2017年09月29日

肝臓専門診療

ツキスミと、肝臓専門診療の有る病院に行ってきました病院


夏の間は概ね元気に過ごしていたツキスミですが晴れ

9月に入ってから少し体調の低下が見られる様になってきましたバッド(下向き矢印)


そもそも、3年前に「余命は1年くらい」と言われているので

その時の記事は 右コチラ

いつ何が起きてもおかしくないと思っています爆弾



皆さんの温かい応援のお陰でかわいいあれから3年も頑張ってくれて犬(足)

今年はシニアの仲間入りをすることもできました犬(笑)


ただ、ツキスミの肝臓は治る事はないので、時間の経過と共に悪くなっている筈バッド(下向き矢印)

1年程前から時々起きる神経症状(発作)も気になっていました台風


このままで良いのか、ここらで一度現在の投薬や食事について見直すべきかひらめき



意外なことに、肝臓専門の診療科を持っている動物病院と言うのは余り無いんです病院
東京近郊の大学病院でも、腎臓科は有っても肝臓科という診療科の有る所は無くて失恋

大抵は内科か消化器科が診ることが多いと思いますが
私としてはもう少し突っ込んで聞きたい事も有ったので
地方の大学にいらっしゃる肝臓が専門の先生に手紙を出してみましたメール
紹介も無い一介の飼い主がいきなり手紙で質問なんて、本当に失礼なんですがあせあせ(飛び散る汗)


そうしたら、その先生から直接お電話をいただいてしまいまして顔(なに〜)
東京の病院で時々肝臓の専門診療をしているので
一度そちらで診せてもらえませんか・・・とのお言葉四葉
本当にありがたいお申し出ですもうやだ〜(悲しい顔)


実際に専門医の先生に診ていただくのは来月ですが紅葉
それに先立って必要な検査をする為にその病院に行ってきた次第ですダッシュ(走り出すさま)


今日はお腹のレントゲンと血液検査と尿検査注射

レントゲンでもはっきりわかる位にツキスミの肝臓は小さかったです揺れるハート

検査を担当した若い先生も「この肝臓で良くこれだけ維持できてますね」と驚いた様子でしたあせあせ(飛び散る汗)


外部機関に依頼する検査項目も有るので、それが全て出そろったところで
専門医の先生の意見を聞く予定です演劇

少しでもツキスミのQOLの維持に役立つお話が聞けるといいなと思いますぴかぴか(新しい)



訪ねた病院は、門脈シャントの手術はもちろん、腹腔鏡手術などの高度な手術もしているそうで
沢山のワンコと飼い主さんが来ていました犬(足)

今日は専門医の先生がいらっしゃる日だったので特に混んでいたのかもしれません病院

朝10時前に病院に着いて、最後の会計が終わったのが午後1時あせあせ(飛び散る汗)

初めて行く病院だったので緊張して余計に疲れました〜ふらふら



私は病院に行く時には、覚え書きを作っていきます本

今回は初めての病院なので、こんな感じ下


IMG_4412.JPG


診察室では飼い主が緊張して必要な事を言ったり聞いたりできなかったりする事があるので

メモ程度でも作っていくと獣医師とのコミュニケーションに役立つと思います手(チョキ)


ところで、会計の伝票を見てみたら目


IMG_4413.JPG


診断名が思いっきり書かれていましたあせあせ(飛び散る汗)


なんか、こうやって文字で書かれると改めて重いですね・・・犬(泣)



長い検査&待ち時間をおとなしくがんばったツキスミと共に帰宅すると家


4410.jpg


ポコが待ちかねたみたいに甘えてきましたダッシュ(走り出すさま)


4408.jpg


お兄ちゃんも留守番がんばってくれてありがとうかわいい



朝ごはん抜きだったツキスミはごはんが済むとお疲れモードムード


4407.jpg


でも・・・


4406.jpg


なんで・・・


4405.jpg


ベッドじゃなくて変な場所で寝るかなぁ〜あせあせ(飛び散る汗)




【肝臓内血管形成不全・後天性門脈シャントの最新記事】
この記事へのコメント
色々と大変みたいですね。
雨さんだからこそ、そこまで出来るのだと思います。
私のトリマーさんも、ショーとか出ている方で、ブリダーもされてありますが、雨さんと一緒で頭が下がる位、
凄いです。
どこの部位は大学病院。ここの所はこの病院とか、決め手ある様で。
私も、ルフィの皮膚病を他の病院を勧められましたが、最初の犬から24年間お世話になっている病院があるので、長いお付き合いで、たまに相違もありますが、夜中でも構わず看て頂いたり、今回は寝たきり状態のケンタも奇跡的に助けて頂いたので、なかなか割り切れなくて。


ツキスミちゃんは、見た目より相当悪かったんですね。
頑張って、まだまだ長生きしてほしいなと思います。
もちろん、ポコちゃんも。
よく、お留守番出来ましたね。

我家のケンタは信じられないくらいの回復力です。この状態が続けば良いなと思っています。
ツキスミちゃんも毎日元気で過ごせます様に祈っています。
Posted by クリリン at 2017年09月30日 01:42
>クリリンさん
 ケンタちゃんは本当にがんばっていますねぴかぴか(新しい)
お医者さんの治療も有るでしょうけど、やはり一番の薬はクリリンさんの愛情なのではないでしょうか揺れるハート
私はたまたまご縁が有ったり、近くに大学病院が有ったりするので色々な先生のお話を聞く機会が有りますが、その子の事を良く理解してくれて、飼い主の気持ちに寄り添ってくれる身近な「良医」が居れば、必ずしも「名医」だけが必要とされる訳ではないなと最近思います病院

クリリンさんのお宅の子たちは代々みんな愛情をいっぱいかけてもらって、本当に幸せだと思いますよかわいい
私も多頭飼いの後輩として見習ってがんばりたいです手(グー)
Posted by 雨 at 2017年09月30日 13:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。