2009年12月24日

の◯ぴー女王様

2009122317480000.jpg
遂に飼い主が怪しい薬物に手を出した!?

…ではなくて(^^;

胃の通過障害がひどくなり、口から飲んだ薬がどれだけ吸収出来ているか疑問なライカに、家で吐き止めの注射をする事に。

インシュリン等の注射に使う、ごく細い針の注射器と薬のバイアル、消毒用のアルコール綿を病院からもらって来ました。

これで一日に二回、吐き気を抑えてお腹を動かす薬を注射します。

夕方、外来の終わった病院にお邪魔して
注射の仕方を個人指導して頂きましたよ。

これまで薬を飲ませるのに、針の付いていない注射器は毎日使ってきましたが、針の付いている注射器を扱うのは初めてです。

ちょっとドキドキでしたが、私が緊張したり怯んだりするとライカにそれが伝わってしまうと思うので
なるべく平気な振りで手早くやらないと。

ライカもまさか家で注射されるとは思っていなかったらしく、今日のところは何とか上手くいきました。

でも賢い女王様が相手では、明日からはそうはいかないだろうなあ(^_^;)

飼い主頑張りますp(^-^)q

昨日シオンが短い発作を起こしてしまい、二匹共目が離せない状況です(--;)

一体でもいいから自分のクローンヘルパーが欲しいなあと思う飼い主(´Д`)

ニックネーム 雨 at 01:16| Comment(0) | 幽門閉塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

流動食

2009122309010000.jpg
ライカの胃の通過障害が悪化して
これまでの缶詰め裏漉しフードも通らなくなりました

そこで、病院でもらって来たのがこちらのフード

粉末状になっているのを三倍の温湯で溶いて与えます

裏漉しよりもさらさらしているので、
シリンジは使わず自力で食べないといけません

なめらかプリンを少し混ぜたところ、二日目までは食べましたが

三日目はもう飽きたそうです(--;)

これと高カロリーのチューブ食だけで
一日に必要な栄養を摂取するのはかなり困難ですが

それだけでも胃で詰まって
お腹がパンパンに張ってしまうんですよね(ToT)

そろそろ次の段階を考えないといけないのかもしれません…

サンタさん、もう一生私のクリスマスプレゼントはいらないから

ライカが穏やかに幸せな時間を過ごせる様にして下さい☆
ニックネーム 雨 at 11:15| Comment(2) | 幽門閉塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

吐き気の原因?

先週からずっと吐き気が続いているライカ犬(泣)

2009121322080000.jpg
夕べまた毛玉を吐いてしまいましたどんっ(衝撃)

先週一度毛玉を吐いているので、今回のはかなり小さめです目

ライカは胃の出口部分に腫瘤が出来ているため、
固形物が胃を通過することができません犬(怒)
特に大量の毛を飲み込む様なことをしている訳ではないのですが、
通常の生活で吸い込んでしまった毛がたまって小さな塊になっても
細くなった胃の出口を塞いでしまって食べ物や胃液が詰まってしまい手(パー)
吐き気につながってしまう様ですあせあせ(飛び散る汗)

ブラッシングで抜け毛を除去したり、部屋の掃除をマメにする様にしたりと
なるべく毛玉を作らない様にしてはいるのですが、100%無くすのは無理なので
しばらく経つとまた胃の中で毛玉が出来てしまうみたいですふらふら

腫瘤自体も良性のものか悪性のものかはわからないので、段々大きくなっている可能性はありますね爆弾

吐き気と食欲不振で、また体重が2.0kgまで落ちてしまいましたバッド(下向き矢印)
食べても胃でつっかえてしまって消化されずに逆流してしまうので、栄養を取るのがとても難しいです
ライカもずーっと気持ち悪い状態が続くのは可哀想ですよねもうやだ〜(悲しい顔)

今回の吐き気の原因がこの毛玉だけで、吐き出した事で食欲が戻るといいなあと思いますぴかぴか(新しい)
ニックネーム 雨 at 20:58| Comment(0) | 幽門閉塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

お口を開けて、女王様

ライカの強制給餌の様子ですエサ



見てると「虐待?」と言われてしまいそうな情景ですがあせあせ(飛び散る汗)
幽門閉塞で固形物が食べられず、しかも自分からは絶対流動食を食べないライカの場合犬(怒)
こうして飼い主が注射器に入れて口に無理やり流し込むしかありませんふらふら

早く食べさせようとして一度にたくさん口に入れると横からあふれるし失恋
ぐずぐずしているとライカが嫌がって舌で押し返して出してしまうので顔(汗)
少しずつテンポ良く食べさせる必要があります注射

口に入れるのは1mgずつ、一回の食事で35g食べさせるので
映像の様な事を35回繰り返さなければなりません
それを一日に3回ですから、確かに虐待と言えるかも犬(泣)
生きる為に必要とは言え、私も毎回胸が痛みます

介護というのは、する側の葛藤も深いものなんですねもうやだ〜(悲しい顔)






ニックネーム 雨 at 15:22| Comment(4) | 幽門閉塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

どうもイマイチ…

image/4mal-nikki-2009-08-15T13:31:53-1.jpg

ここ数日、余り調子の良くない女王様(-_-;)

完全流動食に変えて一ヶ月近く吐かない記録を更新してきたのですが、この所また嘔吐が出て来ました。

昨日の朝毛玉を吐いたのに続けて今朝も私がコンビニ行ってるちょっとの間に吐いたみたい(T_T)
みたい…と言うのは、帰宅時にはすでに痕跡は無くて、でもシオンの口の回りが「もんじゃ祭り」σ(^_^;)?

多分吐いた量も少なかったのだと思いますが、ライカに朝飲ませた薬の興奮作用なのか、シオンがしばらく騒いでるし〜脳の病気が有るんだからダメでしょ(;´д`)

イーストウッド先生の病院はお盆休みでも先生方が交代で出ていて、予約の患者を診てもらえます。
それ以外の患者さんも、急患の場合は受付けてくれてるみたいですよ。

ライカの様に高齢で慢性の持病を抱えている子は、いつ何が起きるかわからないので、病院が完全にお休みにならないのは本当に助かりますね。

ライちゃん、明日は予約の日だから頑張ろうねp(^-^)q
ニックネーム 雨 at 13:31| Comment(2) | 幽門閉塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

毛玉を吐く犬

飼い主の手の上に乗っているのは何だと思いますか?目

image/4mal-nikki-2009-08-07T15:06:24-1.jpg
毛玉なんです〜あせあせ(飛び散る汗)

完全流動食の強制給餌にしてから2週間、何とか吐かずに過ごしてきたライカですがエサ、水曜日の夕方に急に吐いてしまいました犬(泣)

吐いたものを見ると、何か固まりがある爆弾
固形物は食べていない筈なのに、落ちてたドライフードでも食べたのかしら・・・と拾って良く見ると、どうやらフードではありません犬(怒)

洗ってみたら、こんな毛の固まりがく〜(落胆した顔)

猫が毛玉を吐くというのは聞いた事がありますが、犬が吐くとはあせあせ(飛び散る汗)

たぶん本来なら胃酸で溶けて消化されてしまうのだと思いますがいい気分(温泉)、ライカの場合は幽門閉塞で胃の機能が落ちている為にバッド(下向き矢印)、胃の中に停滞する内にこんな毛玉を形成してしまったのでは顔(汗)

病院で聞いたら、犬でも毛玉を吐く事はあるそうです犬
中には、飼い主の髪の毛をかじる癖のある子が髪の毛の毛玉が出来てしまって、お腹を切って出したケースもあるとか顔(なに〜)
思いがけないトラブルってあるんですねあせあせ(飛び散る汗)

ライカは、寝る前にちょっとなめる位でそんなにやたらに手とかなめたりする方ではないし、床をなめる癖もないので、今回の毛玉も恐らく結構時間をかけて作ったものではないかと思いますホネ

猫草食べさせて吐かせる訳にもいかないので、とにかく床などの掃除をマメにする事と、寝る前にライカの手足をブラッシングして抜け毛を取り除く事で予防に努めたいと思います手(グー)

ニックネーム 雨 at 15:06| Comment(4) | 幽門閉塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

介護の味方

s-090727 001.jpg
エリカさんから、とっても助かるものを頂きましたよプレゼント

右はジェントルフィーダーつまり「餌やり器」ですエサ

毎食強制給餌しているライカは、病院で借りたシリンジにペースト状のフードを入れて口の中に注入しています注射
経験された方はご存じだと思いますが、これが最初は結構難しいんですあせあせ(飛び散る汗)口の手前に入れ過ぎると舌で押し戻してくるし犬(怒)、口の横から入れても端っこ過ぎるとハミだして口の横の毛がベタベタになるし犬(泣)、かと言ってのどの奥にいきなり入れるとむせてしまうし爆弾
ちょうど良い位置にちょうど良い分量で入れていかないといけないんですよね顔(汗)

s-090727 002.jpg
これまでは写真の右側に写っている病院でお借りしたシリンジを使っていました注射
右から2番目の細いのは投薬用です
左側のとの一番の違いは先の部分の長さですね目
先の細くなっている部分が長いので、犬が大きく口を開かなくても狙った場所にフードを置くことができます手(チョキ)これはやりやすそう犬(笑)

他にも、野菜を粉状にしたふりかけもいただきました四葉
固形物を食べられないライカには、水で溶いてペーストにして食べさせることができますかわいい

そして他の3匹には楽しいおもちゃるんるん




例によって親子の争奪戦ですが〜あせあせ(飛び散る汗)

ニュー親子の隙をついてゲットして手(グー)クールに「男の独りかじり」をするこーちゃん顔(イヒヒ)




エリカさんありがとうございました揺れるハート


そして、いつも4マルと飼い主に温かいエールを贈って下さる皆さん、本当にありがとうございますムード
昨日も飼い主の気持ちを受け止めて下さって感謝しています四葉
皆さんの励ましの言葉と4マルの笑顔を支えに頑張っていきます手(チョキ)
ニックネーム 雨 at 15:41| Comment(3) | 幽門閉塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

バリウムその後

image/4mal-nikki-2009-07-20T12:37:05-1.jpg

ライカの体調をご心配下さった皆さん、どうもありがとうございましたm(__)m

夕べ10時過ぎに病院から連絡をもらって、再度レントゲンを撮りに行きました。

バリウム飲んでから8時間程が経っていましたが、まだバリウムは殆どが胃の中に滞留していました。

ただ、時間はかかってもバリウムはいずれ流れていくそうで、胃酸で薄められもするので、胃の中でコンクリートみたいに固まる事は無いそうです。

一夜開けてさっき診察してもらった所では、まだ胃にバリウムが残ってはいるものの、結腸の方まで流れている形跡があり、腸には特に問題は無さそうです。

いずれにしても、ライカは胃の出口の幽門付近に狭窄があり、かなりひどい通過障害の状態である事が確認出来ました。

さて、どうするかですが…

内科的に投薬等で狭窄を無くする事は不可能なので、通過障害を解消する為には外科的に胃を切ってバイパス手術をするしかないという事になります。

ただ、13歳で心臓と腎臓にも問題があるライカの手術はリスクも高いので、必ずしも完治や延命に繋がるとは限りません。
手術後果たして体力が回復するか、感染症に対する抵抗力があるか等、やってみなければわからない要素も多々あります。

一方、現在の状態で毎日の様に嘔吐を繰り返せばいずれ衰弱していくか、狭窄部分がより狭まって全く食べ物が通らなくなってしまう可能性も否定出来ません。

どれが正解と簡単には決められない難しい選択ですね。
飼い主として、良く考えていかなければいけないと思っています。


ライカの再診の前に手術の終わったわんちゃんも、若いけどなかなか大変な手術だったみたいです。

昼に病院に行った時には、輸血をボランティアで提供してくれるワンコが飼い主さんに連れられて来ていました。

大学病院の様な大きな施設では、供血をしてくれる大型犬を複数飼育している所もありますが、通常小さな病院ではそれは出来ませんから、時々ボランティアで輸血してくれるワンコを募る事がありますね。

大型で若くて元気な子に限ると思いますが、でも自分の愛犬の血を他の子の為に提供してあげるというのはとても尊い事だな、飼い主さん偉いなあ、といつも思います。

ボランティアさんの優しい気持ちが力になって、手術したワンコが元気になってくれる事を私もお祈りしています☆


それにしても、休日の昨日、病院の外来診療は本来午前中だけなのに、ライカの検査やもう一匹の手術で先生方は夜中11時過ぎまでお仕事されていました。そして今日も午前中は診察です。

先生方の献身的な努力にも本当に頭が下がりますm(__)m
ニックネーム 雨 at 12:37| Comment(2) | 幽門閉塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

初めてのバリウム

image/4mal-nikki-2009-07-19T20:34:19-1.jpg

長引く食欲不振と吐き気のため、腹部エコー検査を受けたライカです。

胃はどうにか動いている様ですが、胃から十二指腸への出口の幽門部付近に、何か塊の様なものが映っています。

どうやらそれが出口を塞いで食べた物が腸に流れていくのを阻害している様子
胃は一生懸命に食べ物を送り出そうと頑張っているんですが、出口が狭くて出ていかないみたいです。

洗剤などの詰め替え袋の口を開ける時に失敗して小さな口しか開けられないと、いくら袋を強く押しても洗剤がなかなか出て行かないですよね。
あんな感じなんだと思います。

胃の内膜が肥厚したりポリープが出来ているのか、腫瘍の様な異常な細胞が増殖しているのか、塊が何なのかは開腹して組織を調べてみないとわかりません。

でも、高齢で心臓と腎臓に問題のあるライカが開腹して検査をする事はリスクが大きいですし、原因が特定出来たとしてもそれが完治には結び付かない可能性もありますね。

十二指腸の動きも見たいという事でバリウムを飲みました。
通常15分程で胃から十二指腸にバリウムが流れるという事だったのですが…

30分経っても1時間経ってもバリウムは胃に留まったままで、全然流れて行きません。

仕方ないので一旦帰宅して数時間後にまたレントゲンを撮って調べる事になりました。
今日は病院で手術があるので、まだ病院からの呼び出しは来ていません。また「天地人」が始まってるし(^_^;)

可哀想なのはライカで、検査の為に朝から絶食(ToT)バリウムしかお腹に入れてもらえずひたすら待ってます。

吐き気など辛い状態を解消してやりたいのはヤマヤマですが、今後はライカの負担になる検査や治療をするべきかどうかも考えていかないといけないし、難しい選択が増えるかもしれませんね。

飼い主は、何があっても4マルを守りますよ☆
ニックネーム 雨 at 20:34| Comment(2) | 幽門閉塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする