2009年10月13日

薬の調整

2009101310040000.jpg

今日はシオンの大学病院診察でした。

連休明けのせいか、病院はとっても混んでいました。
待合室はワンコと飼い主さんでいっぱい(@_@)

そんな中、いつぞやのコーギーちゃんの飼い主さんに会いましたよ。
今日はお母さんとお父さんも一緒でした。

あの手術の後の経過は順調な様で、元気そうでした。
お母さんも今日はうれしそう(^^)
良かったね☆


さて、シオンの検査結果ですが…

貧血の指標であるヘマトクリット値は、
前回22から23.5にほんの少し上がりました。

貧血を悪化させる甲状腺機能低下が、一ヶ月の投薬によって少し回復したのかも?

と思いましたが、甲状腺機能の検査ではまだ基準値よりは低いそうなので、治療はまだ始まったところという感じですね。

ではもっと甲状腺機能を上げる薬を増やせば良いのかというと、そう簡単ではないらしくて…

シオンの場合、免疫を抑制するためのステロイドも飲んでいますので、まずステロイドを減らしてみてヘマトクリット値が維持出来るかどうかを見てから、甲状腺機能の薬を増やす…という順序になるそうです。

薬の調整というのは、すごくデリケートなものなんですね(-_-;)

でも、とにかく今回も入院が必要なレベルはギリギリクリア出来た事に感謝です(T-T)

【自己免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の最新記事】
ニックネーム 雨 at 13:33| Comment(2) | 自己免疫介在性溶血性貧血(IMHA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雨さん、こんばんは☆

シオンちゃんのヘマ値、上昇してて良かったー♪そうそう、薬って難しいですよね(-"-)タロウの時も数グラム単位で調整していたので「そんなに小さな数値じゃ対して変わらんやろ」って思ってた時もありました。でもその数グラムでタロウの調子も変わるのでビックリしたことがあります。
ステロイドを使うとなかなか止めたくても急には無理なので、徐々に減らしていってシオンちゃんの体調が良くなりますように☆

↓女王様、体重アップおめでとうございます!!カットもしてすっきり美人さんになりましたね。ジョシュくんは男顔だけど、女王様は「ザ・女王様」顔ですね〜(^^)

Posted by アキコ at 2009年10月14日 23:07
>アキコさん
体重の少ない犬にとっては、ゼロコンマ数ミリの差でも薬の影響は大きいでしょうね。
シオンは免疫の病気なので、病状が悪くなるとステロイド増やしてまた減らして…を二年以上続けていますが、やはり長期投与による副作用は避けがたいものがありますね。他の薬も沢山飲んでいるので、複合的な副作用も心配です(-_-;)
副作用が無くて効果の高い薬というものが開発されたら良いのですが…
Posted by 雨 at 2009年10月15日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。