2009年04月03日

シオンピンチ!

image/4mal-nikki-2009-04-03T13:08:32-1.jpg

シオンの大学病院診察の日ですが…

赤血球の数値がまた更に落ちてしまいました(;_;)

この所、疲れ易くなったのと粘膜の異常な白さから貧血の進行は予測していましたが(-_-;)

シオンの場合ステロイドへの反応が鈍く、他の免疫抑制剤でも余り効果が出なかったため、次回は入院して免疫製剤を使う事になりそうです。

ただ、免疫製剤も前回既に効果が薄れていた事から、どこまで効果が出るかはわかりません。
効果が出ない場合でも重い副作用のリスクはあるので、非常に辛い所です(T-T)

今回はレントゲンで若干脾臓が腫れてきているという所見がありました。
昨年末の検査では脾臓の腫れが見られなかった為、手術のリスクを考えて内科治療を選択したのですが、果たして今の段階での脾臓摘出手術の可能性はどうなのか…

状況はかなり厳しく楽観を許しませんが、飼い主として責任を持ってこの小さな命と向き合っていきたいと思います☆

【自己免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の最新記事】
ニックネーム 雨 at 13:08| Comment(0) | 自己免疫介在性溶血性貧血(IMHA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。