2017年11月02日

咳コンコン

先月、台風が関東地方を直撃した後台風

台風一過で急激に晴れて湿度が低くなった日晴れ


朝、ポコが咳をしていました犬(泣)





以前から動き始めや水を飲んだ後などには軽く咳きこむことがありましたが

大抵はすぐに治まっていました猫(足)


この日はなかなか治まらず、30分以上ケホケホ爆弾


ホットシャワーで吸入をして、1時間くらいでやっと治まりましたいい気分(温泉)


呼吸数と心拍数をチェックしましたが、大きな変化はなくて揺れるハート

その後は元気にしていたので、お昼に少し散歩してみると・・・紅葉









息が上がる事もなくしっかり歩けていました犬(足)



4631.jpg


最近家の近所で工事が多くて、工事の車が停まっていたり車(RV)
交通誘導のおじさんがいたりすると警戒して歩かないツキスミ犬(怒)



ポコは、それから数日は少し咳きこむことがありましたが、徐々に収束しましたバッド(下向き矢印)


ところが、今朝早く午前3時頃に寝ていて急にちょっと咳が爆弾

明け方の咳はちょっと気になりますね顔(汗)

心肥大が進んでいないと良いのですが・・・あせあせ(飛び散る汗)



ポコは僧帽弁閉鎖不全症が有るので、気管気管支炎が起きる可能性が高いですどんっ(衝撃)


念のために掛かりつけの病院で軟骨注射をしてもらうことにしました注射


今月は大学病院で定期検査の予定なので病院

心肥大が進んでいないかなどもしっかり診ていただこうと思います目



お散歩の後、地下のお風呂場で足を洗ったら、抱っこでリビングに運ぶのですが猫(足)

フライングで階段を上ろうとするツキスミグッド(上向き矢印)






リビングまで連れてきて、リリースしたのになかなか去らないポコ





階段のとこでツキスミが怒られたので、ビビって飼い主の顔色を見てるんですあせあせ(飛び散る汗)


そんないらん気を使わなくていいから手(パー)



明日も元気に過ごせます様にかわいい





ニックネーム 雨 at 16:38| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

ドキドキお兄

今日は、ポコだけ連れて大学病院に行ってきました病院


前回の診察は3月四葉
次回は9月の予定だったのですが紅葉


最近ちょっと気になることがあって、循環器科の診察をお願いしましたひらめき


気温が上がってきてから、呼吸数が早くなることがあって
いわゆる「息が上がる」状況が増えてきましたグッド(上向き矢印)


「パンティング」といって、犬はお散歩の時や
また特に理由が無くてもたまに口を開けてハアハアする事があるのですがキスマーク
問題の無いパンティングであれば、放っておいてもじきに治まります猫(足)


先日、車でちょっと長い外出をした時に車(セダン)
車中でハアハアしだして落ち着きが無くなり
携帯ボンベの酸素を吸わせてもニトロスプレーを使っても治まらず犬(泣)
「まさか肺水腫かexclamation&question」と心配する場面がありました顔(汗)

その時は、車を止めて休ませて、持参していた吐き気止めを使って
しばらくしたら落ち着いたのですが・・・くすり


お散歩も、最近は早朝の気温20℃くらいの時に行っているのですが
今までは歩行中はハアハアしても犬(足)
帰宅してハーネスを外したりしている間に落ち着いていましたが
このところ、治まるまでの時間がちょっと長くなった様な・・・あせあせ(飛び散る汗)


大学病院に行くのもバスや電車で移動するのでバス電車
本格的に暑くなる前に心臓病が進行していないか確認していただきました目


結果は、心臓に関しては3月から大きな変化は無いとういうことでした手(チョキ)
良かった〜揺れるハート


ただ、以前から高めだった腎臓の数値が上昇していてグッド(上向き矢印)
今回はCREも2.0を超えていたので要注意
ポコは、両腎に結石が有るんです爆弾
飲水量やオシッコの回数と量にも気を付けたいと思いますたらーっ(汗)


それにしても月曜日の大学病院は混んでますあせあせ(飛び散る汗)
9時の予約で行って、予診に呼ばれるまで30分以上
犬を預けての検査に1時間以上かかって
主治医の先生の結果報告まで更に30分以上・・・ふらふら
朝一番で行って、帰宅したら昼過ぎでしたダッシュ(走り出すさま)


3772.jpg


良くがんばって偉かったね四葉


3773.jpg


ツキスミもお留守番ご苦労様家


梅雨時もみんなでがんばっていこうね顔(笑)




ニックネーム 雨 at 16:23| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

温度と呼吸数

今日の東京は朝から雨です雨

お散歩もお休みで兄妹はまったり眠い(睡眠)


3727.jpg


室温22〜23℃だと飼い主は少しひんやり感じますが
犬的にはこの位がちょうどよいのかも四葉



ポコの心臓の状態をチェックする為に、定期的に呼吸数を測ってます揺れるハート


暑かった先日、室温が27℃の時の呼吸数は30晴れ
寝ている状態でも胸の上下運動が早いのがわかります爆弾


エアコンを入れて25℃に調整すると20程度に下がり下
胸の動きも穏やかになりました猫(足)


更に、室温が21℃位で涼しかった今朝は目
呼吸もすごくゆっくりの15でした四葉


ポコはビビリなのでちょっとした事で呼吸や心拍数が上昇しやすく
計測する時は本犬が落ち着いている安静時を基準にしていますが眠い(睡眠)
時々、お散歩後など運動時も測って安静時との差を見たり
どの位で安静時レベルに下がるかもチェックする様にしていますバッド(下向き矢印)


心臓病の状態は下りスロープの様に徐々に悪くなるというよりは
階段の様にある段階で急に悪化してしばらくその状態が続き
また次の段階にガクッと進む様な進行を見せるので
日々の注意深い観察と居室の温度管理を心がけたいと思いますひらめき



さて、涼しかった昨日は兄妹シャンプーしましたいい気分(温泉)


トリミングの記事からすぐみたいですが美容院
実はトリミングに行ったのは先月なのではさみ
2週間以上は経っているんですあせあせ(飛び散る汗)


なるべく負担を少なく短時間に終える為にダッシュ(走り出すさま)



3733.jpg



我が家はモンシュシュの浸けおき洗いですいい気分(温泉)


3732.jpg


泡立てもすすぎも要らないので、とっても簡単手(チョキ)
ぬるま湯にモンシュシュの入浴剤を入れて、犬を5分ほど浸けるだけですたらーっ(汗)

肌への刺激も少なくマイルドですが、洗浄力はそれほど強くないので
足がドロドロに汚れちゃった時などは別に予洗いが必要かも爆弾


3731.jpg


あと、5分おとなしく入っていられるかというね・・・あせあせ(飛び散る汗)

ウチでは浸けながら手でお湯をすくって頭や口の回りを洗ったり
背中を軽くマッサージしたりして時間調整しています手(パー)


3735.jpg


リンスしなくても洗い上がりはふんわりサラサラぴかぴか(新しい)


