2010年03月05日

【芝居】上海バンスキング

先日、とっても懐かしい芝居を観てきましたかわいい

2010030418160000.jpg
「上海バンスキング」です犬(笑)

オンシアター自由劇場がずっと前に上演した舞台なんですが、今回は16年ぶりの再演ひらめき

昔は良く芝居に行っていた私は、この舞台は六本木の自由劇場と、あと確か博品館と最終公演になったシアターコクーンで観ました目

昭和の初め、戦争の影が濃くなってくる時代を背景に、日本人ジャズマン達の恋と夢と挫折の日々が、列強の租界などが有った上海を舞台に描かれています本

当時何といっても斬新だったのは、出演する役者さん達が全て楽器の生演奏をするという事でした。しかも本格的なジャズるんるん

ヒロインの吉田日出子さんの歌声と共に、この役者のジャズバンドは大きな魅力となって舞台は大ヒットグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
劇場の規模を大きくして何度も再演されましたが、16年前に「封印」という事で最終公演となったのでした手(パー)

それが今回は奇跡の再演ぴかぴか(新しい)

役者さん達はちょっと年を取って髪の毛が薄くなったりしたけれど、皆が演奏する懐かしの名曲や吉田日出子さんの歌声も当時のままでカラオケ、私も六本木の地下にあった劇場に足を運んだ時代にタイムスリップしたみたいでした船

幕間の休憩をはさんで3時間以上の舞台はあっという間で、その休憩や終演後のロビーでも生演奏を聞かせてくれて、帰りの道々は体がスイングしている感じるんるん

すごーくすごーく良かったです黒ハート黒ハート

ニックネーム 雨 at 12:20| Comment(2) | 雨の好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったねぇ、好きなお芝居が見れて。
お芝居とか映画って1度いくとまたすぐに行きたくならない?

今年は1人映画を出来るようにしようかなぁ
Posted by jewel at 2010年03月05日 23:57
雨さんの最後の一行でどんだけ楽しかったか、すっごく分かりますよん^o^
好きなアーティストのコンサートやお芝居って長い時が経って
お互いにそれになり歳を取ってても「あの頃」に戻れちゃうんですよねぇ〜
吉田日出子さんて高橋克則の「元カノ」ですよね?
甘ぁ〜い声がいくつになっても可愛い女優さんですね。
Posted by Andymama at 2010年03月06日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。