2012年08月27日

モクモク@シオン

毎日厳しい残暑が続いていますが晴れ

皆様とワンコちゃんにゃんこちゃんはお元気でお過ごしでしょうか犬(笑)猫(笑)

最近、この暑さのせいかパソコンが不調でパソコン爆弾
ちょっとブログ更新をお休みしてましてすみませんm(_ _)m

4マル家は夏休みと言っても、持病持ちのシニア達がいる為紅葉
今年はお出かけも旅行も行かずに家にいます家

IMG_1790.JPG

こーちゃんは、毎日がんばって点滴に通っています注射

体調には波が有りますがグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)
半年前に病院でぐったりしていた事や爆弾
24時間静脈点滴を付けて酸素室で生活していた事を思えば
ずいぶん元気になったし本当に良く頑張ってくれていると思います手(グー)

そんなこーちゃんの隣で頑張ってきたシオンは・・・犬(足)

IMG_1786.JPG

ちょっと辛そうな様子ですねあせあせ(飛び散る汗)

先週に一度発作が起きたのですがどんっ(衝撃)
その後で咳が止まらなくなって、どうやら肺炎を起こしてしまった様です犬(泣)

IMG_1787.JPG

厳しい暑さとか、持病の心臓病とか、長年飲んでる薬の副作用とか
あとは加齢など原因は色々考えられますが爆弾爆弾

幸い肺水腫まではなっていない様子ということで
病院で吸入をしてもらっていますキスマーク

IMG_1799.JPG

左のホースから薬の入った蒸気が出てましていい気分(温泉)

IMG_1797.JPG

それを鼻から吸わせようとするのですが・・・

嫌がってタオルの中に潜り込み犬(怒)

IMG_1798.JPG

白い犬が白いモクモクの中に埋没していきましたモバQ

IMG_1800.JPG

「しーちゃんが、いなくなってしもうた・・・あせあせ(飛び散る汗)

一緒に点滴に来ていたこーちゃん注射
吸入をするシオンを見ていて超ビビッてました失恋

シオンは、少しずつ良くなってきていますよグッド(上向き矢印)

シニアになったり持病が有ったりすると、本当に色んな事が起きますね顔(汗)

大切な家族の健康を守る為に、飼い主も体力付けてがんばりましょう手(グー)


さて、そんな飼い主さんのお助け企画かわいい

「愛犬の健康勉強会Vol.3  目指せ!元気なお散歩犬」予告編〜イベント

開催日 2012年11月23日(金・祝日)

場所  未定(杉並区内を予定・9月初旬に決定します)

定員  30名程度


まだ会場などは未定ですが
詳細が決まり次第お知らせしたいと思います演劇

「興味有る〜exclamation」という方はご連絡頂ければ
最優先でメールでお知らせしますメール

また、整形外科に関するご質問等がありましたらお寄せ下さいねパソコン


過去の勉強会の様子はコチラをご覧下さい下

犬勉強会Vol.1の記事

http://4mal-nikki.a-thera.jp/article/2455090.html?1343710817

犬勉強会Vol.2の記事

http://4mal-nikki.a-thera.jp/article/2929349.html?1343710343


ニックネーム 雨 at 12:56| Comment(6) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

こーちゃん@Lipo TEST

先日、こーちゃんは新しい検査を受けました病院

IMG_1716.JPG

Lipo TEST という検査ですひらめき

犬も最近は長寿になってきて、その分人間と同じに色々な病気にかかる様になってきました
糖尿病や内分泌疾患なども増えてきているそうです爆弾
糖尿病やクッシング、甲状腺の機能異常などは一度なってしまうとなかなか完治は難しいですねふらふら
でも、早期発見するのは難しかったり・・・犬(怒)

これまで犬の血液検査では、中性脂肪(TG)と総コレステロール(Tcho)という形でしか調べていませんでしたたらーっ(汗)
人間の検査でやるみたいに「善玉コレステロール」とか「悪玉コレステロール」なんていうのを詳しく調べる為には沢山の血液が必要で注射
小型犬の場合は検査の負担が大きかったのだとか犬(泣)

数年前からそういった細かい検査を少量の血液で行える様になったそうで
それが今回のLipo TESTだということです注射

私もまだあんまり詳しいことは理解できていないのですが・・・あせあせ(飛び散る汗)

説明はコチラです目

今回何故こーちゃんがこの検査を受けたかというと犬(足)

胆嚢摘出後に起きた重度の肝障害と膵炎の長期化に関して
脂質の代謝異常も原因のひとつと考えられるかもという事でしたどんっ(衝撃)

結果、やはり脂質の代謝に異常がありそうです爆弾
VLDLというコレステロールと中性脂肪が標準より高くなっていますグッド(上向き矢印)
これは、糖尿病などのリスクも高くなるということなのだとか

ちなみに、普通の血液検査でのこーちゃんの結果は
中性脂肪も総コレステロールも基準値内に収まっているんですよ手(パー)
だから一般の検査だけではこの異常は見つからないという事なんですね顔(なに〜)

という訳で、この結果に基づいて新しい薬を追加して経過を見る事になりましたくすり

治療が奏功して吐き気が治まって四葉
こーちゃんが毎日ごはんを美味しく食べられる様になるといいなと思いますエサ

比較的新しい検査なので、まだ実施できる医療機関が限られているのと
費用もちょっと高めなので気軽に受けられる感じではないかもしれませんが失恋
「ちょっとウチの子気になるかも・・・」と思われる飼い主さんは
主治医の先生に相談してみてはいかがでしょうか病院


「4マルクイズ」今回はちょっと難しくて誰も答えてくれないかも・・・
と、内心ちょっと心配していた飼い主ですが顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

読者の皆さんの素晴らしい解答に感激もうやだ〜(悲しい顔)

本当にありがとうございましたm(_ _)m

今回のクイズは、犬に比較的起こりやすい病気について
ほんのちょっとでも興味を持っていただけたらと思って作ったので
もしも答が完璧じゃなくても、こんなの全然聞いた事がなくても耳

例えばこれをきっかけに、掛かり付けの先生に
「知り合いのブログに出ていたけど、これってどういう病気ですか?」とか
「こういう時にはどんな治療をするんですか注射」なんていう
話のきっかけになれば一番嬉しいです犬(笑)

ネットなどには沢山の情報があふれていますがパソコン
素人が自力だけで調べて得られる知識には限界がありますし
やたらと色んな事を調べてわかったつもりになるよりは
専門家との良いコミュニケーションが大切じゃないかな〜と思います手(グー)

獣医師の先生方は、より良い治療と新しい知識を求めて日々努力されてますしグッド(上向き矢印)
きっと質問すれば喜んで色々な事を説明して下さると思いますから手(チョキ)


最近私が好きなテレビ番組はNHKの「ドクターG」(木曜夜10時)TV

ある患者の病気を、ベテランドクターのアドバイスを受けながら
その臨床症状と問診の再現を通して若い研修医の先生達が推理していくというものくすり

これがなかなか推理ドラマみたいで面白いんですよ〜かわいい

お医者さんがどの様に患者を観察し、その話を聞いて診断に繋げていくか
その過程がとってもスリリングなんです揺れるハート

自分や家族が病院にかかる時に、どんな風に症状を説明したら良いかの
ヒントにもなると思いますので、お時間があれば是非見てみて下さいひらめき



ニックネーム 雨 at 16:23| Comment(3) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

投薬の秘密兵器!

先日ご紹介した様に、毎日沢山の薬を飲まなければいけないこーちゃんくすりくすり

シオンの場合は、ごはんの上に乗せてしまえば
薬だろうが何だろうがガッツリいってくれるんですがエサ

こーちゃんはちょっとでもごはんとは違う味がすると拒否するので犬(怒)
薬だけを別に飲ませていますくすり

錠剤の薬は、舌の奥の方に置いたらすかさず口を閉じてキスマーク
その後シリンジで少しずつ水を流し入れますたらーっ(汗)

これだと飲んではくれるんですが、何しろ数が多いので
何度も口に指を突っ込まれたり水を飲まされたりすると
それだけで気持ち悪くなっちゃったりするんですよね犬(泣)

そこで、新兵器を投入する事になりましたひらめき

IMG_1454.JPG

写真の白いスティックの様なものです目

IMG_1458.JPG

薬をまとめてこのカプセルに入れてくすり

IMG_1455.JPG

先のスリット部分にカプセルをはさみます手(チョキ)

お口に先を入れたらレバーを押すと薬がぴょこっと飛び出す仕組みダッシュ(走り出すさま)
いわゆる「ピルガン」ですね注射

こーちゃん、上手にお薬飲めるかな?



とっても上手に飲めましたよClap

これで毎日の投薬も少し楽になるね犬(笑)



ニックネーム 雨 at 11:00| Comment(0) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

読んでよかった本!

自分や愛犬が病院に行った時病院

どうしてお医者さんに自分の思いが伝わらないのだろうとか犬(怒)
どうしてお医者さんの言う事が良く理解できないのだろうと思った事はありませんか犬(泣)

患者と医師それぞれにアンケートを取ってみるとひらめき

双方ともに「コミュニケーションに問題が有る」と答える人がかなりの数に上るそうですグッド(上向き矢印)

そして患者の側からみますと、どんなに腕が良くてマスコミで「神の手を持つ」と言われる医師であっても手(パー)
コミュニケーションが上手くいかないと、自分にとっては「良い医師」には思えないものですよねバッド(下向き矢印)

コミュニケーションの問題というのは、単に「話が合う」というレベルの事ではなくて

それに続く診断や治療を決定する上で大きな障害になる可能性があり
診断ミスや間違った治療につながる恐れがあるという事なんです爆弾

では、どうしてそういったミスは起きてしまうのかというのを
医師が臨床の現場でどの様に考え行動するかという事に基づいて
実際の症例を挙げながら解説したのがこちらの本です本

IMG_1284.JPG

「医者は現場でどう考えるか」 ジェローム・グループマンひらめき

題名は難しそうですが、とても興味深い本ですよ犬(笑)

医師である著者が、様々な分野の第一線の医師達にインタビューしてカラオケ

「何故間違いが起きてしまったのか」または
「何故他の医師がわからなかった正しい判断ができたのか」を

その医師がどの様に考え結論に到ったかを追って探索していきます目

15年間も原因不明の拒食と嘔吐に悩み沢山の病院を訪ね歩いた女性や
ちょっとした事で骨が簡単に折れてしまう先住民の少年
養子の赤ちゃんの生命の危機に立ち向かう独身のキャリアウーマン・・・ETC.

苦しむ患者を前にして、必死にその原因をつきとめ
治療をしようとする医師の思考の過程を追っていくことは
まるでスリル満点のミステリーを読んでるみたいです

誰にもわからなかった真の原因を突き止めて
患者を救う事ができた場面では感動がこみあげてきますもうやだ〜(悲しい顔)

15年間原因不明で苦しんできた女性が、最後に或る医師に出会った時
初めて「私はあなたの物語を聞きたい。あなた自身の言葉で」
という言葉を優しい笑みと共にかけられて
彼女が語った言葉の中からその医師は病気の本当の原因を突き止めます目

専門医制度が発達していて、家庭医や掛かり付け医にあたる
プライマリー医師との分業がはっきりしているアメリカでも
やはり多くの医師はとても忙しい様です

患者の話しをじっくり聞く時間を惜しんで
あらかじめ作成されている質問チャートに従った質問をして
それをパソコンに打ち込んで解析して診断する
という様な場面も少なくないようです

日本でも時々いますよね
患者の顔も見ずにパソコンの画面を見ながら
「熱は有りますか」「咳は出ますか」など
一方的に質問をしてくるお医者さんパソコン

確かに、良くある症状から病気を絞り込んでいくには
効率が良いだろうとは思いますが

人間がひとりひとり違う様に症状も各々違うはずですから
型通りのアンケートみたいな質問だけでは
拾いきれない部分が出てきてしまうのは当然かもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

患者自身が積極的に自分の体の事について語れるように
導いていくことが必要なのだとこの本は説いています四葉

また、医療というのは不確実なものだという事を認識すること
検査を行っても100%原因がわかるとは限らないし
何の副作用も無しに病気を完全に治す治療を探すのは難しいという事を
医師が自覚しつつ、どの様に患者にそれを伝えて納得してもらうのか
それには非常に高度なコミュニケーション能力が必要ではないでしょうかキスマーク

医師が、自分が最適と思うひとつの治療法を決めて
それを一方的に説明し患者に同意を求める
「インフォームド・コンセント」ではなくて

患者が全ての選択肢のリスクとベネフィットを理解して
その中から自分が最善と思うものを選べる様にする
「インフォームド・チョイス」というのは
すごく良いなあと思いましたかわいい

患者ひとりひとりの環境や考え方が違えば
その人にとっての「最善の選択」というのも違ってくる筈ですから
「病ではなく人を治療する」という事を忘れてはならないのだとかぴかぴか(新しい)

コミュニケーションの問題に戻りますと

どんなに医師と患者が努力をしても、やはり人間同士ですから
「相性」みたいなものも無視は出来ないと思います

医者が患者に対して好き嫌いの感情を持つ事もあると思いますが
患者というのは、非常に敏感にそれを感じ取っているものです

「私はこの先生に嫌われている」と思ったら
とても信頼関係を結ぶことはできないですよね犬(怒)

どんなに名医と呼ばれる医師であって
その人が自分にとって最良の医師であるかどうかは
また別の話だということです

また、患者にも色々なタイプがいますから

私の様に大げさに事細かに気づいた事を話す人もいれば
実際の問題から目をそらす様に「大した事はないんだけど」
と言う人もいます

医師は慎重にその患者の言葉の奥に隠されている真実を
限られた時間内に探っていかなくてはいけないんですね

お互いがより良いコミュニケーションを取るためには
患者の側にも相当な努力が必要なのだと思います手(グー)

そして、この本に出てくる医師の多くが
「自分がかつて失敗した症例」についても
正直に話していることも印象的でした注射

良い医師というのは、過去の失敗を常に忘れずに
失敗から多くを学ぶ事ができる人なんですね犬(足)



という訳で、かなり長くしかも理屈っぽくなりましたがあせあせ(飛び散る汗)

実際に読んでみると目からウロコの連続で目
心に残るエピソードや言葉が沢山書かれている本ですかわいい

出来る事なら、今後私自身やウチの犬が診てもらうお医者さんには
全員に読んで欲しいぞexclamation×2と思ったのでした顔(笑)


これもオススメ
ニックネーム 雨 at 15:50| Comment(3) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

「栄養学セミナー」番外編

ペットフードを選ぶ時、皆さんはどんな事が気になるでしょうかエサ

「人間が食べられる素材レストラン」とか「獣医師さんが勧めるもの病院」とか

IMG_1247.JPG

色々ポイントは有ると思いますが
「無添加」と書いて有ると何となく「自然で健康的」イメージがするもんですよね晴れ

ただ、長期保存が出来るドッグフードの場合
完全に100%無添加というのは難しい訳ですね失恋

フードは脂質を含んでいますから、製造されて袋詰めされた瞬間から
酸化というものが進行してきてしまいますダッシュ(走り出すさま)

開封して酸素に触れれば酸化のスピードは速くなるので
更に進めば過酸化物質に変化して体に有害なものになってしまいます爆弾

また、酸化したフードは匂いが変わるので、人間よりも嗅覚が発達した犬は
その変化を嗅ぎ取ってフードを食べなくなってしまう事も有る様です犬(怒)

それを防いでなるべく安定した状態を長く保てる様にするのが
「酸化防止剤」というものの役割です手(パー)

酸化防止剤にも色々な種類が有るのですが
大きく分けて「合成酸化防止剤」と呼ばれるものと注射
「天然型酸化防止剤」と呼ばれるものがあります四葉

ロイヤルカナンさんは、この内で合成酸化防止剤に当たる
BHAというものを使っていますくすり

これ、実は私もかねがね気になってましたあせあせ(飛び散る汗)

というのも・・・

IMG_1249.JPG

発がん性がある?という話を聞くからなんです顔(汗)

この事に関して、原田先生からロイヤルカナンさんの見解と
BHAを使う理由について、詳しく説明していただいたのも
今回の収穫のひとつですかわいい手(グー)

まず、何故「天然型」と言われる酸化防止剤を使わないのかというと

天然型と言われる「ミックストコフェロール」や「ローズマリー抽出物」等は
少量で安定した状態を保つことが難しいのだそうですたらーっ(汗)
BHAに比べると酸化防止の効力が弱いので
少量だと早く酸化してしまうのだそうですバッド(下向き矢印)
また、トコフェロールというのはビタミンEなのですが
ビタミンであっても、必要以上に大量に摂取すると健康を害する事が有りますね爆弾

水を大量に飲んで中毒で亡くなった事例もあるのだそうですよがく〜(落胆した顔)

過ぎたるは及ばざるがごとしと言いますか・・・

そう言えば私達が普段食べている市販の食べ物、例えばコンビニのおにぎりでも
原材料の表示を見ると、びっくりする位色んなものが添加してあるんですよね顔(なに〜)
こういった添加物は、一定の量までなら添加しても健康への問題は無いという
基準に基づいて使われている訳ですファーストフード

食品添加物というのは、一定の基準を満たせば安全だと認められている物で
BHAについても、「安全に使える用量」の基準というものがあり
その基準内で有れば、例え犬猫が生涯食べ続けたとしても
発がんなどの危険性は無いと考えられるという事です手(パー)

酸化したフードを与えることのリスクと犬(怒)
BHAを使用するリスクとを考えた場合くすり

安全な量を使えば健康には影響はないという事と
長期間保存可能で犬猫の嗜好性を損ねないという点で
現時点ではBHAを使うベネフィットの方が大きいグッド(上向き矢印)

というのがロイヤルカナンさんの見解だと思いますエサ

IMG_1251.JPG

ペットの食事については色々な考えがあると思いますし
こだわりや信念をお持ちの方も多いと思います手(グー)

手作り食でも、国産フードでも、輸入フードでも
何を選ぶかは、飼い主さんが自分で良く考えて決めていけば良いのではないでしょうかエサ

その選択をする為にも、こうして情報をオープンにしてもらえる事は
とても良いことだと私は思いますかわいい

ちなみに原田先生の愛猫ぽんじろう君(10.2kgのメインクーン)も
ロイヤルカナンのフードを食べているそうです猫(笑)

「ひとりの飼い主として、会社への忠誠心よりも愛猫の方が大切だから
うちの子に安心して食べさせられる物しか与えない猫(足)

という言葉を最後におっしゃっていたのが印象的でしたぴかぴか(新しい)

IMG_1252.JPG




トッピングについて
ニックネーム 雨 at 16:52| Comment(2) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

ロイヤルカナン エクストラスモール 超小型犬用のためのイベント「栄養学セミナー」レポート vol.2

さて、セミナーの続きですよイベント

3時限目

次は同じくロイヤルカナン獣医師の五十嵐先生注射

ロイヤルカナンから新発売されたフードエサ

IMG_1228.JPG

「エクストラスモール 超小型犬用」のご紹介なのですが

そもそも何故、犬の大きさ別に必要なフードが違うかというお話からひらめき

大きさが違うと、一日に食べる量が違うとか
寿命や成熟する速度が違うというのはすぐに想像がつくと思いますが

大きさによって嗅覚が違うというのは知りませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

小型犬の方が、大型に比べて嗅覚が鈍いのだそうですバッド(下向き矢印)
嗅覚が鈍ければ美味しいごはんの匂いに対する感受性も弱い訳で
小型犬に偏食や小食の子が多いのはそういう原因も有ったんですね〜犬(怒)エサ

大型犬と小型犬では、健康上気をつけなければいけない点にも
色々違いがあるようです爆弾

特に、小型犬の中でも「超小型犬」と言われる
平均体重4kg以下のグループの場合揺れるハート

IMG_1256.JPG

1.フードの好き嫌いが激しい
2.体重1kg当たりの必要エネルギーが高い
3.顎が小さい為に歯のトラブルが多い
4.便秘になり易い為、消化への配慮が必要
5.心臓のトラブルが多い


といった様な点に注意が必要だそうです手(グー)

それらのニーズに合わせる為に、フードの内容は勿論
粒の大きさや形状にまでこだわって作ったのが

IMG_1257.JPG

「エクストラスモール 超小型犬用」なんだとかエサ

なるほどね〜犬(笑)るんるん

ところで「超小型犬」とはこんなワンコ達の事を差しますバッド(下向き矢印)

IMG_1259.JPG

成犬体重4kg以下となっていますが、体重は目安なので
「ウチはマルだけど4kg越えてるんですけど〜顔(汗)
という場合も使って問題ないそうです手(チョキ)

要するに、前に挙げた様な健康上の特徴を持つ犬種であれば
適応するという事ですね犬

IMG_1262.JPG


4限目

おさらい栄養クイズひらめき

ここまでのお勉強の内容を踏まえての、グループ対抗クイズバトルです手(グー)

いや〜難しかったです顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)
さっき聞いたばっかりなのに、もう忘れてるし〜ふらふら

しかも、引っかけ問題有り爆弾、超個人情報問題有りの難問でした顔(なに〜)

頭を使った後はお茶とお菓子をいただきました喫茶店

IMG_1267.JPG

このセミナーでは、知らなかった事が沢山出てきて目からウロコでした目
ひとつのフードが作られるまでには、大変な研究の積み重ねがあるんですねあせあせ(飛び散る汗)

犬猫の栄養学って深いです犬(笑)

・・・という事で演劇

もっと犬と猫の栄養学についてしっかり勉強してみたいな〜と思う方には
こんなプログラムが有るそうですひらめき

IMG_1264.JPG

ヘルス ニュートリション ラーニングプログラム

ロイヤルカナンさんが長年の研究で培ってきた犬と猫の健康の為の
栄養学の知見を一般のペットオーナーなど多くの人が学べる様に作られた
ウェブプログラムだそうですパソコン

IMG_1263.JPG

自宅で好きな時に、本格的なペットの栄養学が学べるそうですよ家

学んだ知識をテストでチェックしてくれて、何と全国ランキングまで表示位置情報

全てのテストに合格すると・・・

ヘルス ニュートリション スペシャリステ

として認定されて、認定証の他にバッジやオリジナルの名刺と名刺入れ
更にとっても内容充実のオリジナル百科事典がもらえますプレゼント
犬と猫の生態から栄養学まで、あらゆる事がわかっちゃう辞典だそうですよ本

しかも、登録と利用料は無料犬(笑)猫(笑)

IMG_1265.JPG

アセラさんの特集ページからロイヤルカナンさんの登録ページに飛べるので
興味の有る方は挑戦してみてはいかがでしょうかわいい


さて、内容盛りだくさんのセミナーが終わりハートたち(複数ハート)

IMG_1268.JPG

帰りにはこんなお土産をいただいちゃいましたよプレゼント

IMG_1269.JPG

新発売の「エクストラスモール 超小型犬用」の各年齢別と
「マルチーズ用」のフードエサ

IMG_1270.JPG

ちょっと「マルチーズ用」を見てみましょう目

IMG_1271.JPG

マルチーズにはこの大きさと形が最適という事なんですねホネ
ちなみに大きさは直径5mmの長さ1cmくらいです

それでは早速試食をば・・・顔(笑)



大人気ですね〜犬(笑)黒ハート


「栄養学セミナー」のレポートはここまでです四葉

長々と読んで下さってありがとうございましたm(_ _)m

前の記事で予告したBHAについては、次の記事で〜猫(足)



ニックネーム 雨 at 16:55| Comment(3) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

ロイヤルカナン エクストラスモール 超小型犬用のためのイベント「栄養学セミナー」レポート vol.1

4月14日土曜日、アセラブログさんとロイヤルカナンジャポンの共催によるイベントイベント

第2回 ロイヤルカナン 栄養学セミナー」に行って来ましたよひらめき

会場は、ロイヤルカナンジャポン本社ビル
品川の湾岸地区に有るとってもキレイなオフィスですぴかぴか(新しい)

IMG_1223.JPG

セミナー会場のエントランスかわいい

IMG_1224.JPG

入ってすぐにロイヤルカナンさんのポリシーぴかぴか(新しい)

Dog and Cat First」(全ては犬と猫のために)という言葉が掲げてあります目

IMG_1225.JPG

可愛いマスコットがお出迎え犬(笑)猫(笑)

IMG_1226.JPG

さすが外資系リボンミーティングルームもオシャレですいす

IMG_1227.JPG

それでは会場に入りましょう犬(足)

IMG_1229.JPG

こちらがセミナーのプログラム演劇

盛りだくさんの内容ですね〜ついて行けるかしらあせあせ(飛び散る汗)

