2009年02月21日

戦う女子部・ライカ編

image/4mal-nikki-2009-02-21T17:31:10-1.jpg
シオンの大学病院から帰って、雨も上がって少し暖かくなった夕方(^^)今度はライカを連れてイーストウッド先生の病院へ。

点滴に加えて吐き気止めの注射をしてもらい、何とか吐き気は収まっている様です。

頻繁に吐き気が出てしまう事から、今まで飲んでいた薬の内容を少し変更して頂く事になりました。

食べたい気持ちはあるらしく、ごはんの支度を始めるとちゃんと側まで来るのですが、食べ物の匂いを嗅いだり口に物を入れたりすると気持ち悪くなっちゃうらしくて、食べるのを諦めてしまうんですよね(;_;)

強制給餌ばかりでは、ライカが食べる楽しみを感じる事が出来なくて無理やり喉に流し込まれれのも可哀想ですし(ToT)何とか吐き気が治って自発的に食べられる様になるといいなと思います☆

腎疾患の子は増えていますが、病状が相当進まないと症状が現れてこない事もあり、なかなか治療が追い付かないのが現状です(-_-;)

究極の治療は腎移植という事になると思うのですが、技術的には可能であっても倫理面など、難しい問題が色々ありますよね。

人間の臓器移植でも日本ではなかなか普及しない位ですから、ドナーを探すのはかなり厳しいのではないでしょうか。

そうなると同じ飼い主の同居犬から生体移植するしかなく、でも本人の同意を得るのは困難だし、病気の子の為に健康な子の臓器を摘出するのはどうなのか?とか、わざとドナー犬を飼う人が現れたら?とか…医学だけの問題ではなくなっちゃうんですよね。

医薬品の開発に沢山の動物実験を行っている人間が今さら言える事ではないのかもしれませんが…

飼い主の腎臓を分けてやれるなら、と思ってしまう私です。

ニックネーム 雨 at 17:31| Comment(2) | 慢性腎不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですねぇ...今は必要な事なんだけど「食べる楽しみ」を感じる事が出来ない毎日ですものね(T-T) 新しく変えたお薬に期待したいですね。
匂いを嗅いで吐き気がしない食べ物ってないんだろうか。。。
多少バランスが乱れても今は自分で自分のお口から食事が出来る事が重要ですものね。
連日のお注射--; ライカちゃんも本当に頑張ってますね!

お雛様...女王様のも姫様のもとっても可愛いいですね^o^
うちは端午の節句をやってあげた事ないなぁ...^^;
今年はパア〜と鯉のぼりでも?庭がなかったデシタ(汗)

Posted by Andymama at 2009年02月22日 01:46
>Andymamaさん
 食欲不振の原因がわからないので、何とも対処の仕様がないのですが、基本的には腎不全による体内の循環の悪さがあるのではないかと思います。それはもう良くなる事はないので、何とか少しでも食べる意欲の出る方法を考えたいですね。
鯉のぼり、最近はマンションとかでもベランダに出してるお宅ありますよね。ウチもポールを立てる敷地は無いので、鯛焼きで我慢とか?
Posted by 雨 at 2009年02月26日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。