3734.jpg


お兄〜「飛び降りられるかな」とか考えてないかexclamation&question




ニックネーム 雨 at 12:29| Comment(4) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

ポコちん@定期検査

今日は半年ぶりにポコの大学病院での定期検査です病院


キャリーバッグを通してもわかる程のガタブルで到着した最弱犬犬(泣)


着いたとたんに・・・


2943.jpg


2942.jpg


2941.jpg



いくら気配を消してもムダです手(パー)



今回も循環器科で胸のレントゲン、心臓エコー、心電図とパソコン
全身の状態をチェックする為に血液検査もしていただきました注射



幸い、心臓の状態は前回とほとんど変わっていないそうです四葉
心拍数が上がり易いので、心臓のお薬の一部だけを少し増やすことにくすり



血液検査では、前回ちょっと基準を超えていた肝臓の数値は基準内に下がりましたバッド(下向き矢印)


ただ、腎臓の数値BUNが前回同様基準を超えていて
今回は更にもうひとつの腎臓の指標CREもちょっと高くなってましたグッド(上向き矢印)

元々腎臓に結石が有り、年齢も13歳なので腎機能が低下しても不思議はありません
尿比重などと合わせて腎臓の状態に気を付けていきたいと思いますたらーっ(汗)



ちょっと懸案事項なのが、歯キスマーク


朝晩歯磨きをしてはいるのですが、どうしても歯石が溜まってくるんですよね〜
8歳の時に病院で麻酔をかけて歯石除去してもらうつもりで行ったら
心臓病がわかってしまってそれ以来やらないままあせあせ(飛び散る汗)
もっと年齢が上がって心臓が悪くなる前にやっておくべきか・・・顔(汗)


循環器科の先生に相談したところ、今のポコの心臓の状態なら
麻酔をかけることは可能だということです注射
歯周病でトラブルが起きる前にここらで思い切って歯科処置しようかと手(グー)



ただ、掛かりつけ病院の担当の先生は麻酔をかける事に反対なので犬(怒)
飼い主としては迷うところでありますふらふら
担当の先生と話し合いながらもう一度考えてみようと思いますホネ




大学病院では、お友達に会いましたよひらめき


2939.jpg


朝早くから頑張っていたモカちゃんは、もう検査も終わって余裕の表情ムード


2940.jpg


あんたはまだ検査が有るからダメざんす手(パー)



帰りは雨が降って来ちゃったのですが雨
モカちゃんのママが車で送ってくれたので本当に助かりました車(セダン)



モカちゃんママ、どうもありがとう犬(笑)






ニックネーム 雨 at 16:22| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

フォーラム 心臓病を手術で治す方法(2)

昨日の記事の続きです犬(笑)


coat 001400.jpg


心臓病のステージ



愛犬が心臓病だと診断された時に病院で
「この子は4段階の2ですね」とか言われる事がありますが家

そのステージってどういうものなのか、皆さん説明を受けてますか?

意外と内容の説明を受けずに「4段階の2だからまだ安心」とか
何となく思っていたりしていないでしょうか


上地先生から、簡単なステージの目安について説明がありましたので
私なりにまとめてみたいと思います演劇


ステージA
キャバリア、チワワ等、将来僧房弁閉鎖不全症を発症しやすい因子を持っていると思われる犬種で
心雑音も心肥大も無い状態

ステージB1
聴診で心雑音が認められるものの、心肥大等の症状は出ていない状態

ステージB2
心雑音に加えて心肥大が認められるが、まだ肺水腫には至っていない状態

ステージC
肺水腫や呼吸困難を起こしている状態

ステージD
投薬治療などを行っても肺水腫や呼吸困難が制御できない状態
    

つまり、心臓の大きさと肺水腫など心不全の兆候によって
ステージは分かれているということになり
それによって治療を始めるかどうかを決めているわけですね


ちょっとショッキングですが
各ステージ毎の平均生存率についてのお話もありました爆弾


統計によると

ステージB1の場合・・・40カ月以内に半数が心不全の症状が出たり
            急激に進行して亡くなったりする

ステージB2の場合・・・40カ月以内に90%が悪化する

ステージC の場合・・・6〜8カ月以内に半数が亡くなる

という事ですが、症状が出てきたところで血管を拡げるACE阻害剤や
強心剤のピモペンダンを使う事で悪化のペースを下げる事が期待されますくすり


ただ、病気自体の進行を止める事はできないのでバッド(下向き矢印)

平均してB1の期間が2〜3年、B2の期間が1〜2年
症状が出始めてから末期の状態になるまでが1年半程度なのだそうです

薬で治療をおこなったとしても、心不全の症状が出てからは
1年半〜2年の間に90%が亡くなってしまうという事でした犬(泣)


これまで、各ステージの状態については知っていましたが
具体的にその期間の平均値を聞くと
タイムリミットに向けて戻らない道を進んでいるのだと実感します犬(足)



poco1st300.jpg


僧房弁閉鎖不全症の手術



僧房弁閉鎖不全症は、弁が閉じにくくなったり弁を支える筋が切れたり
伸びてしまったりする病気なので
薬でそういった状態を物理的に治すことはできません
臨床症状を改善したとしても、やがては重度の心不全になる訳です


そこで、手術によって弁の状態を修復するのが手術です病院


上地先生は10年ほど前から僧房弁閉鎖不全症の手術をなさっていて
現在までに650例以上の執刀経験があるそうです
1.3kgのチワワから50s以上の大型犬まで
年齢は5歳から14歳までいたとか

14歳の手術というのはすごいですが
飼い主さんは苦しそうに何度も肺水腫を繰り返す姿に胸を痛めていて
リスクを承知で「少しでも楽に過ごせる時間を与えたい」と手術を決断
その結果、マルチーズちゃんは無事に手術を乗り切って
何と17歳まで長生きしてくれたそうです


私はたまたま最近、人間の心臓外科医の講演を聞く機会があったのですが
心臓の手術というのは人間でも高齢で行うことが多くて
手術の問題となる他の病気が無い場合
80歳過ぎでも決して特別な事ではなくなっているそうです紅葉



実際の手術のやり方ですが注射

僧房弁に関しては弁を人工弁に取り換える置換術よりは
元々の弁を修復する手術が主流になっているそうで
上地先生も主にこの手術を行っています手(パー)


心臓の手術をする時には、人工心肺で体外循環を確立して
心臓を止めている間に手術を行う訳ですが
上地先生の病院では1回の手術に8〜11人の獣医師・看護師が携わるそうです
執刀医・助手・麻酔医・器具補助などそれぞれに役割があって
心臓を止めている時間を極力短くする様に協力しあう
まさにチームで手術を行うのだなと思いました


心臓を止める時には大動脈を鉗子で挟んで遮断するのですが
その際、冠動脈に心臓を保護する液体を注入して心臓を保護します
頸の血管から引いた血液を人工心肺に引いて酸素を与えて体内に戻し
全身に酸素の含まれた血液を循環させます


