2017年03月13日

歯科処置について

3015.jpg

今日も大学病院に行ってきたポコちん病院


先日、循環器の定期検査を受けた時に歯石の除去について相談してキスマーク
歯科処置を担当してくれる総合診療科の先生を紹介してもらいましたひらめき

でも、13歳を過ぎての全身麻酔をかけての処置となるので
簡単には決断できなくて・・・あせあせ(飛び散る汗)

今日は、担当して下さる総合診療科の先生に直接話を聞きに行きましたダッシュ(走り出すさま)


3016.jpg


ポコは心臓病の他に腎臓結石も有り、胆泥症も有ります爆弾
そういったリスクについて、ひとつひとつ検討していきました猫(足)
お腹のエコーも診てもらいました目


その結果、今の全身状態で有れば歯科処置を行う時間内の麻酔は可能だろうという結論に眠い(睡眠)
ただ、、麻酔後の腎臓の様子を見たいので、当日は一泊入院になるそうです病院
一応来月初めに歯科処置と入院の予約を入れてもらった帰宅しました演劇


総合診療科の先生は、漫画家の浦沢直樹似のちょっとファンキーな外見の方でしたが音楽
飼い主の質問にも丁寧に答えてくれましたよ犬(笑)

なんと、「この子のお母さんはシオンちゃんですよね」とご存じでしたかわいい
研修医時代に、シオンが大学病院で治療を受ける現場に立ち会った事があるそうです注射



どんなに慎重に準備しても、薬へのアレルギー等予測できない事態が起きる可能性はあります爆弾
年齢や既往によるリスクも、若くて健康な子よりは高いですグッド(上向き矢印)
そういった可能性も考えて、当日までに体調不良などが有れば
中止させてもらうつもりです手(パー)


3018.jpg


ポコちん、がんばれるかな?



そして、もうひとつ心配なのが・・・あせあせ(飛び散る汗)


もしポコが歯科処置を受ける場合、飼い主は麻酔が覚めるまで病院で待つつもりです病院
その場合、ツキスミは朝から夕方までひとりで家で留守番することに失恋


3017.jpg


最近分離不安がますます強くなってるので、ひとりで居られるものやら失恋
今日も、数時間ひとりで留守番させただけで帰宅時には大騒ぎでしたしね〜犬(泣)


誰かにシッターさんになってもらうか?



色々懸案事項が有るので、来月まで更に慎重に検討を続けたいと思います手(グー)






ニックネーム 雨 at 21:58| Comment(3) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする