2009年08月02日

オールド親子@血液検査

image/4mal-nikki-2009-08-02T15:10:11-1.jpg
先日、オールド親子の血液検査をしてもらいました(^^)d

犬が若くて元気な時には、病院で検査するのも「念のため」っていう感じで軽い気持ちで受けられましたが、犬が年を取って持病を抱える様になってくると、結果が出るまでドキドキしちゃう飼い主です(-_-;)

ライカは、まず気になるのが腎臓の状態を表すBUN(尿素窒素)とCRE(クレアチニン)

今回は BUN 42.9
CRE 2.6 でした

慢性腎不全があるのでどちらも基準値よりは高いのですが、激しい吐き気の続いた今年の正月には BUNが140もあった事を思うと、まだ良い方ですね。

ライカの場合、6歳を過ぎた頃からBUNの高値を指摘される様になり、10歳頃にレントゲンで腎臓結石が見つかりました。
その後徐々に腎不全が進むと共にCREが上昇、吐き気等の症状が出てきました。

腎臓は、検査で数値の異常が見つかった時にはすでに機能の75%が失われていると言われる位に早期発見が難しかったりするのですが、水を飲む量やオシッコの量と回数、吐き気等に日頃から気を付けたいですね(^o^)v

こーちゃんは、春から食事内容を変えながら経過を見ている BUNとカルシウム、リンのチェックです。

8歳頃からやはりBUNが高かったこーちゃん。
癌の放射線治療を受けていた期間は、毎週大学病院に通うのと別に、当時の掛かり付けの先生の所で週に二回補液をしてもらっていました。

それで、ライカの様に腎不全になっては大変と、ここ数年腎臓サポートのフードを与えていました。
ところが今年春の検査では、BUNが基準値に下がった代わりにカルシウムが上昇してリンが低下している事が判明(@_@)

以来、腎臓サポート食とシニア食の配合を1g単位で変えて数値の変化を見ています。

約1ヶ月前から腎臓サポート食とシニア食を2:3で与えてきましたが、これだとBUNとカルシウムは基準値だけど、まだリンが低い(-_-;)

なので、今度は3:7でまたしばらくやって、検査結果の違いをみたいと思います。

病院では、検査をすると色々な事を教えてもらえるので勉強になりますね(^^)

ニックネーム 雨 at 15:10| Comment(2) | 慢性腎不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
病院で教えていただけるほど
心強いことはないですね(#^.^#)

地方は病院って、選べないほど少ないのです。
でも1時間離れたところに
腕のよい獣医さんを紹介していただき
気分的に楽になりました。

イザと言うとき 飼い主がしっかりしないと
ですね(#^.^#)
Posted by まさみやん at 2009年08月03日 14:59
>まさみやんさん
 信頼できる獣医さんが見つかってよかったですね病院確かに都心部は動物病院が増えましたね。我が家の周辺だけでも4軒あります。スタバは無いのにあせあせ(飛び散る汗)でも選択肢が増えれば増えたで、今度はどこに行くべきかで迷ったりするんですよね顔(汗)
Posted by 雨 at 2009年08月05日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。