こうして準備が出来たら、弁の修復に取り掛かります
もしも腱索という弁を支える筋が切れている時には再建し
僧房弁を縫い縮めてしっかり閉まる状態に戻します


弁の状態によって結果は違ってきますが
手術を行う事によって弁が閉じやすくなり
血液の逆流が減って心臓が肥大するのを防ぐことができるそうです


手術全体の時間は6時間ほどだそうですが
大動脈を遮断して心臓が止まっているのが50分
人工心肺が作動しているのが100分程度だという事です


入院期間は1週間程度ということなのですが
気になるのは手術後に起きるアクシデントですね


次に、術後に起こる合併症についても説明がありました



dressup400.jpg


心臓手術後のリスク


心臓の手術後には血栓が出来やすくなる為、抗凝固剤を投与しますが
それでも運悪く出来た血栓が飛ぶことがあります
足の血管に飛んで詰まると足を痛がったり歩きにくそうになったり
脳に飛んでしまうと脳梗塞などになって、場合によっては致命的になります


その他の合併症としては、貧血や横隔膜の麻痺が起きる事もあるそうです




手術実績


上地先生が大学から独立して2年余りで手術した158例の中で

年齢層は9〜11歳

ステージはC

犬種はチワワ   が多いそうです


退院率は92%(術中の死亡例は有りませんが術後入院中の死亡が8%)

退院後3カ月以内に腎不全や突然死で亡くなったのが3例


結果としておよそ91%が無事に生活に復帰して

手術前の症状が軽かった子は投薬も不要になっているそうです猫(足)



s-naughty 004.jpg


雨の感想


これまでは薬で進行を遅らせたり症状を緩和するしかできなかった病気が
手術で「治す」という選択肢が出てきたことは大きいと思います
苦しい思いを長い間させずに改善してやれるならどんなに良いだろうと思いますが

一方でリスクも決して小さくは無いと思うので
決断には飼い主の覚悟が必要だと感じます

手術を実施している医療機関もまだほんの少ししかありませんし
費用もかなり掛かる様ですので
実際に手術を選択できる人も限られてくるかもしれません

今後こういった手術の安全性がより高くなって
実施できる医療機関が増えて費用が一般の外科手術並みになって
心臓病で苦しむ子が減っていくことを願っていますぴかぴか(新しい)



パソコンこの記事は私がセミナーの記憶をもとに書いています
内容が実際と違っている部分が有るかもしれませんので
興味のある方や手術を検討されている方は
心臓の手術を行っている医療機関にしっかり確認してくださいね












 


ニックネーム 雨 at 14:03| Comment(2) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

フォーラム 心臓病を手術で治す方法(1)

9月に行ったフォーラムの記事をずっと書いていませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

記憶が薄れてきてしまったので、メモを参考に思い出しながら書きます本

例によって写真は過去の倉庫から引っ張り出してきてますので
記事とは関係ありません犬(笑)



0086.jpg


「心臓病を手術で治す方法」
           JASMINEどうぶつ循環器病センター 上地正実先生


歴代4マルはシニアになってから心臓病を抱える様になりました
現在もポコは薬を飲みながら年に2回の検査を受けて
心臓病の進行度合いをチェックしていますくすり

以前は小型犬の僧房弁閉鎖不全症の治療は薬で進行を遅らせたり
症状を軽くしたりする以外に方法は無いと言われていましたが
外科手術によって弁の修復を行う事によって
「治す」という治療の選択肢が出てきました病院

でも、まだ手術を行う医療機関は少なくて、広く普及はしていません

ずっと知りたいと思っていた心臓病の外科治療について
やっと上地先生のお話を直に聞くことができましたカラオケ


まず、犬猫の心臓病についてですが
小型犬に多いのが僧房弁閉鎖不全症、大型犬では拡張型心筋症
猫の場合は肥大型心筋症の発症率が多いのだそうです

人間に多い動脈硬化などによる心筋梗塞等は
寿命の違いから犬猫には少ないということです
でも、犬猫の寿命も年々伸びていますから
今後は人間と同じ様な病気が増えてくることもあるのかも?


0073cologneinbed.jpg



今回は小型犬の僧房弁閉鎖不全症の手術についてのお話でした


僧房弁が肥厚したりしてちゃんと閉まらなくなり血液の逆流が起きると
充分な酸素が取り入れられなくなって息が苦しくなります

これまで私は、心臓病で亡くなる時というのは
全部「心不全」だと思っていたのですが
心筋梗塞などの様に心臓が急激に動かなくなって
全身に血液が行きわたらなくなって死に至る場合と違って
僧房弁閉鎖不全で亡くなる場合というのは
肺に水が溜まって息が出来なくなって「呼吸不全」になって
その結果亡くなるということです

苦しそうですね・・・ふらふら


dogsincage.jpg



僧房弁閉鎖不全の症状としては、まず心雑音がみられる様になります
聴診器を当てると雑音が有ると指摘されても
この段階ではまだ目立った症状は何も無いということも多いです


心臓病が進んでくると、咳が出てきたりしますが
咳には種類があってそれぞれ原因が違うということも
動画で説明がありました

これも、ずっと気になっていた点ですごく参考になりましたひらめき


シオンやこーちゃんがしていた様な「クエーックエーッ」や「ガーガー」という咳は
気管気管支軟化症というものだったそうです
気管の軟骨が弱ってきて気道を開いておくことができなくなり
気管がぺしゃんこになってしまうことで起こります
僧房弁閉鎖不全症と気管気管支軟化症はほぼ同時期に発症するので
「心臓が悪くなって咳が増えた」という時の咳は
気管の問題によることも多いそうです
ですから心臓の薬を飲んだとしても咳が止まらないという事が起こる訳です


次に「カーッ!ペッ」と痰を切る様な咳がずっと続く時
これは慢性気管支炎の可能性が有るそうです


これまで「心臓が悪いから咳が出る」と漠然と思っていましたが
それは心臓が肥大することによって
空気の通り道に影響が出るせいだったんですね

咳が出るのは、心臓が肥大して気管支を圧迫して軟化症になったり
呼吸数が増えることで気管を刺激したり
肺水腫で肺に溜まった水が気管支を刺激したりするそうなのですが
心臓病で咳の出る子の内、肺水腫が起きている子というのは
必ずしも多くないということです
心臓が肥大することが咳の原因であって
咳が出るから即肺水腫があるということでは無い様です

心臓が肥大することが咳や呼吸の苦しさを起こして
やがては肺水腫を引き起こす可能性があるということなら
心臓を小さくすれば症状は緩和されることになります
その為に利尿剤などを使って心臓のうっ血を取るのですが
外科手術で僧房弁自体を修復してしまおうというのが
上地先生の病院が行っている治療です



52day2.jpg



「僧房弁」てどんなものかというと四葉

左心房と左心室の間にあるのですが
「餃子の皮」みたいな感じの弾力の有る膜なんだそうです
これが段々と弾力を失ってきて固くなってくることから
弁としての機能を果たせなくなるのが僧房弁閉鎖不全です

これは種による遺伝的な問題で、食べ物とか飼い方には余り関係無いそうですエサ




・・・と、すみません、今日はここまでm(_ _)m

次回は心臓病のステージと、実際の手術の仕方について書く予定ですパソコン







ハロウィンの昨日、とっても可愛いモンスターのお写真が届きましたモバQ


IMG_2127.JPG


エリカさんちのミランちゃんかわいい

お菓子あげるから来て来て〜黒ハート


IMG_2126.JPG


飼い主にお菓子もいただいてしまいましたバースデー


エリカさん、ありがとうございます犬(笑)





ニックネーム 雨 at 12:24| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

ひな祭りに病院へ


P1003742.jpg

お兄、喜んでるのではなくテンパッてます爆弾


先週のことですが・・・ひらめき

半年ぶりに大学病院に行って来ました病院
循環器の定期検査です揺れるハート

今回は心臓のエコー検査で心機能の低下が無いかの確認と
血液検査で全身状態についてもチェックしてもらいました注射

心臓の機能については、半年前と大きな変化は無いそうです右
血液検査も、肝臓や腎臓の数値は基準内で、貧血等もありませんでした


ちょっと気になるのが・・・目


総胆汁酸(TBA)と炎症を示す(CRP)が高めだった事グッド(上向き矢印)

TBAはツキスミの様に門脈シャントなどがあると上昇する数値です
CRPは体の中で何か炎症が起きているという事ですが
腫瘍や免疫性の病気でも上がる事があります

ちょっと心配ですが、今のところはっきりとした臨床症状は無いので
今後主治医の先生と相談しながら注意深く観察していく予定です


P1003743.jpg


お疲れ様、良くがんばったねかわいい




ニックネーム 雨 at 13:26| Comment(2) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

吸入器再び!

ちょっと前、寝ていたポコが急に

「クエーッ」と喉が詰まった様になってましたあせあせ(飛び散る汗)


何度も「クエーッ」とやるんですが
気道が塞がってしまったみたいになかなか普通の呼吸が出来ない様子爆弾


それからしばらくは、むせやすくなったり時々「クエーッ」となってました犬(泣)


以前にも同じような症状が出た事があるのですが
心臓病の咳とはちょっと違う感じだし、では気管虚脱かと言うと
病院のレントゲンでは、明らかな気管虚脱は見られないそうで病院

でも、シニアになって気管の軟骨が減ってきて柔軟性が落ちて
古くなったゴムホースみたいに何かの拍子にぺっちゃんこになって
喉が詰まってしまう様な事は有るかもと思ってます

乾燥してきて喉がいがらっぽくなったり
ゲップした時に胃酸が逆流して喉が荒れる可能性も有るかもどんっ(衝撃)


心臓病の子の場合、心臓性の咳をまず疑うのですが
濃縮酸素やニトロを使ってみても効果は無いみたいで
やはり喉または気道の違和感みたいなものではないかと感じました


じゃ、あれをやってみようひらめき


0414.jpg


という訳で、久々に登場のネブライザー四葉



我が家には吸入器は2台有りまして手(チョキ)


普段良く使うのはこちら下


0417.jpg


水道水が使える簡易型です


0418.jpg


本体に入れた少量の水を超音波で振動させてー(長音記号1)

粒子に分解した水をヒーターで温めて出しますいい気分(温泉)

噴霧時間は5分と短いですが、いつでもすぐに使えて便利

付属のスプーンで計量して生理食塩水も作れるので
水道水ではむせてしまう場合も助かります

冬場は人間の風邪対策にも活躍してくれてますかわいい




ネブライザーの方は医療用に使えるものなのでちょと大型ですが

0425.jpg



0416.jpg

やはりこちらに水を入れて超音波を起こして


0415.jpg

このカップに入れた薬液を粒子にして噴霧します霧



医療用なので水道水は使えません手(パー)

病院で吸入用に生理食塩水をもらってきて
状態に合わせて気管支拡張剤とか炎症を抑えるステロイド等を混ぜます注射

噴霧時間も30分位まで使えるのですが
犬の場合は15分程度までにしています


最初シオンの為に買って、こーちゃんも使ったものです犬(足)


ポコちんは上手に出来るかな?


0421.jpg


0423.jpg



顔に霧がかかるので嫌がる子も多いのですが犬(怒)


0424.jpg


抱っこして良い子にできましたよ演劇


数日続けたら、喉の具合も良くなってきたみたいですグッド(上向き矢印)



心臓病の子で咳が多い時、気管が炎症を起こしたり
痰がからんでしまう事があります爆弾

そういう時にはネブライザーを使ってやると楽になる事もあるんです四葉


人間と共用できるし、オススメですよ犬(笑)




ニックネーム 雨 at 12:00| Comment(2) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

散歩は是か非か

最近、朝は寒くなってきた上にお天気もイマイチで曇り


7875.jpg


お散歩に行く時間が不規則です犬(足)


先日のお散歩猫(足)


7873.jpg


段々紅葉より落ち葉が増えてきましたね紅葉


7872.jpg


ちょうどお昼時だったので、公園には人かげも犬かげも無く・・・





人見知り犬見知りのお兄にはラッキーひらめき


7871.jpg


帰路はよりいっそう嬉しそうグッド(上向き矢印)




ポコの様に心臓病の犬の場合失恋
病院で「興奮させないで安静に」と言われる事が多いと思います病院

では、お散歩はしてはいけないのか?爆弾
家の中でも興奮させない様に飼い主は息を殺さなくてはいけないか?ふらふら

と思われる方もいるかもしれませんが、動物相手に
100%安静にして絶対に興奮させないというのは無理ですよね犬(怒)

じゃあ、どうしたら良いの〜exclamation&question犬(泣)

と悩んでしまう方もいるかもしれませんよねあせあせ(飛び散る汗)


ポコも、9月に大学病院で循環器内科の教授に診ていただいた時病院
お散歩について聞いてみました耳


先生の答えは・・・

「してもしなくても良いです」



・・・は?顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)


要するに現在のポコの心臓の状態で有れば
少し散歩した位ですぐに重篤な状態になるとは考えにくい様で
散歩が好きなら無理に制限しなくても良いのではという事みたい犬(足)

ポコは家ではずっと自分のベッドに引きこもっているので
自分で安静にしてくれていると思うんですよね眠い(睡眠)
なので、たまには気分転換と
筋力低下を防ぐ程度のお散歩はさせたいと思っています犬(足)
気候の良い時を選んで15分〜20分位、楽しく歩きたいです

「ポコが散歩が好きかどうか」という点は微妙ですが・・・あせあせ(飛び散る汗)


興奮も、飼い主が帰宅した時などに喜んで跳ねたり吠えたりするけど
放っておいてもも大抵はすぐにおとなしくなりますし
気になる時は抱き上げてなだめれば落ち着くので
今はまだそんなに心配しなくても大丈夫かなと思います手(パー)
(緊急用に携帯酸素やニトロスプレーも常備はしています)



こーちゃんやシオンが心臓病の末期になった時は失恋
興奮して具合が悪くなってしまう可能性が高かったので爆弾
飼い主が外出する時にはバリケンや酸素室に入れて
外出も短時間で済ませる様にしていましたダッシュ(走り出すさま)

特にこーちゃんは分離不安が激しかったので犬(泣)
飼い主の姿が見えないとずっと吠えてしまって
帰宅した時にはチアノーゼになってたりしましたどんっ(衝撃)
だから外出できる時間も、1時間→30分→10分と短くなり
最後の方は「トイレは3分以内」とウルトラマン並になってましたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


ポコの場合はまだ病気の進行もそこまでは進んでいないし
飼い主への依存心もそんなに強くないと思うのですが
先日の遠吠え映像などを見ているとちょっと心配ですね顔(なに〜)


ま、でも、今から心配をしていてはキリが無いし
本当に心配すべき時というのがどういうものかも経験してるので
今のところはお散歩も旅行も様子を見ながらしていきたいです手(チョキ)


病気がわかった途端に「この子はどうなってしまうのexclamation&question」と
すごく心配してしまう飼い主さんもいらっしゃると思いますが

まずは飼い主が冷静にならないと
治療の事や普段の生活についても考えられませんから
ここは一発どーんと構えて
「何が有ってもワシが守ってやるから大丈夫じゃexclamation×2」と
笑顔で言ってみてはどうでしょう演劇
言葉に出して言ってみると、何となくそんな気がするものですよグッド(上向き矢印)
私なんて毎日「飼い主がついてるから絶対大丈夫だぞ」と言ってます
何も根拠は無いですけどね顔(ペロッ)


冷静に現在の病状を担当医の先生に詳しく相談した上で
今出来る事を楽しんで一緒にやれたらいいなと思います揺れるハート









ニックネーム 雨 at 10:00| Comment(2) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

大学病院の待合室で

月曜日は、ポコちんの大学病院診察の日でした病院

本当は先週の木曜日だったんですが、大雨だったので延期しました雨

同じ様に先週から予定変更した人が多かったのか、待合室はわんにゃんと飼い主でいっぱい犬猫

早い時間の予約も空いていると聞いていたので耳
1時間も早く行っちゃったんですがダッシュ(走り出すさま)
結局呼ばれたのは予約した時間の1時間後あせあせ(飛び散る汗)
ポコちん、2時間も待っちゃいました犬(泣)

秋は学会等も多いせいか、先生方もお休みが多くて人手不足だったみたいです顔(汗)


前回までは、食欲不振が続く原因に腫瘍等の重大な疾患が隠れていないか爆弾
ブラピ先生に診ていただいていたのですが目


色々検査しても食欲不振に結びつく様な疾患は見つからず失恋
今のところわかっている心臓病の経過を中心に診ていく事に


そんな訳で、この日の診察は循環器内科になりました揺れるハート


予診では、若い女性の先生に前回から今までの経過や現在気になる事等をお話して本
ポコちんは検査の為に一旦お預け注射


私は毎回、これらの事を紙に書いて、掛かり付け病院で受けた検査の結果等とまとめて持参しています猫(足)

診察の時というのは飼い主も結構舞い上がってしまうのでグッド(上向き矢印)
大事な事を言い忘れたり聞き忘れたりしがちなんですよねふらふら

必要な事をまとめて印刷したものを病院用と自分用の2部作っておけば
先生と会話しながら言われた事をメモしたりできますし
毎回の記録をファイルしていけば、万一救急病院へ行く時や
何かで緊急避難したりする時にもカルテ代わりになるので
薬の処方内容も書いておくと安心ですね犬(笑)


検査を終えて、循環器の偉い教授先生から結果のお話パソコン
今回も学生さんが大勢見学に来ていましたあせあせ(飛び散る汗)


レントゲンでは、心臓の大きさは前回と殆ど変わっていないという事です
エコーや心電図の検査でも、左心室がやや大きくなったものの
左心房には殆ど変わりはなくて、逆流はそれなりに有るものの
心臓は頑張って機能しているという事でした


という事で、お薬の処方は前回と変わらずくすり
次回の検査は6ヶ月後という事になりました病院


飼い主が気になっていた、寝起きに喉が詰まる様な声を出すのは爆弾
気管虚脱等は見られないという事で
たまたま寝方で喉を圧迫してたのではないかと

また、毎日歯磨きしていても歯石がついてきてしまうのですがキスマーク
今の状態は麻酔が絶対にダメという段階までは行っていないので
短時間の麻酔でスケーリングするという選択肢も有るという話でした
この先歯周病が原因で問題が起きる可能性と
麻酔を掛けて処置をすることのリスクを検討する必要があります
これは掛かり付けの先生と要相談ですね

尻尾に棘の様な突起ができているのですが
腫瘍などの悪性の病変である可能性は低いので
液体窒素で焼いてしまうか
もしもスケーリングで麻酔をかけるなら
その時に切除して病理検査する事も出来ると言われました
これも要検討課題ですひらめき


血液検査の結果は11歳半とは思えない位優秀でしたぴかぴか(新しい)

前回の診察から特に悪くなっている点は無いという評価でしたが
検査結果と臨床症状は必ずしも一致しない事もあるので
飼い主は日々五感を使って状態を観察していきたいと思います犬(足)

先生方は病気に関してのプロですが病院
4マルに関しては私が飼い主のプロだと思って犬(足)
飼い主の「ちょっと変だな」という感覚を忘れない様にしたいと思ってます

だって、こちとら24時間全神経を集中してこの子達を見てるんですから目
しつこくてウザイ飼い主だと思われても疑問や不安に思う事はしっかり聞きたいですよね手(グー)



朝9時前に家を出て、帰宅したのは午後2時半家


7453.jpg


ポコちん疲れたよね〜あせあせ(飛び散る汗)



そしてひとりでお留守番だった妹は・・・





完全な分離不安ストーカーになってました犬(怒)


がんばったふたりにごほうびだよホネ






この秋も穏やかに気分良く過ごせます様に紅葉


待合室で・・・
ニックネーム 雨 at 13:08| Comment(2) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

ドキドキお兄@大学病院

今日は梅雨の晴れ間でした晴れ


6957.jpg

早朝の気温が上がらない間にお散歩犬(足)


6956.jpg

庭先に紫陽花が咲いているお宅も多いですねかわいい


6955.jpg

ポコちんが張り切っているのは、往路ではなく復路だからですダッシュ(走り出すさま)


そんな朝の行事の後は・・・ひらめき

ポコちんを連れて大学病院へ病院


6958.jpg

3ヶ月ぶりの診察で、お兄はドキドキMAX揺れるハート


しばらく前から、ポコの心臓の音がすごく大きくてグッド(上向き矢印)
静かな部屋では聴診器も使わず、離れていても聞こえる程です耳


気温も上がってきて心臓には負担の大きい季節になったので晴れ
心臓の詳しい検査をしてもらいましたパソコン


血液検査もして全身状態のチェックもお願いしたのですが注射
3ヶ月前と比べて大きな変化は無いそうです手(パー)


心臓病の様な進行性の慢性疾患は、良くなって完治する事はありません爆弾
なので、進行の速度を少しでも遅くして現状維持するのが目標になります猫(足)

ポコの場合は「悪いなりに安定して日常生活に支障の無い程度」
というところでしょうか右


小型犬の心臓病はなだらかな右肩下がりで悪くなっていくと言うよりは
ある段階でガタッと悪くなりバッド(下向き矢印)
しばらくそこで維持してからまたガタッと悪くなるバッド(下向き矢印)
という経過をたどる事が多い様に思います顔(汗)


ですから、日々の体調の観察がとても大事です手(グー)


今回は幸い現状維持に近い状態を保てたポコちん右
血液検査の結果もほぼ異常無しで手(チョキ)
お薬の処方も前回と同じで良いそうですくすり



待合室で、偶然のサプライズひらめき


6959.jpg

お友達のモカちゃんもちょうど診察に来ていましたよかわいい


ツキスミと同じ生まれつきの肝疾患で頑張っているモカちゃん犬(足)
今回モカちゃんも大きな異常は無くて本当に良かったです四葉


帰り道はモカちゃんのママに送っていただきました車(セダン)


電車の中ではブルブルがバッグ越しにはっきりわかる程のポコなので犬(泣)
車で送ってもらえて本当に助かりました家


モカちゃん&ママ、どうもありがとう犬(笑)





6952.jpg

帰宅後はすっかりお疲れのポコあせあせ(飛び散る汗)



6951.jpg

はい、良くがんばりました手(パー)




ニックネーム 雨 at 15:50| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

ポコ@大学病院再診

MAXびびり中のポコちん爆弾


6041.jpg


1ヶ月ぶりに大学病院に行きました病院


長引く食欲不振の原因をさぐる為、先月からブラピ先生の診察を受けていますひらめき



ポコは僧帽弁閉鎖不全症がそこそこ進行しているので失恋
循環器の先生のご意見も聞きながら診察してもらっています目



先月の検査の結果では、食欲不振に繋がる程の深刻な問題は見つからず猫(足)
投薬内容を少し変更して様子を見ることになりましたくすり


利尿剤を減薬から休薬したり、強心剤も減薬したので
薬の変更によって体調が悪化していないかを調べますパソコン


今日の検査では、心臓の薬を減らしたことによる悪化は見られなかったのでくすり
しばらくこの処方で続けていくことになりました手(チョキ)
食欲はまだむらがありますが、少しだけ出てきたかなという感じですエサ


心臓病にとっては夏だけでなく真冬もしんどい季節ですが雪
安定した状態を保てる様に良く気をつけてやりたいと思います手(グー)



ビビリまくるポコちんと対照的なのがこちらかわいい


6042.jpg


検査に来ていたビビアンちゃんリボン

とってもおりこうさんで検査の時もおとなしくお腹を診せてましたよ猫(足)



6043.jpg


ホント、男子は大袈裟でだらしないよね〜犬(怒)



帰りはビビアンちゃんと一緒の車に乗せてもらって車(セダン)


6044.jpg


こんな可愛いプレゼントをいただきましたプレゼント

どうもありがとう黒ハート




ひとりきりでお留守番だったツキスミ家


6045.jpg


頑張ってお留守番してくれたのですが、昼ごはんの後で具合悪くなってしまいました犬(泣)


先週からちょっと体調が良くないので要注意バッド(下向き矢印)

しばらく自宅での点滴を毎日にしてみようと思います注射


ポコちんもツキスミも、飼い主がついてるから大丈夫だからね四葉




ニックネーム 雨 at 19:42| Comment(2) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

ドキドキ大学病院

今日はふたりともお出かけしてもらいますよ手(グー)


5894.jpg


病院で検査してもらうんです注射


5895.png


いつもの病院かと思いきや・・・



5896.jpg

着いたところは大学病院病院


5901.jpg


ポコちんの検査をしてもらう為に来たんですひらめき



先月、大学の公開セミナーでブラピ先生が講師をなさっていて演劇
聴講した後で、ポコの長引く食欲不振などの事をちょっとお話したんです犬(怒)

そうしたら「一度診せてもらえませんか」という有り難いお言葉を頂き揺れるハート
親子二代でブラピ先生に診ていただくことになりました犬(足)



ポコが大学に来るのは初めてなので、まずは問診票を書いて目
自宅から用意していった資料と一緒にお渡ししました手(パー)



予診ではブラピ先生よりも若手の先生が丁寧に問診本
その後、一旦ポコを預けて検査をしてもらうことになりました注射



1時間〜1時間半程度掛かるという説明でしたが
実際は2時間以上掛かりましたあせあせ(飛び散る汗)


5900.jpg


飼い主と待合室で待ってるコイツは大丈夫か?


ツキスミの体調が昨夜から悪くてバッド(下向き矢印)
本当は家でお留守番させようか迷ったのですが家
ひとりでお留守番中に吐いたりしても困るので結局同伴しました犬(足)


5899.jpg


もうすぐお兄は戻って来るから
お兄の診察が終わるまでがんばろうね手(グー)



朝9時半の予約で行ったのですが、検査が終わったのが12時過ぎあせあせ(飛び散る汗)
窓際のベンチは腰は痛いし寒いしふらふら
久しぶりの大学病院はちょっと疲れました失恋



でも、その間にブラピ先生は一生懸命にポコの不調の原因を探って下さっていました病院


血液検査やレントゲンに加えて、心臓の状態は循環器科の先生に診てもらって下さったそうです揺れるハート



それで、結果なんですがパソコン



特に深刻な病気は無さそうだということになりました四葉


僧帽弁閉鎖不全による心雑音は確かに多いのですがどんっ(衝撃)
心臓の機能の評価はそれほど悪くないそうですー(長音記号1)
レントゲンで見る心臓の形も肥大しておらず、むしろ小さめ揺れるハート


腎臓の数値も今日は基準内でしたが
持参したオシッコの比重はやはりとても低かったですバッド(下向き矢印)


そこで、循環器科の先生と相談して
今飲んでいる心臓の薬の内容を少し変更してみてはどうかというアドバイスをもらいましたくすり

もしかしたら、心臓の機能に対して薬が効きすぎてしまっているかもしれないので
減薬や休薬を試してみようということですひらめき


大学でもらった薬の新たな処方箋を主治医の先生に見てもらって病院
了解していただければその処方でしばらく試して経過を見ることにくすり


ブラピ先生には年内にもう一度経過を診てもらう予定です病院



身近でいつも親身に支えてくれる主治医の先生とかわいい
大学の専門医の先生と病院
タッグを組んでポコを守ってくれたら本当に心強いですね手(チョキ)



ポコの食欲不振が余り長引くし、心臓も急に悪くなったので
「この子は余り長生きできないかももうやだ〜(悲しい顔)
なんて思っていた飼い主なんですがあせあせ(飛び散る汗)
ブラピ先生は「今の感じならまだまだ大丈夫グッド(上向き矢印)」と言ってくれましたよ


5903.jpg


ブラピ先生に抱っこされるポコ犬(笑)
先生のすごーく優しい笑顔がとってもステキです黒ハート


シオンをずっと守ってくれた先生だから、きっと御利益があるよぴかぴか(新しい)




でも、ちょっと切ないこともありました失恋


診察はしてもらわなかったのですが、ツキスミの血液検査データもちょっと見てもらったら注射
ブラピ先生の顔が急に曇りましたバッド(下向き矢印)

「この子の方がまずいですね・・・爆弾

ツキスミには「長生きできる」という言葉はかけてもらえませんでした犬(泣)




先のことはわからないけれど・・・

ポコとツキスミと一緒に、今日という日を大切にしていきたいと思いますかわいい


ふたりとも、今日はほんとうにお疲れさま犬(笑)




こんな出会いもありました
ニックネーム 雨 at 17:05| Comment(2) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

こーちゃん詐欺

P1003407.jpg

先週からの体調不良で週末病院に行ってきたこーちゃん病院


2週間ほど前までは元気で食欲も有ったのですがエサ
段々食べなくなってきて、ごはんもおやつも拒否しています犬(怒)

心臓の負担を取る為に追加した利尿剤でくすり
電解質のバランスがちょっと崩れている様です失恋

血液検査では腎臓と肝臓の数値は大きな変化はありませんでしたが注射
臨床症状と検査数値の異常の出現は時差が出ることがあるのでバッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)
数値を一回見ただけでは油断ができません

心臓の負担も増えてきているので爆弾
食欲不振の原因は様々に考えられます

高齢で持病をたくさん持っている子だと
色々な事を想定して微妙なバランスを取らないといけないです
なかなか難しいですねあせあせ(飛び散る汗)顔(汗)


去年の夏から体調が悪くなってきたこーちゃん晴れ

何度も繰り返し危ない状況が訪れるのでどんっ(衝撃)

「クリスマスは一緒に過ごせないかも」
「年を越すのは難しいかも」
「冬が終わるまではもたないかも」
「桜を見るのは無理かも」

・・・と、いつもドキドキしている飼い主ですふらふら
何度「もうダメかも」と思ったことか・・・もうやだ〜(悲しい顔)

でも、そんな飼い主の心配をいつも吹き飛ばして
ホントに頑張ってくれているこーちゃんです手(グー)


最近では、ちょっと具合が悪くなっても

「またこーちゃんの『死ぬ死ぬ詐欺』かもひらめき

なんて言われたりしていますあせあせ(飛び散る汗)


だから、こーちゃんかわいい

今回もまた「死ぬ死ぬ詐欺」で飼い主を騙して元気になってね犬(笑)




ニックネーム 雨 at 10:40| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

Water!

この頃、こーちゃんがいつも求めているもの、それは・・・


4597.jpg

お水ですビール


心臓病が進行しているこーちゃんは、水分の摂取制限をしています手(パー)

咳が出るので喉が渇くのですが、水をがぶ飲みすると今度は
肺に水が溜まってきてしまうので爆弾
飲む量とオシッコで出す量を慎重にバランスを取らないといけませんあせあせ(飛び散る汗)


今週はちょっと調子が悪くてバッド(下向き矢印)
夜中に何度も咳で起きているので余計に喉がイガイガするのでしょうね爆弾

喉の炎症を抑える為にステロイドを使ったりするとくすり
余計に喉が渇いてしまうので大変な事に顔(汗)

お水飲ませてあげたいけど、飲み過ぎて呼吸が苦しくなったり
肺水腫になったりしたら困るし・・・顔(なに〜)


こーちゃんは利尿剤を飲んでいるのでくすり
飲み水を制限し過ぎて脱水状態になってもいけませんどんっ(衝撃)

4599.jpg

1回に飲む量を少しずつ、回数を分けて与えていますバー


人間と違って犬は自分で飲む量を制限できないので犬(怒)
普段は水飲みボウルを撤去することにしました手(パー)

そのままだと、ポコやツキスミが飲めないのであせあせ(飛び散る汗)
二匹が水飲み場に来た時だけボウルを下ろして飲ませてます喫茶店

飼い主、水飲み場の番人と化してますいい気分(温泉)



何度も水飲み場に行っては、ボウルを探すこーちゃんダッシュ(走り出すさま)

4598.jpg

ごめんよ・・・もうやだ〜(悲しい顔)



今週は気温が急に高くなったり晴れ、低気圧が来たり雨
体の弱い子にとっては体調を崩しやすい気候です失恋


老犬や病気の子の飼い主さん、お互いにがんばりましょうね手(グー)




ニックネーム 雨 at 11:00| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

酸素を枕に・・・

心臓病が進行してきているこーちゃん爆弾

なるべく心臓の負担を減らす為には
濃縮酸素を吸っていてもらう方が良いのですが四葉

酸素室に閉じ込めたら出たがって暴れて逆に具合悪くなりそうバッド(下向き矢印)

なので、皆と一緒に普通に部屋で過ごしています家

で、寝ている時だけでも酸素を吸ってもらおうと
鼻先に酸素チューブに吸入口を付けたものを置いておくのですが・・・



気がついたらこんな事に顔(なに〜)

4528.jpg

酸素チューブを枕にしちゃってますけど〜あせあせ(飛び散る汗)顔(汗)


4529.jpg

鼻先にシューシュー風が来るのが嫌なんだよねむかっ(怒り)


4531.jpg


可愛い寝顔黒ハート

チューブを置き直したいけど、せっかく良く寝てるから後にしようかな眠い(睡眠)




ニックネーム 雨 at 12:00| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

こーちゃん@心臓検査

4288.jpg

もしもし、そこの白い後ろ姿の方手(パー)

4287.jpg

「なあに?」


くーーーっexclamation可愛い顔(メロメロ)黒ハート

なんて言ってる場合じゃなくてあせあせ(飛び散る汗)

昨日はこーちゃんの心臓の検査でした病院

血液検査とレントゲンと、心臓エコーも診てもらいます目

4289.jpg

だよね〜顔(汗)

気持ちはわかるけど、こーちゃんの為だからがんばろうね手(グー)


最近また咳が増えて夜中に起きてしまう事が増えたこーちゃん犬(泣)
心臓病の進行度合いを確認した上で咳対策を考える事になりましたひらめき

病院に行くと緊張して興奮状態になってしまうので爆弾
こーちゃんの体調を見ながらの検査になりましたあせあせ(飛び散る汗)

血液検査は、持病の肝臓も落ち着いていて
腎臓も利尿剤の副作用による悪化は今の所無さそうです
ごはんをしっかり食べられているので電解質も問題なし

レントゲンでエコーで心臓を診ていただいたところ
2ヶ月前と比べて大きな変化は無いということで

体重も2.42kgありましたよ手(チョキ)

こーちゃん、なかなか優秀ですぴかぴか(新しい)

検査の結果、利尿剤をもう少し増やして心臓の鬱血を減らして
咳が楽になるかどうか試みていくことになりましたたらーっ(汗)

咳は気管の問題もあるので、状況に合わせて
ネブライザーによる吸入薬や霧
炎症を抑えるステロイドの飲み薬くすり
更に気管の軟骨を補修する注射などを併せて行っていきます注射

高齢で持病を沢山持っている犬の場合爆弾爆弾
治療も探り探りな部分が多いですが犬(足)
日常生活での観察と家病院での検査を組み合わせて病院
QOLが保てる様に気をつけていきたいと思います手(グー)


しばらくトリミングをしていないので、ちょっとモッサーヤギ

犬と言うよりも・・・

4291.jpg

ちょっと妖精っぽくなってきました揺れるハート

4293.jpg

これはこれで可愛いけど、段々前が見えなくなってきたので
検査と一緒に病院で顔回りのカットと爪切りをお願いしましたはさみ

フルコースだったからちょっとお疲れのこーちゃん眠い(睡眠)

すっきりしたイケメンフェイスはまた次回ご覧にいれますね犬(笑)



ニックネーム 雨 at 12:38| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

今年の初診察

土曜日、こーちゃんの診察に行ってきました病院

4149.jpg

寒くなる前はリュックに入れたこーちゃんを背負って自転車で通院していましたがダッシュ(走り出すさま)

こう空気が冷たいと、バッグの中とはいえ外気に当てるのは心配あせあせ(飛び散る汗)

なので、最近は週末に相方に車を出してもらっています車(セダン)

4150.jpg

DOUBLE VANILLAさんの可愛いチェックのコートで来ましたよかわいい


昨年暮れは、肝臓膵臓の状態が悪くなって吐き気が出てしまったこーちゃんバッド(下向き矢印)

しばらく流動食を食べながらケアして来ましたがエサ
年明けから徐々に食欲が戻って来ましたグッド(上向き矢印)

ただ、咳がまた増えてきてしまいましてどんっ(衝撃)
起きている間は呼吸が常にゼーゼーしているし
夜中に何度も咳で起きてしまいます爆弾

心臓病の場合、心臓肥大による気道の圧迫などで咳が出ますが
こーちゃんの様に元々気管虚脱があると余計に気管支炎が起きやすいです犬(泣)

この咳にはなかなか効果的な治療法が無いのですがあせあせ(飛び散る汗)
先生と相談しながら色々とやれる事をやっています手(グー)

今回はまず、炎症の緩和を狙ってステロイドの飲み薬を試しましたくすり
肝臓の悪いこーちゃんにとってステロイドは慎重を要する薬ですが手(パー)
この薬は余り少ないと効果が無いので、ある程度の量を短期間に使います

二日間服用して、若干喉の詰まる様な感じは和らぎましたが
まだ咳が多く、夜も何度も起きてしまいます花火

そこで、次に利尿剤の注射をしてみる事にしました注射
利尿剤も、腎臓に負担のかかる薬なので使用には注意を要しますが目
オシッコを増やして心臓の鬱血を少しでも緩和するのが目的ですたらーっ(汗)

前回は利尿剤で水を抜いて咳が治まったのですが
今回はこれもちょっと期待したほど咳への効果はありませんでした失恋
でも、水が抜けて心臓が少し楽になったのか、食欲は出ましたエサ


以上の様な経過を踏まえて、土曜日は先生に体の状態を診ていただき病院
軟骨の柔軟性を保つ注射をしてもらいました注射
これは、固くなってしまっている気管の軟骨を柔らかくする事を期待するものですー(長音記号1)

加えて、夜間に咳で何度も起きてしまうのを少しでも減らす為に
自宅で行っている吸入と気管支拡張剤の注射のタイミングを考えてやる様にする事にしましたいい気分(温泉)


高齢で病気が進行してきますと、薬などの副作用のリスクも上がってくるので爆弾
担当医の先生と良く話し合いながら治療を進めていく事が大切だと思います手(グー)


4151.jpg


診察と注射をがんばったこーちゃん、偉かったねぴかぴか(新しい)




ニックネーム 雨 at 19:05| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

ただいま往診中!

今週はとっても寒い東京ですふらふら

4044.jpg

そんな中、こーちゃんの体調がすぐれず夜中に何度も吐いてしまいました犬(泣)
冷たい空気の中、病院まで行くのはかえって心臓に悪いかも爆弾

困っていたら、リトルピース先生が往診に来てくれましたよ病院

先日呼吸が切迫して利尿剤を緊急投与したので注射
腎機能の低下や電解質のバランスの崩れが心配でした失恋

検査の結果はどちらも大丈夫だったのでちょっとほっ揺れるハート
でも、どうやら膵炎が再燃してきている様ですバッド(下向き矢印)
吐き気と食欲不振はそれが原因かも犬(怒)

という事で、とりあえず肝臓と膵臓をケアする治療を中心にする事になりましたくすり

胃と十二指腸の動きが悪いらしく、固形物を食べると消化できずに手(パー)
苦しくなったり痛みや吐き気が出てしまうので雷
しばらくは流動食チューブダイエットのヘパケアを食べてもらいましょうたらーっ(汗)

先生が家に着いてまもなく、バラバラと窓を打つ音が耳
見たら、なんと「ひょう」が降ってました顔(なに〜)
しばらくでひょうはやんだけど、その後も冷たい雨が雨
自転車で往診してくれている先生に申し訳ないですもうやだ〜(悲しい顔)


4037heart.jpg

そんな苦労をしながらも笑顔でニュー兄妹を抱っこしてくれた先生かわいい
優しい先生に会えてうれしいね犬(笑)

飼い主の写真も撮ってもらっちゃいましたカメラ

4041.jpg

ムリムリ抱っこしたらツキスミに乗っかられてプチ怒るこーちゃんあせあせ(飛び散る汗)



この3連休も寒いみたいですが、皆さん暖かくお過ごし下さいねムード



ニックネーム 雨 at 11:44| Comment(4) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

A hard day's night

日曜日のバザーの時は、良い子でお留守番してくれたこーちゃんですが家

月曜日から徐々に調子が悪くなってしまいましたバッド(下向き矢印)

4035.jpg

火曜日は午前中に病院に行って病院
軟骨を強化する注射をしてもらったのですが注射

帰宅後から呼吸がどんどん速くなり爆弾
ハアハアゼイゼイと苦しそうで眠れずにうろうろし始めましたダッシュ(走り出すさま)

外は寒いので、また自転車で病院に連れて行くのはリスクが高いと思い爆弾
先生に電話とメールで指示を仰ぎながら自宅で出来る処置をする事にしました手(グー)

まず、聴診器とストップウォッチで呼吸数と心拍数、脈拍を確認揺れるハート
心臓の負担をとる為に利尿剤を注射して注射
気管支拡張剤を注射してからネブライザーで更に拡張剤を吸入いい気分(温泉)
合間にニトロのスプレーをショットします四葉

今回は利尿剤一回だけでは治まらなかったので失恋
深夜に先生に連絡して、もう一回利尿剤を注射する様に指示をもらいました手(チョキ)

困るのが酸素テントにおとなしく入っていてくれないこと犬(怒)
仕方ないのでずっと抱っこして酸素チューブを吸わせてましたあせあせ(飛び散る汗)

ようやく呼吸が少し落ち着いてきたのが朝の6時頃花火

まだ少し動くと呼吸が乱れて油断できない状況なので
良く注意していきたいと思います目




ニックネーム 雨 at 14:18| Comment(0) | 僧帽弁閉鎖不全症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする