2016年06月21日

「人間動物関係論」まとめPart2

最近、クマの出没ニュいースが相次いでいますねクマ

テディベアなら可愛いけれど、山の中で出会ったらやっぱり怖い爆弾
レオナルド・ディカプリオの映画じゃないけど、実際に被害も出ていますしねあせあせ(飛び散る汗)


その他にも、農作物が野生動物に荒らされたり、住宅街にサルやイノシシが現れたりダッシュ(走り出すさま)

小さな土地に動物と人間が住んでいると、色々軋轢が起きてしまう様です爆弾


0645.jpg


授業では、野生動物の問題や人と動物が共生する社会についても学びます本


日本オオカミ、日本カワウソ、九州ツキノワグマ・・・etc.
日本ではすでに多くの固有種が絶滅してしまっていますもうやだ〜(悲しい顔)


原因は乱獲であったり、自然環境破壊であったり外来種による淘汰であったり様々ですが、どれも簡単に解決できる問題ではないですね失恋


でも、生物の多様性を保つというのは国際条約にもなっている事でiモード
地球の環境を保つ事と共にそこで暮らす多種多様な動物たちと共生していくことは人類にとっても欠かせないことだと言われています



6368.jpg


講義の中で面白かったのは「再導入」という仕組みひらめき
例えば、日本の国鳥トキは、純粋な日本産は残念ながら絶滅してしまいましたが
大陸産の良く似た種を人工的に作られた環境で繁殖させて
それを日本の自然の中に「再導入」して四葉
ゆくゆくは日本に定着した個体が自然繁殖で増えていくという仕組み
その為には、トキが繁殖できる自然環境を整える努力も必要です四葉

けっこう気が遠くなる様な地道な努力の積み重ねが必要なんですねあせあせ(飛び散る汗)


農薬を減らして作物を作るには手間もコストもかかるけれど
そうやって作られたお米を自然と動物を守るブランドとして確立していく等、野生動物を守る事と、人間の農業生産などが共生していける為に
様々な試みがなされているというのにも感銘を受けました手(グー)


この授業を受けていると、日本は自然環境の保護に関しては後進国なんだなと思いますね〜もうやだ〜(悲しい顔)


0061.jpg


もっと日頃から色々なことを考えて生活しなくちゃいけませんね犬(足)



ワンコの保護活動をされている「ハッピー犬屋敷のわんこ達」の皆さんが
保護されたワンコたちとのふれあい会を開くそうです犬(笑)


6月26日(日)12時〜15時半

於:ドッグタウン小豆沢



夏場はワンコの体調を考えてふれあい会は無いそうですので晴れ
前期最後のチャンスですひらめき


「保護犬ってどんな子?」「里親になるにはどうしたら良いの?」等
興味のある方はいらしてみてはいかがでしょう犬(笑)


ふれあい会にご参加希望の方は、参加の注意を良く読んでからいらしてくださいね目


詳細は「ハッピー犬屋敷のわんこ達 〜保護犬を家族に〜」のHPをご覧ください




ニックネーム 雨 at 15:34| Comment(0) | 雨の好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。