IMG_1230.JPG

いよいよセミナーが始まりますよパソコン


1時限目

ロイヤルカナンジャポンのマーケティングディレクターかわいい
渡邉さんからご挨拶

IMG_1233.JPG

マイク使いがただ者ではありませんねカラオケ

IMG_1234.JPG

最初に、ロイヤルカナンの歴史などについて犬(足)

創業は1968年、南フランスで誕生したそうです四葉
40年程の歴史なんですね〜犬(足)

ひとりの獣医師が、診察する中で病院

「人間にとって必要な栄養素と犬にとって必要なものは違う」犬(怒)

という考えに至りオリジナルのフードを作り始めたのが最初だとかエサ

そう言えば私が子供の頃に家で飼ってた犬の食事と言えば家
人間の残りごはんに味噌汁ぶっかけたものとか・・・
犬に必要な栄養素がどうとかなんて考えない飼い主が殆どだったのでは犬(泣)

その後メーカーさんが獣医師や繁殖家などと協力して試行錯誤しながら
現在の様に多彩なペットフードが開発される様になった訳ですエサ

IMG_1235.JPG

渡邉さんの愛猫のご紹介もありました猫(足)

2時限目

IMG_1237.JPG

ロイヤルカナンジャポンに勤める獣医師の原田先生による
ロイヤルカナンが考える栄養学の基礎ホネ

IMG_1239.JPG

ペットにとっても、日々の食事は大事ですよねエサ

今はさすがに味噌汁ぶっかけごはんを与える飼い主は少ないと思いますが
では、人間と全く同じ食事を与えたら良いかと言うと・・・レストラン

IMG_1240.JPG

IMG_1241.JPG

こんなにバランスが崩れてしまうんですね〜顔(なに〜)

それで、ロイヤルカナンさんが提唱するのが演劇

IMG_1243.JPG

Health Nutrition」というものなのだそうです

Health   というのは「健康」
Nutrition というのは「栄養、食事」という意味ですね

つまり、食事を摂ることで健康を目指す・・・という事かな手(チョキ)

なんとロイヤルカナンには100種類を越えるフードがあるそうですよエサエサエサ

何故かと言うとひらめき

IMG_1244.JPG

犬というのは犬種によって大きさや体の作りが全く違う生き物ですね犬

体重1.5kgのチワワもいれば、50kg超のグレートデーンもいますグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)

体重差だけでも数十倍がく〜(落胆した顔)

大きさによって成熟するまでの期間や
1kg当たりに必要とするカロリーも違えば
身体に占める消化管の割合も違うのだそうですファーストフード

また、年齢などのライフステージによっても必要な栄養は違うでしょうし
活動量や健康状態によっても違ってくる必要な栄養を考えて
それぞれに最適な栄養バランスを提供する事が
ロイヤルカナンさんの考える「Health Nutrition」だという事です犬猫

そういうバラエティに富んだ犬達に合わせる為
ロイヤルカナンではフードの粒(キブルと呼ぶそうです)の
大きさや形状も変えているということです猫(足)

IMG_1254.JPG

IMG_1255.JPG

こんなに色々有るんですね〜目

各々の犬種や大きさの特徴によって
食べやすさや逆に早食い防止などを考慮して作られているのだとか犬(笑)

社員さんが覚えるのも大変そうですあせあせ(飛び散る汗)

ひらめき他にも、興味深い話題がたくさんありましたよ

例えば、良く「犬は元々肉食動物だから肉を中心に与えておけば良い」
と聞くことがありますがホネ

現在の技術では、植物性のタンパク質でも四葉
動物性に劣らない吸収率のものが作られる様になっているのでホネ
必ずしも肉中心で無ければいけない、という事は無いのだそうです

また、体に必要だと言われる「酵素」を取り入れる為には
生食でなければダメだという説もありますが手(パー)

これも、酵素というのは動物がタンパク質を摂取し吸収する過程で
体内で作られるもので、生の物を食べてもその酵素の多くは
胃酸によって壊されてしまうので、酵素を生で摂るという事よりも
「いかに体内で効率良く酵素を作り出すか」の方が重要なのだとかかわいい

まさに栄養学の世界というのは日進月歩犬(足)
日々どんどん常識が書き換えられているのかもしれませんダッシュ(走り出すさま)

う〜ん、段々難しくなってきましたね顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

そして、私も以前から気になっていたのが「添加物」ですたらーっ(汗)

IMG_1247.JPG

食品でも化粧品でも「無添加」というと「何だか体に良さそう」かわいい
というイメージがありますが・・・

実際は100%の無添加というのは殆ど無いのではないでしょうか犬(怒)
多くは「指定成分無添加」とか「★★という添加物は無添加」とか・・・
と言うのは、全くの無添加で食品などを安定した状態で保存する事が
極めて困難だからです失恋

例えば、フードは製造されてから時間が経てば酸化が進んでいきますが
それを防止する為に添加されるのが「酸化防止剤」です手(パー)

この「酸化防止剤」に何を使うかで、色々な意見があるのですよねパソコン

ロイヤルカナンさんは、BHAという酸化防止剤を使っていますくすり
また、それを使っていないと謳っているメーカーも有ります
その辺りについてのロイヤルカナンさんの考え方とその根拠について
今回は詳しく説明してもらう事ができました位置情報

病気の子の場合、処方食でロイヤルカナン製品のお世話なる事もあるので
これはとっても気になるところですね

その話はちょっと長くなるので別の記事で後日お話しますGood


セミナーも休憩に入ったところで、今日のレポートはここまで顔(笑)

次回は、3時限目・ロイヤルカナンさんの新商品「超小型犬用 エクストラスモール」についてとエサ

WEBで無料で学べる「ヘルスニュートリション ラーニングプログラム」についてのお話などパソコン

どうぞ引き続き遊びにいらして下さいね揺れるハート



ニックネーム 雨 at 16:39| Comment(2) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

ポコDOC!

IMG_1203.JPG

くっついて寝ている兄妹眠い(睡眠)

IMG_1204.JPG

こーちゃんも気持ち良さそうですねムード

IMG_1205.JPG

おや?起きてる子がいますよ目

なんで起きてるのかな、ポコちんわーい(嬉しい顔)

IMG_1201.JPG

P「なんかイヤな予感がするねん・・・爆弾

キミは正しいひらめき

昨日はポコちんの犬ドックの検診でしたイベント

毎年この時期はフィラリア検査やら狂犬病の予防注射やらで病院に行く方も多いと思います病院
その時期に合わせてメーカーさんから血液検査やレントゲン等がセットになった割引の検診メニューが出されるんです注射

普段あまり病院に行かない子は、こういう機会に全身をチェックしてもらうと良いですね手(チョキ)

という訳で、採血されてレントゲンとエコーを撮られて、おまけに爪まで切られてしまったポコちん犬(泣)

帰宅後は疲れて爆睡してました顔(イヒヒ)

IMG_1202.JPG

「はぁ〜疲れたであせあせ(飛び散る汗)



ニックネーム 雨 at 16:00| Comment(2) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

「痛み」のケア

午後の病院の休診時間にもう一度面会に行きました病院

昨日は絶食だったこーちゃんですが、今朝からごはん開始にエサ
でもまだ手術したばかりだし、病院では緊張して食べられないかも・・・失恋
そこがとっても心配だった飼い主顔(汗)

朝は少しだけ食べたそうなので、午後面会に行った時に飼い主が抱っこしてごはんを食べさせてみました手(パー)



こーちゃんが食べてくれましたよかわいい

完食とはいかないけど、少しでも食欲が有るのはとても良い事です手(チョキ)

でも、里心がつくといけないので長居はできません手(パー)



飼い主を追って痛々しいお腹で立ち上がるこーちゃん・・・犬(泣)
もうちょっと辛抱してねもうやだ〜(悲しい顔)



こちらの病院では「動物の痛みケア」にも積極的に取り組んでくれています注射

昔は「動物は痛みに強い」なんていって、手術の後も痛み止めを使わないという事が多かった様ですが、動物だって痛いものは痛いです犬(泣)
ただ、人間と違って言葉で訴えたり出来ないし、野生の世界ではなるべく弱みを見せない事が必要だったりするから人間にはわかりにくいだけで、痛みを感じない訳ではないんですよね犬(怒)
犬の神経構造は人間とほぼ同じだそうなので、痛みだって人間と同じ様に感じる筈ですどんっ(衝撃)

