以上の大型犬まで
年齢は5歳から14歳までいたとか

14歳の手術というのはすごいですが
飼い主さんは苦しそうに何度も肺水腫を繰り返す姿に胸を痛めていて
リスクを承知で「少しでも楽に過ごせる時間を与えたい」と手術を決断
その結果、マルチーズちゃんは無事に手術を乗り切って
何と17歳まで長生きしてくれたそうです


私はたまたま最近、人間の心臓外科医の講演を聞く機会があったのですが
心臓の手術というのは人間でも高齢で行うことが多くて
手術の問題となる他の病気が無い場合
80歳過ぎでも決して特別な事ではなくなっているそうです紅葉



実際の手術のやり方ですが注射

僧房弁に関しては弁を人工弁に取り換える置換術よりは
元々の弁を修復する手術が主流になっているそうで
上地先生も主にこの手術を行っています手(パー)


心臓の手術をする時には、人工心肺で体外循環を確立して
心臓を止めている間に手術を行う訳ですが
上地先生の病院では1回の手術に8〜11人の獣医師・看護師が携わるそうです
執刀医・助手・麻酔医・器具補助などそれぞれに役割があって
心臓を止めている時間を極力短くする様に協力しあう
まさにチームで手術を行うのだなと思いました


心臓を止める時には大動脈を鉗子で挟んで遮断するのですが
その際、冠動脈に心臓を保護する液体を注入して心臓を保護します
頸の血管から引いた血液を人工心肺に引いて酸素を与えて体内に戻し
全身に酸素の含まれた血液を循環させます


こうして準備が出来たら、弁の修復に取り掛かります
もしも腱索という弁を支える筋が切れている時には再建し
僧房弁を縫い縮めてしっかり閉まる状態に戻します


弁の状態によって結果は違ってきますが
手術を行う事によって弁が閉じやすくなり
血液の逆流が減って心臓が肥大するのを防ぐことができるそうです


手術全体の時間は6時間ほどだそうですが
大動脈を遮断して心臓が止まっているのが50分
人工心肺が作動しているのが100分程度だという事です


入院期間は1週間程度ということなのですが
気になるのは手術後に起きるアクシデントですね


次に、術後に起こる合併症についても説明がありました



dressup400.jpg


心臓手術後のリスク


心臓の手術後には血栓が出来やすくなる為、抗凝固剤を投与しますが
それでも運悪く出来た血栓が飛ぶことがあります
足の血管に飛んで詰まると足を痛がったり歩きにくそうになったり
脳に飛んでしまうと脳梗塞などになって、場合によっては致命的になります


その他の合併症としては、貧血や横隔膜の麻痺が起きる事もあるそうです




手術実績


上地先生が大学から独立して2年余りで手術した158例の中で

年齢層は9〜11歳

ステージはC

犬種はチワワ   が多いそうです


退院率は92%(術中の死亡例は有りませんが術後入院中の死亡が8%)

退院後3カ月以内に腎不全や突然死で亡くなったのが3例


結果としておよそ91%が無事に生活に復帰して

手術前の症状が軽かった子は投薬も不要になっているそうです猫(足)



s-naughty 004.jpg


雨の感想


これまでは薬で進行を遅らせたり症状を緩和するしかできなかった病気が
手術で「治す」という選択肢が出てきたことは大きいと思います
苦しい思いを長い間させずに改善してやれるならどんなに良いだろうと思いますが

一方でリスクも決して小さくは無いと思うので
決断には飼い主の覚悟が必要だと感じます

手術を実施している医療機関もまだほんの少ししかありませんし
費用もかなり掛かる様ですので
実際に手術を選択できる人も限られてくるかもしれません

今後こういった手術の安全性がより高くなって
実施できる医療機関が増えて費用が一般の外科手術並みになって
心臓病で苦しむ子が減っていくことを願っていますぴかぴか(新しい)



パソコンこの記事は私がセミナーの記憶をもとに書いています
内容が実際と違っている部分が有るかもしれませんので
興味のある方や手術を検討されている方は
心臓の手術を行っている医療機関にしっかり確認してくださいね












 


ニックネーム 雨 at 14:03| Comment(2) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

フォーラム 心臓病を手術で治す方法(1)

9月に行ったフォーラムの記事をずっと書いていませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

記憶が薄れてきてしまったので、メモを参考に思い出しながら書きます本

例によって写真は過去の倉庫から引っ張り出してきてますので
記事とは関係ありません犬(笑)



0086.jpg


「心臓病を手術で治す方法」
           JASMINEどうぶつ循環器病センター 上地正実先生


歴代4マルはシニアになってから心臓病を抱える様になりました
現在もポコは薬を飲みながら年に2回の検査を受けて
心臓病の進行度合いをチェックしていますくすり

以前は小型犬の僧房弁閉鎖不全症の治療は薬で進行を遅らせたり
症状を軽くしたりする以外に方法は無いと言われていましたが
外科手術によって弁の修復を行う事によって
「治す」という治療の選択肢が出てきました病院

でも、まだ手術を行う医療機関は少なくて、広く普及はしていません

ずっと知りたいと思っていた心臓病の外科治療について
やっと上地先生のお話を直に聞くことができましたカラオケ


まず、犬猫の心臓病についてですが
小型犬に多いのが僧房弁閉鎖不全症、大型犬では拡張型心筋症
猫の場合は肥大型心筋症の発症率が多いのだそうです

人間に多い動脈硬化などによる心筋梗塞等は
寿命の違いから犬猫には少ないということです
でも、犬猫の寿命も年々伸びていますから
今後は人間と同じ様な病気が増えてくることもあるのかも?


0073cologneinbed.jpg



今回は小型犬の僧房弁閉鎖不全症の手術についてのお話でした


僧房弁が肥厚したりしてちゃんと閉まらなくなり血液の逆流が起きると
充分な酸素が取り入れられなくなって息が苦しくなります

これまで私は、心臓病で亡くなる時というのは
全部「心不全」だと思っていたのですが
心筋梗塞などの様に心臓が急激に動かなくなって
全身に血液が行きわたらなくなって死に至る場合と違って
僧房弁閉鎖不全で亡くなる場合というのは
肺に水が溜まって息が出来なくなって「呼吸不全」になって
その結果亡くなるということです

苦しそうですね・・・ふらふら


dogsincage.jpg



僧房弁閉鎖不全の症状としては、まず心雑音がみられる様になります
聴診器を当てると雑音が有ると指摘されても
この段階ではまだ目立った症状は何も無いということも多いです


心臓病が進んでくると、咳が出てきたりしますが
咳には種類があってそれぞれ原因が違うということも
動画で説明がありました

これも、ずっと気になっていた点ですごく参考になりましたひらめき


シオンやこーちゃんがしていた様な「クエーックエーッ」や「ガーガー」という咳は
気管気管支軟化症というものだったそうです
気管の軟骨が弱ってきて気道を開いておくことができなくなり
気管がぺしゃんこになってしまうことで起こります
僧房弁閉鎖不全症と気管気管支軟化症はほぼ同時期に発症するので
「心臓が悪くなって咳が増えた」という時の咳は
気管の問題によることも多いそうです
ですから心臓の薬を飲んだとしても咳が止まらないという事が起こる訳です


次に「カーッ!ペッ」と痰を切る様な咳がずっと続く時
これは慢性気管支炎の可能性が有るそうです


これまで「心臓が悪いから咳が出る」と漠然と思っていましたが
それは心臓が肥大することによって
空気の通り道に影響が出るせいだったんですね

咳が出るのは、心臓が肥大して気管支を圧迫して軟化症になったり
呼吸数が増えることで気管を刺激したり
肺水腫で肺に溜まった水が気管支を刺激したりするそうなのですが
心臓病で咳の出る子の内、肺水腫が起きている子というのは
必ずしも多くないということです
心臓が肥大することが咳の原因であって
咳が出るから即肺水腫があるということでは無い様です

心臓が肥大することが咳や呼吸の苦しさを起こして
やがては肺水腫を引き起こす可能性があるということなら
心臓を小さくすれば症状は緩和されることになります
その為に利尿剤などを使って心臓のうっ血を取るのですが
外科手術で僧房弁自体を修復してしまおうというのが
上地先生の病院が行っている治療です



52day2.jpg



「僧房弁」てどんなものかというと四葉

左心房と左心室の間にあるのですが
「餃子の皮」みたいな感じの弾力の有る膜なんだそうです
これが段々と弾力を失ってきて固くなってくることから
弁としての機能を果たせなくなるのが僧房弁閉鎖不全です

これは種による遺伝的な問題で、食べ物とか飼い方には余り関係無いそうですエサ




・・・と、すみません、今日はここまでm(_ _)m

次回は心臓病のステージと、実際の手術の仕方について書く予定ですパソコン







ハロウィンの昨日、とっても可愛いモンスターのお写真が届きましたモバQ


IMG_2127.JPG


エリカさんちのミランちゃんかわいい

お菓子あげるから来て来て〜黒ハート


IMG_2126.JPG


飼い主にお菓子もいただいてしまいましたバースデー


エリカさん、ありがとうございます犬(笑)





ニックネーム 雨 at 12:24| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする