2017年04月26日

歯磨きグッズ

歯磨きの話題が出たところで犬(笑)


現在ウチで使ってる歯磨きグッズはこちらです下


IMG_3470.JPG


右から、ペーストとして使ってるオーラティーンデンタルジェル
透明なジェル状で少し甘い味がします
刺激はなく、酵素が配合されていて歯科の先生も推奨されてました


ベージュの歯ブラシは「犬口ケア 歯ブラシスモールヘッドソフト」
毛足短めでヘッドが小さいので細かい部分を磨きやすいです


首の部分が赤いのは「DHC 国産ワンチャンごきげんデンタルブラシ」
毛足は長いですが、毛がとても柔らかくて歯茎への当たりがソフトなので
前歯の際とかに使ってます


歯ブラシはヘッドの大きさや毛足の長さ、毛の柔らかさなど
犬それぞれに合う合わないがありますし
飼い主さんの使い易さも有ると思いますので
色々試して選ぶのが良いのではないでしょうか猫(足)


それと、こんなのも使ってます下


IMG_3471.JPG


昨年の臨床獣医学会の時に企業ブースに出展してた「プロバイオデンタルペット」
ニュージーランドの大学で開発された犬の口腔ケアに良い善玉菌のサプリだそうです
人間も最近はお口のケアに乳酸菌が良いとか言われているので
試しにしばらく使ってみています



ところで、皆さまは愛犬のおやつはどんな物をあげていますかひらめき



以前は「歯垢が着かない様に犬には固いおやつやおもちゃを与える方が良い」なんて言って
小型犬にも固い骨やひづめを与えたりするケースが有りましたがホネ
その結果、歯が折れてしまう子が多いのだそうです犬(泣)


また、固いおもちゃでも同様に歯が折れる事があるし
ロープトイなどで強く引っ張ることで歯並びが悪くなる事もあるとか爆弾


犬の歯、特に小型犬の歯は結構デリケートで脆いんです失恋
「歯の為には固いものをかじらせた方がいい」とかって
ペットショップや知り合いに勧められて固いおやつやおもちゃを使っていると
知らない内に犬の歯がボロボロになっていることがあるそうです爆弾


ツキスミも、パピー時代の歯の生え変わり時期にプラスチックのオモチャ箱をカジカジして
下の前歯が少し前傾してしまいましたバッド(下向き矢印)

人間と同じで歯並びが悪くなると他の歯に負担がかかったり
歯磨きがしにくくなってプラークの磨き残しが出来てしまったりするので
良く注意して歯磨きする様にと歯科の先生から言われました病院


歯磨きガムという商品も売ってますが、あれだけでプラークを全部取るのは無理なので
やはり毎日の歯磨きが一番効果的ということみたいですぴかぴか(新しい)



3383.jpg


犬も人も歯のケアは毎日コツコツの積み重ねですね手(グー)




IMG_3363.JPG


お散歩道のタンポポが可愛い揺れるハート

ツツジも咲き始めましたねかわいい



歩いているだけで弱い犬の匂いがしてしまうのかあせあせ(飛び散る汗)
姿も見えないのに家の中の犬から吠えられるポコちん犬(泣)





マッスルスーツでも着ていくか?顔(イヒヒ)





ニックネーム 雨 at 12:00| Comment(2) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無麻酔で心配な歯も抜いてもらえて安心でしたね。ちょっと癖があるからどうかしら?と思いましたが(笑)良かったです。
あのレントゲンの技術や説明はとっても納得感があって、そして先生の見立ても自分の子だけに限ってですが、経年で先生の仰る通りになっていったりして、私も信頼しています。
ただ、本当に混みますし、先生との相性が悪いとつらい・・・というのだけがあれですが・・・(爆)でも、あの先生はとても美意識が高く、むやみに削ったり、シニアな子の麻酔にはとても慎重なので、歯を保全する方法を可能な限り考えてくださるところもとても私にとっては助かっています。
このままうまくメンテできるといいですね。
時々行くと、2分ぐらいでさっと表面をきれいにしてくださいますから、また調子が良い時にいかれるのもいいですね。
歯磨きグッズ情報、私も歯ブラシ使ってみます!
Posted by デンママ at 2017年04月27日 12:40
>デンママさん
 色々ありがとうございましたm(_ _)m
ちょっとユニークな先生ですが、歯科については本当に研究されていますよね病院
熱心な分、飼い主も日々のケアをきちんとやって欲しいというのが伝わってきますので、「お任せ」な飼い主さんには合わないのかも?
私は嫌いじゃないですよ〜犬(笑)
専門医の先生は「専門オタク」みたいな方も多いのですが、この先生は美術愛好家でもあるんですねアート
美意識の高さは美術愛からきてるのでしょうかぴかぴか(新しい)
これまで犬の歯科治療は抜歯が中心でしたが、犬の寿命も長くなってきた昨今、これからは人間同様「なるべく長く自分の歯で噛める生活」を目指す治療になっていくのかもしれないですね紅葉
Posted by 雨 at 2017年04月27日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。