2017年05月12日

うえっぷツキスミ

昨日のお散歩です犬(足)





3504.jpg


時々不規則歩行になりつつも、元気に歩いたツキスミでしたが・・・





お散歩後に恒例のごほうびを拒否犬(怒)


なんか怪しいな〜と思っていたらあせあせ(飛び散る汗)


この後しばらくして吐きました爆弾


ここひと月ほどは吐き気も落ち着いていたのですが、久しぶりの嘔吐犬(泣)


3506.jpg


吐いた後も震えて気分悪そうにしているし、歯茎の血色を見ると真っ白だったので
念のために病院に行くことにしました病院


ちょうど毎月のお薬をもらいに行くタイミングだったしねくすり


病院で待っている間に震えは治まって血色も戻ってきましたがグッド(上向き矢印)
一応、気になる項目だけ血液検査してもらうことにしました注射



IMG_3507.JPG


左の数値が先月4月13日で、右が今日の数値です目

幸い、肝酵素の数値も上昇していないし、低血糖の所見も無さそう四葉


先月気になっていたのがアルブミンの低下でしたひらめき


アルブミンは肝臓で作られるタンパクで、血漿膠質浸透圧の維持をしています
つまり、アルブミンが低下すると血液から水が出て行ってしまって
その結果体がむくんだり、腹水が溜まったりしてしまうんですたらーっ(汗)
また、低アルブミンになると薬の効きが悪くなったり、副作用が強く出たりすることもある様です爆弾


普通よりもずっと小さいツキスミの肝臓はアルブミンを作るのが大変です失恋
また、肝性脳症のコントロールの為に食事のタンパク質を制限しているのでエサ
人手不足な上に物資も足りない工場で生産している様なものですねバッド(下向き矢印)


肝臓で必要なだけのアルブミンを作る事が難しいので
それを補足する為にアミノ酸を含むベジサポを与えている訳ですが四葉
アミノ酸の中でもBCAAと呼ばれるものとAAAと呼ばれるもののバランスが重要手(パー)
ベジサポを標準投与量の倍ほど与えてもアミノ酸バランスが充分でなかったので
ツキスミは更にBCAAの製剤を追加していますくすり


前回、アルブミンがちょっと下がっていたのでバッド(下向き矢印)
もしもこのまま下がり続ける様なことがあれば
BCAAを増やしてみようかと思っていましたくすり


今回の検査結果で、わずかですが前回よりもアルブミンが上昇したのでグッド(上向き矢印)
とりあえずBCAAの投与量は増やさずにもう少し様子を見ることに猫(足)


生涯付き合わなければいけない病気を抱えているツキスミ爆弾
微妙なバランスを取りながら、先生も驚く位にがんばってくれています手(グー)


来月のお誕生日を笑顔で迎えられる様にがんばろうね犬(笑)