2017年03月16日

肝性脳症の新薬

3月16日は「ミドルの日」だそうですよ演劇


3024.jpg


ウチの犬でミドルと言えば・・・犬(笑)


3026.jpg


ポコちんは「堂々のシニア」だよね紅葉

しかも最近ヘアスタイルがトサカになってるしグッド(上向き矢印)


3028.jpg


そうすると、今年6歳になるツキスミがミドル?バースデー


3027.jpg


「少女」」と言うよりは「ガキ」だけどね〜顔(ペロッ)




そんなツキスミは門脈シャントの影響で、時々肝性脳症の発作の様な症状が出ます台風

新聞にこんな記事が載っていました目


3023.jpg


去年の11月に、人間の肝性脳症の治療薬が新たに発売されたそうですくすり



肝性脳症は、肝疾患が進行して肝臓の働きが低下するとバッド(下向き矢印)
血液中のアンモニアが分解されずに体内を巡り台風
それによって脳の機能障害が起こるらしいです爆弾


肝性脳症を抑制する為に、これまではラクツロース等の特殊な糖類で腸内の窒素化合物を減らしたりフン
血漿アミノ酸の不均衡を是正する為に特定のアミノ酸を追加したりしていました四葉


発売された薬は抗菌薬で、腸で吸収されにくくくすり
一部の腸内細菌を減らすことでアンモニアの発生を抑えるのだとか四葉

結果として血中アンモニア濃度が下がり、肝性脳症の発症を防ぐ事が期待されている模様手(パー)


近年「腸内フローラ」なんていう言葉が流行ったりして腸内環境が注目されてますがひらめき
肝性脳症を持つ患者の腸内環境を整えることで
肝機能の改善や延命効果が期待できるのなら
従来の治療に加えるという選択肢もあるのでは手(グー)



腸内細菌と肝性脳症との関係はまだわからない点が多い様ですが
これってツキスミみたいな門脈シャントの子にも使えないかな〜犬

ちなみに、この薬は恐らくあすか製薬の「リフキシマ」(一般名リファキシミン)演劇



検索したけど、獣医療への利用の記事は見つけられませんでしたあせあせ(飛び散る汗)


ちょっと情報収集してみたいと思います目





今日のおやつ