痛みが強ければ食欲だって出ないだろうしバッド(下向き矢印)、病院や獣医さんの事も嫌いになっちゃうかもしれないし犬(怒)、回復に使わなきゃいけない力を「我慢」に使ってしまっては治りも遅くなってしまうかも・・・犬(泣)

アメリカでは20年程前から「アニマル・ウェルフェア」という考え方が広まってきて積極的に痛み止めを使う様になってきたそうですがiモード

日本でもここ10年位の間に「動物だって痛みを感じる」「痛み止めを適切に使った方が回復が早かったりQOLの維持に役立つ」という事が獣医学の世界で徐々にり広まってきたそうですくすり
病気の手術だけでなく、去勢・避妊手術やがんの疼痛緩和、関節痛などの慢性の痛みもコントロールしていこうという事で色々な研究がされているという事ですパソコン

動物のいたみ研究会」という財団もあるそうですよひらめき

人間でも、例えばがん等の病気では早い時期から痛みをとっておいた方がその後の治療効果も上がるという報告もあるそうです演劇
昔の様に「モルヒネを使う様になったらもう終わりだ」とか「治る為には痛みは我慢すべき」という考え方はもう違うのだと思いますバッド(下向き矢印)

人間も動物も「痛みのケアはしてくれますか?」という事が、病院選びのひとつの基準になるかもしれませんね目





ニックネーム 雨 at 18:13| Comment(4) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

さよなら、ノートン先生

先日4マルがカートで向かった先は・・・船

いつもの掛かり付け病院でした病院

でもこの日は診察じゃなかったんですよ手(パー)

では何しに行ったかというと・・・ひらめき

ライカが体調崩して以来お世話になっている今の掛かり付け病院で、多分一番4マルを診察してくれていたノートン先生が注射、今月いっぱいで退職される事になったんです猫(足)

そこで、お世話になった4マルでごあいさつに行きましたよ犬(笑)

ノートン先生こと、臼井先生です猫(笑)

IMG_0476.jpg

無理やり記念撮影〜るんるん

臼井先生には、ライカの闘病中本当にお世話になりました注射

03328.jpg

ちなみに当時はこんな髪型でした〜マリア様みたい顔(ペロッ)

この時ライカは亡くなるひと月程前でしょうか王冠
日々弱っていく愛犬を支える事に必死だった飼い主にとって犬(泣)

毎日の点滴で訪れる病院のスタッフの皆さんの笑顔と顔(笑)
先生の恐妻ネタトーク爆弾&大好きなホラーネタモバQを喋る時間は

飼い主を緊張と悲嘆からほんの少し浮上させてくれる時間でしたグッド(上向き矢印)

臼井先生は今の病院を退職後はご実家のある栃木に帰ってバス

地域の皆さんに理想とする獣医療を提供するという夢を叶えるべくご自身の病院を開かれるそうです病院

こちらですバッド(下向き矢印)

アイリー動物病院

開院は来年2月14日だそうです演劇
バレンタインデーですが、院長になる臼井先生の誕生日でもあるんですよ黒ハート

お近くにお住まいの方は、ペットの幸せな毎日の為に訪ねてみて下さいね犬(笑)猫(笑)

臼井先生、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)



ニックネーム 雨 at 10:00| Comment(2) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

【本】うちの犬ががんになった

こーちゃんの膝に粘液肉腫という悪性腫瘍が出来てから、5年が経ちましたひらめき

それまでウチの犬が重い病気にかかるなんて思ってもみなかった飼い主は、突然の病気に右往左往していましたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

「どんな検査をすれば良いのか?」「どういう治療法が有るのか?」「治療をすれば治るのか?」「再発は?」「余命は?」・・・

色々な事が頭の中を駆け巡り、もうどうしたら良いんだか顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

比較的珍しいがんという事も有って、情報を求めてあちこち調べまくったり、当時の掛かり付け病院の先生とも何度も話しました病院

しこりの摘出右病理検査右確定診断右セカンドオピニオン右放射線治療

こういった経過をたどる間に、飼い主は迷い悩み立ちすくみふらふら、どうにかこうにか気力を振り絞って決断して進んでいきました犬(足)

IMG_0106.jpg

この本は、日本在住のオランダ人ジャーナリストである著者がカメラ、愛犬のゴールデンレトリーバー・ケンタ君のがんの闘病を通して「犬ががんになった時に役に立つ情報が載っている本を書こう」との思いから書いたものだそうです本

ケンタ君は、左後肢切断も乗り越えて本当に頑張りましたが、残念ながら発病から4ヶ月足らずで亡くなってしまったそうです犬(泣)

発病から4ヶ月と言えば、私がやっと大学病院でこーちゃんの治療のセカンドオピニオンをもらいに行った頃です病院
あんなに短い間に手術をして別れまでしなければならないかと思うと、著者の辛さ悲しさに胸が詰まりますもうやだ〜(悲しい顔)

それでもその経験を、少しでも多くの飼い主の為に役立てようと手(グー)一年以上もかけて情報を集め本にまとめた著者のケンタ君への深い思いがいっぱい詰まった本だと思いますぴかぴか(新しい)

がんの種類から診断、治療、手術等の後の世話の仕方から別れの時まで、獣医師の監修を受けてとても丁寧に書かれています注射
病気や治療の用語解説も出ているし、がんの治療を行っている病院のリスト等実用的な情報も沢山ハートたち(複数ハート)
愛犬ががんになった飼い主さんが読めば、これからの展開を考える事が出来ますし目、元気な子の飼い主さんが読めばもしもの時のシミュレーションが出来るのでは演劇

また、「別れのとき」「愛だけを残して」の二章は、愛するものを失った著者だからこその内容だと思います

その中に出てくる「予期悲嘆」というのがあります四葉

「これから失おうとしているものによって感じる悲しみ紅葉

ライカが、もう回復の望みはないとわかってからの半年余り、私はずっとこの予期悲嘆と共に暮らしていました

少しずつ弱っていって、ついこの間まで出来た事が少しずつ出来なくなっていくライカを見ながら、どんなに頑張っても、どれだけ必死に看病しても、もう決して元の様に元気になることはないのだ

こうして両手に抱いている間にも、ライカの命が少しずつ私の手からこぼれていっているのだと、日々痛い位に感じていました

「2年も看病できたんだから、急に亡くなるよりも良いでしょう」と言う方もありますが、でもきっと私は別れの悲しみをその2年の間ずっと、少しずつ自分の中に納めていった様な気がします

長いお別れも短いお別れも、きっと悲しみの総量は変わらないのかもしれません

何だか携帯電話の分割払いみたいですね携帯電話


また、この本には「ケンタの日記」としてケンタ君の目線からの闘病の様子が描かれています犬(足)
その日記の中のケンタ君は、決して悲観したりする事もなく、常に満ち足りて幸せそうですかわいい
犬というのは、明日の事を思い患うこともなく、毎日をひたすら一生懸命に生きているのですねぴかぴか(新しい)

だから飼い主は愛するものの為に自信をもって笑顔でいて良いのだと私は思います犬(笑)顔(笑)





ニックネーム 雨 at 18:51| Comment(3) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

検査の結果

皆様、大変ご心配をおかけしましたm(_ _)m

検査と診察を終えた女子部と飼い主、無事に帰宅致しました家

まず、ツキスミのCT検査ですが病院

3DのCTで検査していただいたところ、どうやら門脈シャントとおぼしき血管は見当たらないという事です手(パー)

これまでの検査経過からシャントの疑い濃厚と思っていたのですがあせあせ(飛び散る汗)シャントでないとしたら一体何でしょう?

これが今の所は原因不明と言いますか、例えば免疫が関与する肝障害とか、避妊をしていないのでホルモンの影響とか、または肝臓自体に何か目に見えない程に小さい病変が有るとか・・・可能性は有りますが確定はできませんモバQ

はっきりさせるには開腹して肝臓の生検をするという事になると思うのですがはさみ、臨床症状も無い今すぐにそこまでやる必要は無いのでは犬(怒)という事になり、今後は慎重に経過を見つつ段階的に検査をしていく事になると思います注射

先日の内科検査でお世話になった役所広司と山本学を足して2で割った雰囲気の先生が、とても丁寧に優しく説明してくれましたよ犬(笑)

初めての全身麻酔で、ちょっと覚醒時に痙攣が起きたそうですがどんっ(衝撃)、帰宅してからはいつもと変わらない様子です手(チョキ)

IMG_0224.jpg

さすがにちょっと疲れたねあせあせ(飛び散る汗)


今日は朝一番で病院に行かなければならなかったのですがダッシュ(走り出すさま)

昨夜2時にシオンが発作を起こしてしまい爆弾、ベッドから落ちる程の大きな発作だったのでちょっと心配しましたふらふら

長い発作が終わってシオンが落ち着くまで起きて様子を見ていたら間もなく夜明けになり晴れ、どたばたと2匹を連れて大学病院へGOexclamation

先にシオンをジャニーズ先生に預けて血液検査をしてもらいましたよ注射

貧血の指標のヘマトクリットは41と、免疫介在性溶血性貧血については寛解状態を維持できていましたかわいい

他の数値も大きな変化はなく、さてそこで発作をどうするかですひらめき

長年飲んでいたフェノバールを休止して、11月は発作が3回ありました爆弾
発作の抑制の為にフェノバールを戻すべきか、もう少し休止して他の薬の効果が出るのを待つか・・・くすり

ジャニーズ先生もきれいな顔の眉間にしわを寄せて悩んでいましたね〜顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

で、とりあえず折角休止まで持ってきたのだからもう少しフェノバールは止めてみようという事になり手(パー)
その代わりに去年の手術後に休止した臭化カリウムを復活させて様子を見る事になりました四葉

同じ病気でも薬の組み合わせと量は患者によって最適なものが違うんですねグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)

なかなか難しいですが、毎日愛犬の様子を観察できる飼い主が経過観察のプロになって、大きな病気の小さな兆候に目を凝らしていきたいですね目

帰宅して爆睡の女子部ですが、ツキスミは自分が今日いっぱいごはん抜きだという事をまだ知らない・・・顔(イヒヒ)



ニックネーム 雨 at 15:45| Comment(8) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんばれ!ツキスミ

毎日元気に暴れ回っているツキスミですがダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

IMG_0217.jpg

IMG_0215.jpg

実は現在、ある病気の疑いがあります注射

その病気というのは「門脈体循環シャント」というものです

これは、血管の奇形により、本来肝臓を通って老廃物を濾過されなければいけない血液が、直接静脈に流れて全身を循環してしまう病気ですバッド(下向き矢印)

わかりやすい説明はコチラ

春に受けた犬ドックでは特に問題無しという事だったのですが病院

先日アレルギー検査をしてみようかと思ったついでの血液検査で、肝臓の数値が高めになっていました右斜め上

それほど高くはないので経過観察でも・・・という意見もありましたが、念のために総胆汁酸の計測(食前と食後の変化を見ます)をした所、これがかなりの高い数値が出てしまいました顔(なに〜)

そこで大学でエコー検査等を含む詳しい内科検査をしてもらったのですが、肝臓の大きさも特に変わりなく(門脈シャントを持つ子には小肝症といって肝臓が小さい子が多いそうです)明らかなシャント血管もエコーでは見つけられませんでした顔(汗)

ただ、肝臓の数値と総胆汁酸の数値の高さや、エコーで見た膵臓付近の血流の状態から、門脈シャントが強く疑われるという事です爆弾

先天性の門脈シャントの場合、発育不良や消化器症状等で見つかる事が多いそうですが、ツキスミの場合、吐き気などの臨床症状はまだ出ていないので、病気がわかったのは偶然ですひらめき

更に詳しく調べる為に、今日CTを撮る事になりました病院

治療については、確定診断が出てからになりますが、基本的には完治させる為には手術が必要だそうですはさみ

そして、肝臓に問題が有る状態で全身麻酔をかけての手術という事になるので、手術中手術後を通してハイリスクになるそうです爆弾爆弾
しかもこの手術、非常に限られた医療機関でしか行っておらず、こちらの大学病院では現在やってないんですよ犬(泣)
CTの結果が出たところで手術適応であれば、手術をしてくれる所を探さなければなりません顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

シャント血管の状態や全身状態によって手術が出来ない場合は、内科的に対症療法を行う事になりますくすり

いずれにせよ、CT検査の結果が出てみないとどうなるかはわかりませんが・・・あせあせ(飛び散る汗)
CTを撮るにも麻酔をかけるのですが、麻酔薬を含めて薬剤は肝臓で代謝される為、シャントのある子の場合は麻酔が覚めにくくなる危険があるんですよね眠い(睡眠)


先日の内科検査で大学に来た時、待合室にHoly先生が心配して会いに来てくれましたよ四葉

実はツキスミには、出来れば子供を産んでもらいたいなぁと思っていました揺れるハート

それで、本格的に交配を考える前に、出産のリスクを少しでも減らそうという事でアレルギーの検査に行ったんですよね病院
その結果、アレルギーに関しては問題無いという事になったのですが、肝臓の問題が発見されてしまった訳ですバッド(下向き矢印)

以前からHoly先生にもツキスミにお産をさせたいと相談していて「ツキちゃんの子供が見たいな〜」って言ってもらえたのにねもうやだ〜(悲しい顔)

残念ながら、ツキスミの子供を見る事はもうできません失恋
でも、お産を考えた事で肝臓の異常に早く気づく事が出来たと思って、子供の分もツキスミが元気に幸せに暮らせる様に考えていきたいと思います手(チョキ)


今日は、シオンの診察も有るんです病院

フェノバールを休止して約1ヶ月なんですが、最近ちょっと発作が増えてる気がするシオンも心配あせあせ(飛び散る汗)

フェノバールは壊死性髄膜脳炎などの発作抑制の第一選択薬として使われているのですがくすり
シオンの場合、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)も持っていて、脳炎の発作を抑えるフェノバールがこの貧血に関与している疑いもあるんですどんっ(衝撃)
昨年脾臓の摘出手術を行ってから寛解状態が続いているIMHAですが、いつ何時再発するかわかりません犬(怒)

そのリスクを少しでも減らす為と、長年大量にステロイドを使用して胆管肝炎を起こしてしまっている肝臓を保護する為に、出来ればフェノバールは切りたい手(パー)
でも発作が頻発すれば脳細胞の壊死がどんどん進んでしまう・・・犬(泣)

という訳で、夏頃から様子を見ながら少しずつフェノバールを減量してきまして、とりあえず休止するところまではきたという次第ですバッド(下向き矢印)

このまま休止しておけるのか、やはりもう少し戻した方が良いのか、様子を見ながらおっかなびっくり調整をしていますグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)


そんなシオンの診察とツキスミのCT検査が同じ日なのでひらめき

朝一番で病院に行ってまずツキスミを預け、順番を待ってシオンの診察をしてもらい、一旦シオンを連れて帰宅家
ツキスミの麻酔が覚めるのを待ってまた病院へ迎え行くというすんごいスケジュールダッシュ(走り出すさま)
飼い主、分身の術を使いたいです〜顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)


ツキスミ、飼いのしが絶対に守ってやるからね手(グー)

IMG_0040.jpg

「こんなんしたっちゃかわいい

誰が病気やねーんexclamationこのクソアホ犬exclamation×2むかっ(怒り)



ニックネーム 雨 at 07:00| Comment(2) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

犬の健康勉強会Vol.2のお知らせ

かわいいいよいよ近づいて来ました「犬の健康勉強会Vol.2

講師のブラピ先生からも「同じ犬を飼う人間として飼い主さん達のお役に立ちたい」と有り難いお言葉がぴかぴか(新しい)もうやだ〜(悲しい顔)

今回のテーマは「犬が年をとったら」です紅葉
この間まで子犬だったのに、あっという間にシニアになってしまうワンコダッシュ(走り出すさま)

そんなワンコ達が、年を取ってもお達者に暮らせるヒントを勉強したいと思います犬(足)

お達者シニアライフを迎える為には、若い内から気をつけないとね手(パー)

また、若い犬にも増えている腫瘍や血液疾患などについても専門の先生から貴重なお話を聞くチャンスですよ手(チョキ)


【日時】11月13日(日)14時〜16時半頃

【場所】杉並区浜田山会館
     http://www.doko.jp/search/shop/sc200952/

※ペットは会場に入れませんのでご注意下さい

定員30名ですがまだ若干空きがありますビル
興味のある方は、詳細をお問い合わせ下さいね犬(笑)








ニックネーム 雨 at 20:28| Comment(2) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

晴れの日も雨の日も

人生、晴れた日も有れば晴れ

2011100112250000.jpg

雨の日も有る雨

2011100112340000.jpg

とは言うものの・・・あせあせ(飛び散る汗)

雨の日も長く続くとなかなかキツイもんでして顔(汗)

犬がなんだかんだと病気にかかる様になってかれこれ5年病院
それも結構シビアな病気が続いたりするもんで爆弾、飼い主気が休まる暇がありませんふらふら

全力で心配したり頑張れるのって半年からせいぜい1年位のもんで、後はもうへろへろしながらどうにかこうにか踏んばってるだけなのかもモバQ

・・・と、そんな事を思いながら新聞を見たら目

人間の癌に関する医療フォーラムの記事が出ていて病院、私も以前に講演を聴いた事のあるお医者さんの講演の事が書いて有りました

その中で、パッチアダムスの言葉が書かれていたんですよ
クラウンの格好をして病気の子供達の所を回ったりするユニークなお医者さんで、ロビン・ウイリアムス主演で映画化もされましたよね映画

それはこんな言葉でした四葉

「病気がなくても幸せでなければ健康ではない
 病気があっても幸せであれば健康だと言える」

どんなに患者とお医者さんが頑張っても、完治させる事が難しい時は必ずありますバッド(下向き矢印)
だけど、病気を治せないから幸せになれないという事は決してないと思うんですグッド(上向き矢印)

私が4マルの為にしてやれる事は完璧には程遠いかもしれないけど、この子達と暮らす毎日に、少しずつでも幸せな時間を作っていきたいと思います犬(足)

病気が有っても、限られた時間しか無くても、幸せという名前の健康だけは誰にも負けない様に、これからも頑張っていきましょう手(グー)


お知らせ
ニックネーム 雨 at 22:16| Comment(4) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

復活!こーちゃん

20110927c1.jpg

お陰様で、こーちゃんがやっと元気になりましたよグッド(上向き矢印)

先日の膵臓の検査結果も基準値まで下がったし、吐き気や悪心も治まっているようです手(パー)

約ひと月の間毎日通った点滴も、一日おきになりました注射
お薬も少しずつ減らしていく予定ですくすり

20110927c2.jpg

よかったね、こーちゃんかわいい

膵炎は繰り返し易いそうですし、肝臓は前から弱っていたので、今後も良く気をつけていかなくちゃいけませんね目

元気になったこーちゃんの敏捷な動きを見て下さいダッシュ(走り出すさま)



お、遅い・・・カメ

こーちゃんは元々おとなしい方ですし、シニアになると大体活動量は少なくなりますから、病気で元気が無いのかどうかがわかりにくいんですよねあせあせ(飛び散る汗)

「最近良く寝るな〜眠い(睡眠)」なんて思ってたら実は病気だったりして爆弾

犬は人間の何倍の早さで年を取るし、病気の進行も早いので飼い主油断できませんね顔(汗)


そんな愛犬の健康管理のヒントになればということで・・・ひらめき

今年もやります「犬の健康勉強会Vol.2犬(笑)

今回はシオンの免疫介在性溶血性貧血や甲状腺機能不全、胆嚢粘液膿腫の治療をして下さったブラピ先生をお迎えして病院
加齢に伴って起きる犬の病気の予防や早期発見を勉強する予定ですパソコン

期日は11月13日(日)午後2時〜4時頃を予定していますイベント

やっと会場が取れました演劇

井の頭線の浜田山下車徒歩5分浜田山会館ですビル

前回の会場の隣の隣の駅ですね電車

ブラピ先生は犬の腫瘍や血液疾患がご専門で、大学病院では現在外科を担当されていますが、以前は内科で診察をされていました病院

愛犬の「ちょっと気になる」が大きな病気になる前に見つけられる様に、皆さんも一緒に勉強してみませんか犬(足)




ニックネーム 雨 at 21:00| Comment(7) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

健康チェック!

昨日、飼い主は人間ドックに行って来ました病院

日頃犬の健康には気を遣ってるつもりですが犬(笑)、自分の事はほったらかしどころか寝不足・不規則な食事・甘い物・運動不足といけない事ばっかりの飼い主あせあせ(飛び散る汗)

特に最近はこーちゃんの事が心配で眠れなかったり食欲無かったりもうやだ〜(悲しい顔)、この夏の猛暑も辛かったし晴れ

こりゃ〜色々悪いとこが見つかっちゃうかも爆弾
でもひょっとしてヤセてるかも手(チョキ)

と、不安半分期待半分で行って来ましたダッシュ(走り出すさま)

結果はまだ全部は出てないんですがパソコン

検査終了後にドクターをお話した限りでは「特に問題ありませんかわいい」だそうです

白血球が減少してるのが気になりましたが、これは経過観察という事で目

人間、意外と頑丈に出来ているもんですねホネ

そして、体重も殆ど減ってませんでした失恋
がっくしふらふら

2011091411460000.jpg

検査の後で病院のカフェテリアでランチが出ましたレストラン

ミックスサンドイッチですが、実はお肉は使われていません手(パー)
ハムみたいに見えるのは多分大豆のグルテンかな?
この病院は菜食主義で有名なんです四葉
以前この病院のホスピスでボランティアをさせてもらっていたのですが、入院患者さんのお食事や職員の食堂で出るメニューもお肉は無しでしたレストラン

毎日は大変だけど、たまにこういうごはんにすると何か体がキレイになる気がしますねぴかぴか(新しい)

四葉大切なお知らせ
厳しかった夏も、もう少しで終わりそうですが晴れ、皆さんのお宅のワンちゃんは元気に過ごしていますか犬(足)

今年は震災が有ったり台風が来たり、犬にとっても厳しい日々だと思います犬(泣)

そんなワンコ達が、少しでも健康に幸せに暮らせる様にグッド(上向き矢印)、病気の芽を早い内に見つけて摘み取れる様にはさみ

犬の健康勉強会 Vol.2」を企画中ですイベント

去年の11月15日に開催して好評だった1回目の勉強会の模様はコチラ

普段なかなか接する機会の無い獣医大学の専門医の先生をお迎えしてビル、ワンコの健康についてのお話をわかりやすくしていただきますエサ

今回の講師の先生は・・・ひらめき

「4マル日記」でお馴染みのブラピ先生にお願いする予定ですぴかぴか(新しい)

シオンの主治医として、免疫介在性溶血性貧血、甲状腺機能不全、胆嚢粘液膿腫・・・等々の次々に起こる病気の治療をして下さいました注射

これまでに何度「もうダメかも・・・爆弾」と思った飼い主ですが、その度にブラピ先生がシオンの命を助けて下さいましたぴかぴか(新しい)

現在ブラピ先生は大学の動物医療センターでは外科を担当なさっていますが病院、腫瘍学がご専門です

愛犬が悪性腫瘍と言われたら・・・皆さんどうしますかあせあせ(飛び散る汗)

「ウチの子はまだ若いし、癌なんて考えられない」?

はい、私もそう思っていました、5年前にこーちゃんの膝に小さなしこりを見つけるまでは・・・顔(汗)

犬の平均寿命が延びるにつれて、腫瘍などの病気もとても増えていますくすり

最近なんとなく元気が無い」「皮膚にできものが有る」「リンパが腫れてるみたい

日常のちょっとした症状に大きな病気が隠れている事もあります爆弾

そんな時、飼い主さんにちょっとだけ予備知識が有ったらひらめき、手遅れになる前に治療する事が出来るかもしれません手(チョキ)

また、「大学病院ではどんな検査をするの?」「どういう治療方法が有るの?」という事を知っていたら、セカンドオピニオンを取る時にもきっと参考になるでしょうくすり

勉強会では、腫瘍に限らず加齢によって起こりやすい病気や、日常生活での早期発見のヒントなどもお話いただきたいと思っています犬(足)

ワンコの健康を守れるのは飼い主だけですよね手(グー)
この機会に、勉強会に参加してみませんか演劇

ちなみにブラピ先生は、目元凛々しい九州男児で、なかなかカッコイイですよ〜顔(イヒヒ)

四葉「犬の健康勉強会 Vol.2」は、11月の第二週末、12日または13日の午後に開催予定です

現在会場を探していますので、詳細は少しお待ち下さいm(_ _)m

前回の勉強会にご参加下さった皆さんと、先日の勉強会アンケートにお答え下さった皆さんには、日程が決まり次第ご連絡させて頂きますメール

今回初めてだけど興味がある・・・ムードという方は、メールを頂ければ追ってご連絡致しますので、遠慮無く参加して下さいねかわいい
行けるかわからないけど、とりあえず詳細だけ知りたいという方も、お問い合わせは雨までお願いしますパソコン

ワンコも飼い主も、元気で楽しい毎日を過ごせます様にexclamation×2



ニックネーム 雨 at 13:26| Comment(1) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

病院で会ったワンコ達

皆さん、こーちゃんに応援メッセージをありがとうございましたかわいい

2011090810430000.jpg

今日もこーちゃんの点滴に行こうとしたら病院、すっかり行く気満々のツキスミがカートの前でスタンバってるので犬(笑)

「ツキ添いだっちゃるんるん

待合室ではとっても美猫のアメショーさんをガン見して目
「ツキと遊べっちゃかわいい」ビームを送ってましたがひらめき

残念ながら言葉が通じなかった様です失恋

こーちゃんは、点滴をしながらお薬を飲んで内科治療を続ける事になりましたくすり

膵臓というのは特効薬みたいなものはないそうで、症状を抑えながら炎症が治まるのを待つ事になります手(パー)

上手く治まってくれれば良いのですが、長引く場合は入院して24時間の静脈点滴となるそうです犬(泣)

食欲もまだ余り出ないので、消化器サポートをフードプロセッサでペースト状にして、ジェントルフィーダーで強制給餌する事にしました注射

ライカの時は胃の幽門部が狭くなっていて一度にほんの少ししか与えられず、本犬がシリンジを嫌がって暴れたりフードを舌で押し戻してしまうので大変でしたが顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

幸い今の所こーちゃんは口に入れた分は素直にゴックンしてくれるので、無理強いして拒否されない様に少しずつ回数を分けて与えたいと思いますエサ

一応診断が出て、治療の道筋が見えて来たので飼い主はだいぶ楽になりました四葉
掛かり付け病院の先生方に相談しながら頑張ります手(グー)


不調の原因がわからなかったり、治療を続けていても回復の見込みが無かったりするのは本当に辛い事ですバッド(下向き矢印)

ライカの長い長い闘病中やシオンの貧血の治療が行き詰まっていた間は、毎日「本当にこれで良いのかexclamation&question」という疑問に苛まれてましたふらふら

「これさえ乗り越えれば治る」というのなら、どんなに辛い治療でも頑張っていこうと思えるのですが注射、そうでない時はホントにホントに辛いです犬(泣)

ペットロスに関する研究やペットロスの飼い主のサポート等は最近ずいぶん増えて来た様に思いますがモバQ
その前の段階、治らない病気になってしまったり、ターミナルの段階に来たペットと飼い主さんを支える仕組みがもっと有ったら良いのにと思います手(パー)
いつか、そういう事のお手伝いが出来たらというのが飼い主の夢でもあります四葉
当面は自分ちの4マルの事で手一杯かもしれませんが・・・あせあせ(飛び散る汗)

自分が本当にしんどい時に、誰かの痛みに寄り添うというのは、とっても難しいことですね犬(足)


昨日の大学病院では病院、予約が最後の方だった事もあって、こーちゃんの検査が2時間近く掛かる間に他の飼い主さん達はどんどん帰って行きダッシュ(走り出すさま)

気がついたら待合室に残っているのは私の他に数組だけになっていましたあせあせ(飛び散る汗)

着いた時には暑いと感じた節電仕様の冷房も、人と動物が少なくなると段々効いてきて、サンダル履きの足元がじんじん冷えるし〜雪

隣のベンチでずっと待ってる飼い主さんの所に先生がやってきて、検査の途中経過を説明し始めました注射

待合室が静かだったので聞こえてしまったのですが、どうやらそのワンちゃんは癌があちこちに転移していて、積極的な治療はもう難しいらしくて・・・

かなり厳しい内容だったのですが、飼い主さんはきちんと先生の話を聞いて、残された時間を穏やかになるべくQOLを保って過ごさせるにはどうしたら良いかを冷静に質問なさっていました

すごいなあ、偉いなあと思いながら、飼い主さんとワンちゃんが少しでも長く穏やかに優しい時間を過ごして欲しいと思いましたぴかぴか(新しい)

もう4年以上通っていますが、大学病院は難しい病気の子が多いのでやっぱり辛いですね・・・病院


でも、辛い出会いばかりではないですよ演劇

小さくてとっても可愛いヨーキーを連れた飼い主さんがやはりずっと待っていて、ちょっとお話したんですムード
ヨーキーのキキちゃんの飼い主さんは、個人で保護活動をされている方で、おうちには元保護犬含めて5頭の家族犬がいるそうです犬
皆色々な事情で苦労して来た子達が、今は大切に愛情いっぱいに暮らしていますかわいい

保護したワンコの里親募集や、とっても美味しそうな手作りワンコごはんのお話などもブログに書いていらっしゃいますので、是非ご覧になってみて下さい下

ハッピー犬屋敷のわんこ達


ワンコ達が今日も幸せであります様にぴかぴか(新しい)



ニックネーム 雨 at 12:31| Comment(0) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

お疲れ、こーちゃん

2011090715550000.jpg

たくさん検査をしてもらった、こーちゃん


でも、手術はまだしなくても良さそうです(^-^)v

肝臓の数値が急上昇して、胆嚢に粘っこい胆泥が溜まってしまい、毎日点滴を続けてきましたが

やっと点滴と薬の効果が出てきてくれた様です

今日の検査では、肝臓の数値は少し下がってきました
まだ基準よりはかなり高いですけどね(--;)

ただ、膵炎を起こしてしまっているので

そのせいで肝臓の数値が上がったのもある様です

それと、食欲不振や吐き気も膵炎が原因らしいので

点滴と薬による内科治療を続ける事になりました

膵炎が改善されると良いのですが、良くならない時は
入院して治療する可能性も有るのでまだまだ油断できません

それと、もう一つ気になっていたのが

こーちゃんの右腰の背中寄りに、しこりが出来ていたんです

皮膚の奥、筋肉に張り付く様な感じに小指の先位のしこりが触れます

こーちゃんは五年前に右膝に軟部組織肉腫という癌ができた事が有るので

飼い主、もう心配で心配で(´Д`)

この10日間ほど、食欲は無いし夜は眠れないし、毎日生きた心地がしませんでした(;´д`)

もしも胆嚢を摘出手術となったら、一緒にしこりの組織検査も…と思い大学に来た訳です

外科チームで診てもらって、今のところは怪しい細胞は見られないという事で
経過観察となりました

今回は手術も全身麻酔もしなくて済んだんですよ(^O^)


久しぶりのキャメロンディアス先生は、相変わらずサバサバとした語り口で
明快に説明して下さいました

女性の外科医がずらっと男性引き連れて入ってくるのってカッコイイ〜(*^^*)

専門科によって先生のタイプも違う様な気がします

内科系は聞き上手で慎重で、外科は白黒はっきりさせるタイプ、みたいな(^_^;)


そんな事を思う余裕もちょっとだけ戻った飼い主でした


治療はまだこれから

こーちゃん、一緒に頑張ろうねp(^-^)q
ニックネーム 雨 at 17:07| Comment(6) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こーちゃん@大学病院

2011090710430000.jpg

今日はシオンではなく、こーちゃんです


先月末から体調を崩して毎日近所の病院で点滴と注射をしてもらっていましたが

やはり手術が必要かも…という状況になり

実は他にもちょっと気になる症状が有ったので

一度大学で診て頂くことになりました


ブラピ先生が出張中という事で、今日は去年シオンの手術をして下さった

キャメロンディアス先生が診て下さいます


そんな訳で先週から少々バタバタしてますので

コメントのお返事が出来なくてすみませんm(__)m

また、メールのお返事もちょっと出来ないと思いますので
どうぞお気遣いなさらないで下さいね

では、こーちゃんと頑張りますp(^^)q
ニックネーム 雨 at 10:53| Comment(1) | わんこの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする